ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「山崎さやかの剣の力は、必ず貰う!」
CV:河合義雄

概要

プリプリカンが作り上げたドーラモンスター
ライオンの上半身にドラゴンの腹部と翼を持ち、尻尾もドラゴン、そして胸部には山羊の顔が付いて下半身も同じ山羊と言う姿をしており、まさしく原典のキマイラ其の物と言って良い外見である。

胸部にある山羊の口からエネルギーの竜巻を発する事で浴びた人間を吸収し、その人間の能力を増幅して自分の物にする能力を持つ。劇中ではそうやって各界の有名なスポーツ選手やアイドル歌手を次々と吸収し、丸太を用いたバッティングや弓矢、アイスホッケーのチャージ技を繰り出して戦った。
更に人間に取り憑く能力も有する他、ヤギの口から強力な冷気で吹雪を巻き起こし、相手を氷漬けにしてしまう。加えて目から光線を発射する事も可能。

上記の能力で子供達の憧れの人間をこの世から消し尽くす事で子供達に生きる希望を失わせ、絶望のどん底に陥れようと目論む。

活躍

自らの能力でトップアイドルの早坂香、プロ野球の若きスラッガーの西沢選手、同じくプロサッカー期待の若き新星である杉本選手と言った有名人を次々と吸収。

次のターゲットとして東松館道場の剣道師範を務める女子高生・山崎さやかの剣術に目を付け、公園を歩く彼女を吸収しようと襲うが、駆け付けたゴウシに阻止された為に戦闘となる。生身で迫るゴウシに対し、ドーラキマイラは公園にあったカラフルなオブジェを蹴り飛ばして反撃。そのフォームは自身の吸収した杉本選手のそれだった。
「ハハハ!俺は吸い取った人間の力を増幅して、備える事ができるのだ!見ろ!」と言って尚も公園にある球体のオブジェを蹴飛ばして攻撃するも、ゴウシはさやかを庇いつつサイドザウラー2に乗せて退却。逃げられはしたがドーラキマイラはさやかの剣腕を諦めてはおらず、上記の台詞と共に吸収への意欲を見せる。

その後、また襲われない様にさやかを守ると言うゴウシに対し、自分の強さに自身の在るさやかは自分と勝負しろと言ってゴウシを翌朝公園へ呼び出す。だが、勝負前夜にドーラキマイラはさやかに憑依し、現れたゴウシに対して殺意全開で襲い掛かる。竹刀でありながらゴウシの服を切り裂く程の切れ味を見せるが、直後に杉本選手のフォームでゴウシの竹刀を蹴って後方宙返りをして見せた為、ドーラキマイラがさやかに憑依した事にゴウシは気付く。
「頼む!目を覚ましてくれ!子供達が待っているんだ!君の大好きな子供達が、今日も待っているんだぞ!!」と言うゴウシの訴え掛けで一瞬意識が戻りそうになるさやかだったが、ドーラキマイラは直ぐに彼女の意識を塗り潰してゴウシから竹刀を弾き飛ばす。

振り下ろされる刀を懸命に白刃取りし、手から血を流しながら訴え掛けるゴウシの声にとうとうさやかは苦しみ出し、ドーラキマイラの憑依が解除される。
その後も戦うゴウシを追い詰めるドーラキマイラだが、其処へゲキ達4人が駆け付けた為にゴーレム兵を嗾けてジュウレンジャーと交戦。
プテラレンジャーの弓に対してアーチェリー金メダリストの矢吹選手、ティラノレンジャー達3人に対しては、球界一のスラッガーである西沢選手に裏打ちされたパワーで丸太を振り回して伝説の武器を弾き飛ばし、4人を海岸へと追い詰める。
目から光線を出し、体の山羊の口から出す竜巻で止めを刺そうとするドーラキマイラだが、マンモスレンジャーがモスキャノンで妨害。
「俺は一撃で貴様を倒す!この(包帯の)白さの、輝きに懸けて!」と言って、先程さやかを安全な場所へ避難した際に彼女に巻かれた包帯を見せてそう叫ぶや、宣言通り崖から飛び降りるマンモスレンジャー渾身のマンモスブレイカーを叩き込まれ、ドーラキマイラは敗北。

直後にバンドーラが投げたドーラセプターの力によって巨大化すると、山羊の口から発する冷気で大獣神を氷漬けにすると、スティックを振り回してアイスホッケー流の猛チャージで止めを刺そうとする。
対してマンモスレンジャーが「負けるか!スピンだ、大獣神!」と言って大獣神を回転させた為、ドーラキマイラは目を回してしまい、氷漬けの状態から戻った大獣神から強力なパンチをお見舞いされた所へ、止めの超伝説雷光斬りを喰らって爆散した。

余談

モチーフはキマイラキメラ)。

実際のスーツで胸部の山羊はデザイン画よりも大きく造形されている。

声を演じた河合氏は2年後の『忍者戦隊カクレンジャー』ではウミボウズの声を担当している。

関連タグ

恐竜戦隊ジュウレンジャー バンドーラ一味 ドーラモンスター
キマイラ キメラ

ヒルリンドウ恐竜スーパー戦隊次回作『爆竜戦隊アバレンジャー』において、同じく自身の強化の為にスポーツ選手の能力を奪う繋がりの戦隊怪人
ツチノコのト稀ヅ:『天装戦隊ゴセイジャー』にて同様の作戦を実行した戦隊怪人。

関連記事

親記事

ドーラモンスター どーらもんすたー

兄弟記事

コメント