ピクシブ百科事典

ゼイビアックス将軍

ぜいびあっくすしょうぐん

ゼイビアックス将軍とは仮面ライダー龍騎の海外リメイク作品「KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT」の悪の首領の名称である。

演:ウィリアム・オリアリー
吹き替え:大塚芳忠

概要

「カーシュは優れた惑星だ。優れた民族だ。そんな種族が滅びる事など許されない。」

KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT」の唯一(?)のオリジナルの敵キャラにして、並行世界ベンタラを支配する悪のカリスマ

人身把握術や弁術に長けており、罠に嵌めたり、相手の心の弱さに付け込むなどして、手玉に取り自分の思惑通りに事を進めることを得意し、先代ドラゴンナイトであったベンタラの戦士アダムの心の隙間に付け込んでベンタラを滅ぼした張本人でもある(この出来事はアダムの心に大きな傷を残すことになる)。

地球上で活動する際は一定の男性の姿に擬態し、様々な偽名と偽の肩書で地球のライダー候補者に接触、指示を出していた。また、地球のライダー候補者のリクルートに勤しむ(大変アメリカの悪役らしい)行動派の悪の首領キャラでもある。

地球人は仲間ではなく部下と認識しているため、命令違反を犯した者は例え味方であっても容赦なく切り捨てる冷酷な性格で、自身たちが宇宙で一番すぐれた種族という選民思想の持ち主。
その一方、新たなドラゴンナイトの資格者であるキット・テイラーを仲間に引き込むことに固着するあまり反抗勢力に出し抜かれ、腹心の部下であるJTCに自分の考えの甘さを指摘された時に、「君の意見はもっともだ」と素直に認める一面も持ち合わせている。

かつてアドベントマスターことマスター・ユーブロンに敗北した苦い経験から、彼のことを少なからず警戒しているようで、ユーブロンが復活したことを知った際、少し焦っていた。

自身が前線に赴くことは殆ど無いが、赴く際は万が一の為に敢えてベント(異空間へ追放する行為)せず保存しておいたベンタラ最強の戦士であるラスの体に憑依し、その圧倒的な力で相手をねじ伏せる。
また、自身の戦闘力も相当な物であり、最終決戦では一度に4人ものライダー達を相手に格闘を演じ、軽くあしらうという離れ業をやってのけている。

さらにアドベントマスターのデッキのコピーを所持しており、キットとの交流で改心しかけたアダムを騙す際に使用している。ただし、あくまでもコピーデッキのため、本物と違いアドベント空間への移動はできない他、映像では偽物を強調するためか、本物はオルタナティブ・ゼロに対して偽物はオルタナティブの映像が流用されている。

その正体は惑星カーシュからやって来たグレイ型の異星人で、カブトガニのような甲冑の外観は変身したもう一つの姿である。元々ベンタラの住人ではなく自身が引き起こした戦争の為に荒廃した母星の再建のため、全人類を拉致し、奴隷とするためにやって来た侵略者であった。
一度は先発隊として派遣したユーブロン(後のアドベントマスター)の裏切りにより相打ちという形でアドベント空間に追放されたが、(どのような経緯があったかは不明だが)後に復活。アダムを利用しライダー達を全滅させ、ベンタラを滅ぼし支配した。そして並行世界の存在を知った彼はそこの住人たちをも拉致しようとベンタラを滅ぼした同じ方法である母星への転送装置を動かすのに必要不可欠な人類のDNAサンプルの採取とベンタラの戦士唯一(と当初は思われていた)であるレンの抹殺のため様々な策を張り巡らし暗躍する。

最終決戦で、本拠地に乗り込んできたユーブロン、ドラゴンナイト、ウィングナイトセイレーンオニキスらと戦い、軽くあしらい余裕綽々の態度であったが、その戦いがユーブロンが救い出した残り9人のライダーを指令室に招き入れる時間稼ぎとなり、形勢が逆転、なおも彼らに「自分には勝つことはできない」と精神的揺さぶりを掛けるが、最後はユーブロンが新たに開発した新技「リンクベント」を発動され、バリヤーを張って必死の抵抗をするものの、その強大なパワーに耐えきることはできずエネルギーがゼイビアックスに直撃、大爆発、絶命した。

海外で発売されたゲーム版では周囲の空間を宇宙に変え、相手に無数の赤い光線を打ち込んだ後に槍状にした光線で貫き太陽に放り込むという必殺技を持っている。

関連タグ

アマダム(ウィザードの実質的な最後の敵であり、様々なコスプレ(?)をしているところなどが似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼイビアックス将軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 257

コメント