ピクシブ百科事典

キマイラオルグ

きまいらおるぐ

キマイラオルグとは、『百獣戦隊ガオレンジャー』に登場するオルグ魔人の1体である。
目次[非表示]

ウラ「宝珠よ。我が作りし泥人形に、邪悪なる力を!」
CV:無し

概要

ウラが狼鬼から奪ったガオエレファントガオジュラフガオベアーガオポーラーの4つのガオの宝珠に秘められたパワーアニマルの力を、自らが作った泥人形に注ぎ込む事によって生み出されたオルグ魔人
外見も当然ながら上記の4体のパワーアニマルを合成した姿を持ち、頭部には4つの赤い目と3本の角があり、その内真ん中の角は麒麟の斑模様になっている。斑模様は角だけに限らず、胴体の左右の側面にもあり、両肩もそれぞれ右が白熊で左がとなっており、顔面から腹部に掛けてはゾウの意匠が見受けられる。

上記の4体のパワーアニマルの力を有している為、非常に高い戦闘力とパワーを発揮する。
4つ目からの光線、右肩にある白熊の口からの冷気、左肩にある熊の口からの超高熱火炎、そしてゾウの鼻を模した触手を武器としている。
この様に強大な力の持ち主である反面、知能は低いらしく、人語を喋らずに唸り声を挙げるのみである。

尚、劇中でウラはガオレンジャーから全ての宝珠を奪い取り、全パワーアニマルの力を宿した究極最強の百獣キマイラオルグの誕生を目論んでいたが、それは裏を返せばキマイラオルグにはガオの宝珠の数だけ更に強くなる特性がある事を指し示している為、そうした意味では無限に進化する伸びしろを秘めた恐るべき存在と言えよう。

活躍

上記の経緯によってキマイラオルグを生み出したウラだが、彼はそれだけに飽き足らず「こやつを使い、もっともっと宝珠を集めるでおじゃる。そして、沢山の宝珠で究極最強の百獣キマイラオルグを完成させてみせるでおじゃる」と、キマイラオルグの更なる進化を画策。

折しも狼鬼として暴走した自責の念で単身ウラからガオの宝珠を奪還しようとする大神月麿を襲っていると、そこへガオレンジャーが駆け付けた為にキマイラオルグが5人と交戦。
破邪百獣剣も弾き返す程の驚異的なパワーを発揮し、ガオレンジャーを敗北寸前に追い込むが、決して諦めずに生身で立ち向かう月麿は正義の力を取り戻し、それにより6人目の戦士・ガオシルバーに覚醒する。ガオシルバーと戦うキマイラオルグだったが、その力に圧倒された末、破邪聖獣球を受け倒された。

直後に放たれたオルグシードによって再生巨大化すると、巨大戦ではガオキングストライカー、そして正義に目覚めてジャスティスへと生まれ変わったガオハンターを相手取り、4体のパワーアニマルの力を集結させたエネルギー弾で応戦するも、ガオキングストライカーとの合体必殺技「獣心一体・アニマルバースト」に怯み、最期は強蹴一閃・ライノシュートと悪鬼突貫・リボルバーファントムの連続攻撃を喰らい爆散した。

敗北後、ウラが持っていたガオの宝珠もシルバーがウラを倒した事で無事取り戻すが、ウラは後に復活する。

余談

モチーフはガオエレファントガオジュラフガオベアーガオポーラー、そしてキマイラ。誕生の経緯から分かる通り、器物モチーフのオルグ魔人の中では珍しい生物モチーフの個体である。

鳴き声は『高速戦隊ターボレンジャー』の巨大暴魔獣の鳴き声の流用。

キマイラオルグの登場したQuest24より、千年の邪気の呪縛より解き放たれた狼鬼は本来の姿である大神月麿に戻り、同時にガオシルバーとして覚醒する。

関連タグ

百獣戦隊ガオレンジャー オルグ(百獣戦隊ガオレンジャー) オルグ キマイラ

ドーラキマイラ:『恐竜戦隊ジュウレンジャー』に登場したキマイラ繋がりの先輩。
合体冥獣人キマイラ幻獣キメラ拳スウグ:後のシリーズに登場するキマイラモチーフの後輩達。

関連記事

親記事

オルグ魔人 おるぐまじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キマイラオルグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 196

コメント