ピクシブ百科事典

ジェームズ・トレードモア

じぇーむずとれーどもあ

仮面ライダードラゴンナイトの登場人物の1人。原作では浅倉威に当たる人物。

「お前の悲鳴を聞いてみたい…!!」
演:スコット・ベイリー/吹替:杉田智和

概要

その世界では伝説の天才ハッカー兼ブローカーJTCハンドルネームでその名を轟かす青年。年齢は23歳。

ハッカー兼ブローカーとしての腕前は群を抜いているらしく、一時は政府の秘密機関“ノーマン”のエージェントにスカウトされかけた事もあるらしい。

その為、マヤ・ヤングの友人でグレース堂書店の店員であり、ハッカーとしての顔も持つトレント・モーズリーからは憧れの存在となっている。

都市伝説と化しているライダーモンスター達の事件を調べ真相を追いかけているマヤに接触しライダーやモンスターに難する情報を提供するなど、彼女に協力的な態度で接触する好青年で、自分の各記事を信じてもらえず、常に周囲から白い目で見られているマヤは次第に彼に対して好意を抱くようになるが………。






















「ざぁ~んねんだよ、ブラッド選手……やっぱりお前は選手失格だってさ‼」

実はその温厚そうな好青年の顔はあくまでも“JTC”としての表向きの顔であり、その実体はゼイビアックス将軍に絶対的な忠誠を誓う忠実なる腹心である仮面ライダーストライクその人。

劇中では詳細は語られなかったが、FBIに捕まり投獄されていた時にゼイビアックスによって助け出された際、後述するとある理由で強大な力を欲していたかれは、いつの日かゼイビアックスが世界の覇者になると考え、ゼイビアックの正体が異世界からやって来た侵略者と知りながらも彼の側に付く事を選んだ。
なお、後に発売された後日談小説『2WORLD 1HEARTS』によればドリュー・ランシングと並んで、TV本編が始まる前からゼイビアックの正体を知っていた数少ない地球人であるらしい。

普段は冷静沈着な行動を取っているが、ゼイビアックの命でトラストをベントする為に戦場へと赴く際に「狩りの時間だ……!」というセリフと共に出陣するシーンやからも分かる通り、その本性は残忍かつ好戦的でな戦闘狂であり、特にファイナルベントを繰り出す時の「さあ、祭の時間だ‼」とハイテンションになったり、トラストをベントした後に「フハハハハハッ‼ブラッド・バレットの華麗なフィニッシュでぇーす‼」と高らかに笑う姿は、普段の彼からは想像もつかない狂気じみたものとなっている。

その残忍性は作品の原典に登場する浅倉と同じものであるが相違点もあり、浅倉がその本質を隠さずに前面に押し出しているのに対してこちらは普段は隠しおり、劇中では自身がもっている二面性を度々利用して立ち回る事で、キットたちを翻弄していた。その為、後にその本性を知ったキットからは危険人物として警戒されている。

なお、本性を現す時は彼のモデルとなっている原典の浅倉と同じく首を回す癖を持っており、彼が変身するライダーの元である王蛇がベントインの際にしか使わなかったベノバイザーを武器として使用する等、彼が持つ本質通りその荒々しい戦闘スタイルを好んでいるようだ。

無実の罪で服役中のビリーというがおり、小説に明かされた設定によればその事が要因で弟を捕らえた理不尽な権力を越える力を求めて力に固着する様になり、自分に接触して来たゼイビアックに協力していたのではないかと推測されていた。なお、原典の浅倉にも弟がおり、ビリーと違って平穏に暮らしていたものの、最終的に実の兄の手で命を奪われてしまった。

以上の事から原典の浅倉とは違って根っからの悪人という訳ではなく、前述した弟の件があるために後にゼイビアックに引き抜かれたチョウ兄弟事をとても気に掛けており、劇中ではスティングことクリス・ラミレスを失って以下に囚われたキットにを倒され復讐に燃えるチョウ兄弟の兄・ダニーがゼイビアックスに逆らった際は「弱者は強者に従うものだ! ゼイビアックスに従え‼」と力づくで諌めようと彼なりに気遣いつつ、結局はベントせずに1度は見逃したり、結局暴走するダニーを止める為に不本意ながらもベントした際はゼイビアックスに「……責任は取ります」と言いつつ本意ではなさそうな表情をする。ダニーをベントした後に彼の気持ちを代弁したかのような皮肉をキットに投げかける等の行為を見せていた。
また、度を越したゼイビアックスに意見する事もあり、ゼイビアックスも彼の指摘を素直に認めていた事から、彼からの信用も厚いと思われる。

最後の決戦ではゼイビアックスの技術により、自身も持つデッキにスピア、トラストのデッキの力を融合させて得た力でレン恋人であるケイスの変身する仮面ライダーセイレーンをベントすることに成功するもののその行為が仇となり、恋人をベントされ怒りに燃えたレンの猛攻の前に成す術も無く敗れ去り、「もっと遊んでくれよぉぉぉ!!!」と狂気に満ちた言葉と共に消滅していった…。

その後に顛末はTV本編では語られなかったが、後日談小説『2WORLD 1HEARTS』で明かされており、それによればゼイビアックスが敗れ去り、事件が解決した後にユープロンによってアドベント空間から救出され、ライダーに関する記憶を消された上で無事に地球へと帰還したらしいが、先の戦いでの敗北が原因で精神崩壊を起こして幼児退行を起こし、治療の為に入院生活を送っていた。

しかしゼイビアックスの事件解決後も一向に減らないかつて彼が使役していたモンスター達による被害が多発していた事。ベンタラと地球のゲートが何者かによってジャミングされ、レン(の偽物)を除いてベンタラの戦士が地球へと来れなくなるという緊急事態が発生した為、やむを得ず彼の記憶を復活させる事となった。

当初、キットは危険人物である彼の記憶を戻す事にはあまり乗り気ではなかったが、病院を訪れた際に彼が持って来ていたデッキに偶然触れたのか、その力によって回復。ゼイビアックス亡き今、心境の変化でもあったのか、それとも何か思う事でもあったのか、今度は「世界を変えるための力が欲しい」という理由からキットたちの味方として帰還する。

前述の理由から地球のライダーたちの中では最も危険視された事や、ベンタラのジェームスに当たり、恋人でもあるプライムに会えない事で心身ともに傷ついていたマヤを気遣っていた キットに彼女に顔を合わせるなと釘を刺されていたが、自身に憧れていたトレントに対しては「ジェームズ・トレードモアではなくJTCを信じてくれ」と語り、密かに独自のルートを使って調べていた事件の裏で暗躍する黒幕・スチュアート大佐の正体を暴く証拠を託す。その直後、事件のもう一人の黒幕である偽物のレン=ブライアン・マースにベントされてしまう。

その後、スチュアート大佐が仕掛けたジャミングを解除し地球へと急変に駆けつけたユープロンに救出さて、最終決戦に参加。その際に力に溺れ自沈が得た力に陶酔する彼に向って原作において北岡が堕落して行く東條に投げかけた「英雄というのは、英雄になろうとした時点で失格」というセリフを皮肉交じりに投げかけていた。

ちなみに自分をベントしたブライアンに対して(かつて自分を破ったレンと瓜二つの姿という事もあってか)相当根に持っていたらしく、事件終結、思いっきり足を踏んづけて仕返しをしており、その姿を見たキットに半ば飽きられていた。

全てが終わった後、再びライダーとしての記憶を消された様だが、今回は依然と違って“ノーマン”がちゃんとアフターケアーをしたらしいので、無事に社会復帰を果たしたと思われる。

関連項目

仮面ライダーストライク プライム(仮面ライダードラゴンナイト) 浅倉威 仮面ライダードラゴンナイト J.T.C

コメント