ピクシブ百科事典

ブラッド・バレット

ぶらっどばれっと

仮面ライダートラストに変身する仮面ライダードラゴンナイトの登場人物の1人。原作の龍騎士では芝浦淳に当たる人物だが、こちらでは基本的にやや脳筋よりのいい人となっている。

「ブラッド・バレットは試練に勝つ…!」
演:キース・ストーン/吹替:山本匠馬

概要

仮面ライダートラストに変身する21歳の青年。自身が苦境に立たされると、その現状を試練と捉え、それに打ち勝つために自身を奮い立たせる為に上記にあるセリフ「ブラッド・バレットは試練に勝つ…!」と口に出すという癖を持つ。

元々は凄腕のモトクロスレーサーの選手だったが、何者かに“友人のバイクに細工をしたという濡れ衣>冤罪]]”を着せられ所属チームを解雇されてしまった直後に接触して来たゼイビアックが持っている“自身が無実という証拠のビデオ映像”と引き換えにライダーバトルに参加する条件を渋々了承。仮面ライダーとして戦いにその身を投じる事となる。

原作とは違って卑怯な戦法を良しとせず正々堂々と戦うことを信条とする根っからの戦士気質な人物だが、その反面、勝利する事に強い拘りを持つ猪突猛進な性格の持ち主であり、ゼイビアックスから吹き込まれていたライダーバトルを“バトルクラブ選手権”という裏格闘選手権という嘘を頭から信じ切っていた為、スポーツ感覚で行っていた事や自身の冤罪を証明する為の手段が掛かっていた事も手伝ってキット達の説得に最後まで耳を貸す事もなく(特に当初はゼイビアックから優勝候補と吹き込まれていたレンを執拗に狙っていた)、自身が騙されていた事に気付いた後も既に後戻りできない状況にまで事態は悪化していた。

最終的にはキット達の言い分が正しかったことを認めつつも、あくまでも自身の冤罪を晴らすための試練に打ち勝つ事に拘り過ぎてゼイビアックの指令を度々無視するようになった事が仇となり落伍者の烙印を押され、ストライクによる処刑の対象者となってしまう。

最後は原作同様、乱戦の最中にストライクにトルクファイナルベントガードベントに利用され満身創痍の所に立て続けにストライクのファイナルベントを受けると自身の敗北を認めないままベントされてしまった。

その後の顛末は不明だったが、後日談を描いた小説『2WORLD 1HEARTS』でその後の顛末が明かされており、ゼイビアックスが敗れ去った後、アドベントマスターユープロンによってアドベント空間から救出されライダーとしての記憶を消されて地球へと帰還。

詳細は不明だが如何やら不正疑惑は晴れたものの、ベントされ行方不明になっていた間のブランクのせいで“三流レーサーと同列”(本人談)という屈辱的な立場に立たされていた。

その為、早くキャリアを取り戻すためにレースを優先していた為、デッキの力で記憶を取り戻した後もゼイビアックス亡きあとも増加傾向にあるモンスターの掃討に参加する事を拒んでいたが、頭の中に鳴り響くモンスター出現の警告音の為にレースに集中できる状況ではなくなってしまい、不本意ながら再びデッキを取るとモンスター掃討に協力する事になる。

その後、事件の黒幕であるスチュアート大佐一味の襲撃に遭い再びベントされてしまうが、最終決戦時に駆けつけたユープロンによって救出され、事件解決後は再びライダーとしての記憶を消されるが、前回の反省を踏まえて今回は秘密機関“ノーマン”がアフターケアーを行った為、以前のように大きな混乱も起きなかった。

関連項目

仮面ライダートラスト 芝浦淳 仮面ライダードラゴンナイト

コメント