2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

仮面ライダートラスト

かめんらいだーとらすと

特撮テレビドラマ『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT』に登場する仮面ライダー。原作における仮面ライダーガイに相当する。

「悪いがヒラメくんファイナルベントは使わせない!」

日本語版CV:山本匠馬

概要

ブラッド・バレットは試練に勝つ!」が口癖の猪突猛進な性格。
小悪党だった原作ガイとは逆に正々堂々とした勝負を好む。

友人のバイクに細工をした疑いをかけられて所属チームをクビにされた直後に出会ったゼイビアックス将軍から、無実の証拠となるビデオ映像と引き換えにライダーバトルに参加する条件を引き受けてライダーとなる。
ゼイビアックスからは、ライダーの戦いを「バトルクラブ選手権」と吹きこまれ、ウイングナイトに何度も一騎打ちを仕掛けていた。ライダーバトルをスポーツと思い込んでいた為、敗北したライダーが消滅するなど夢にも思っていなかった。

その後自分が騙されていた事に気付くも最早後戻りの出来ない状態になっており、ウイングナイトに最後の決闘を挑んだ。ゼイビアックスからは落伍者の烙印を押されてストライクに処刑されることになり、乱戦の最中にストライクの盾にされ、さらにストライクのファイナルベントを続けざまに食らい、自身の敗北を認めないままベントされた。

最終決戦後は記憶を消されて地球に返された。

続編の『2WORLD 1HEARTS』ではどうやら疑いが晴れ、モトクロスレーサーとして復帰している。しかしベントされていたブランクによって本人曰く「三流レーサーと同列」という屈辱の中で生活しており、キャリアを取り戻すことを優先するためライダーに戻ることを拒絶したが、頭の中に鳴り響くモンスターの警告音によってレースに集中できる状態ではなくなり、嫌々モンスター掃討に参加することになる。

原点となる『龍騎』と比較してキャラクターが異なっている事が多い『DRAGON KNIGHT』であるが、その中で特に顕著な例であり、印象に残りやすい。

尚、本来の変身者でパラレルワールドのブラッド・バレットである人物も似たようなポリシーと性格の持ち主であるが、「俺達は試練に勝つ」と若干、チームワーク重視傾向だった。

関連タグ

KAMEN_RIDER_DRAGON_KNIGHT ブラッド・バレット
仮面ライダーガイ

関連記事

親記事

KAMEN_RIDER_DRAGON_KNIGHT かめんらいだーどらごんないと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「仮面ライダートラスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12641

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました