ピクシブ百科事典

仮面ライダーライア

かめんらいだーらいあ

特撮「仮面ライダー龍騎」の登場人物。13人の仮面ライダーの1人。
目次[非表示]

「俺はライダーの運命を変えてみせる……!」

概要

手塚海之が変身する仮面ライダー
基本カラーは紅色。
本来は斉藤雄一という人物が変身するはずだったが戦いを拒否し、ミラーモンスターによって殺されたため、戦いを止めるべく手塚が引き継いだ。
劇中では数少ない善のライダーであり、秋山蓮の運命を変えるため彼が戦うのを止めようとしたり、城戸真司とも共闘した。

召喚機はエビルバイザー。
左腕にあるエイを模した盾型の召喚機。この中にアドベントカードを装填することで、そのカードの能力を使える。劇中では使用されなかったが、敵に切りかかる武器としても使用することが可能であり、小説版では「もう一つの武器」と称されている。
一応取り外しは可能らしく、ネット版レッツゴー仮面ライダーのライアメイン回では装着すらしていなかった。

コピーベントのカードにより、一度戦った相手の武器をそのまま使用することが可能。

ファイナルベントの技は、波乗りのようにエビルダイバーの背に乗って敵に体当りする「ハイドベノン」。

所持カード

スイングベントエビルウィップを召喚2000AP
コピーベント相手、仲間の武器をコピーする
アドベントエビルダイバーを召喚4000AP
ファイナルベントハイドベノンを発動5000AP


契約モンスター

契約したモンスターはエビルダイバー
エイ型のミラーモンスター
スイングベントで己の尾部を模したエビルウィップを与える。
ライアを載せての飛行も可能。劇中では使用されなかったが電撃による攻撃も可能らしい。

ライア死亡後は王蛇に契約させられてしまった。獣帝ジェノサイダーでは背中のとなる。

最期

龍騎を王蛇のファイナルベントから庇い、直撃して致命傷を負う。
その直前に龍騎=城戸が死亡すると言う占いをしており、やっと占いが外れたことを喜びながら、城戸達に未来を託して息を引き取った。

「俺の占いが… やっと…… 外れる…!!」

TVSPでは、ベルデのファイナルベントで有無を言わさず殺害されてしまった。

余談

「ライア」とはラテン語で「エイ」を意味する。
「嘘吐き(liar)」を意味しているのでは、とも言われるが公式設定ではない。

ちなみに、企画当初はライアは手塚ではなく芝浦淳が変身するライダーの予定であった。


なお、本作のクリーチャーデザインを担当した篠原保により、「もしもライアが○○をしていたら」というコンセプトのもと、二種類の彼の姿が
雑誌『宇宙船』の1コーナー『妄想戯画』に掲載された。

仮面ライダーライアサバイブ

「ライアがもし『SURVIVE-疾風-』のカードを使用していたら」という設定の下デザインされた。
エビルダイバーもイトマキエイ型のエクソダイバーに進化し(バイクの車輪が確認できる)、エビルバイザーもアーチェリー型のエビルバイザーツバイに進化している。
2008年には「ART WORKS LIMITED」のフィギュアも発売された。
ちなみに玩具に付属しているオリジナルのカード風シールによると
エクソダイバーは6000AP、ファイナルベントは8000AP。

仮面ライダーブレイド

上記のライアサバイブと共に、『宇宙船』104号に掲載された。
「もし斉藤雄一がその場に現れたガルドサンダーと契約していたら」という設定である。
姿は変身忍者嵐と仮面ライダーライアを掛け合わせたような外見となっている。
何処ぞのウェーイ(0w0)の人とは関係ない。
ちなみにイラストに描かれたカードによるとガルドサンダーのAPは4000AP。
なお、仮面ライダーオーディンも変身忍者嵐をモチーフとしている。

DRAGON KNIGHT版

名称は仮面ライダースティング
海兵隊志願の青年クリス・ラミレス(フルネームはクリストファー・ラミレス)が変身。19歳。
吹き替えを演じたのは神谷浩史氏。

合衆国海兵隊に志願し、の期待に応え適正試験を受けるも、直前の健康診断喘息の持病が見つかり兵役に就けなくなる。祖国を守る役に就けず、父親の望みも叶えられなかった自分に落胆していたところを政府機関のエージェントを騙るゼイビアックスと出会い、ミラーモンスターから人々を守るよう唆されスティングとなった。
頑固で融通が利かない性格で、モンスターから人々を守りつつもキットやレンの説得を拒み続けていたが、マヤの仲介で説得に応じ、キットたちの仲間となった。
だが病の影響でライダーに変身してからも喘息に悩まされ、長時間は戦えず、次第に自分がキットたちの足手まといだと考えるようになる。その後病が悪化してドクターストップがかかり、命を守る「海兵隊」としてどう生きるか悩んだ末、最後はウイングナイト(ナイト)をストライク(王蛇)のファイナルベントから庇ってベントされた。しかし消失する中でも誇りを失わず、「Semper Fi(海兵隊のモットー。ラテン語で常に忠実であれという意味)」の言葉と共に、敬礼したままレンとキットに別れを告げた。

最終回にてアドベント空間からの帰還後、ベンタラにて喘息の治療を受けた後に地球へ返された。他の地球のライダーとは違い、記憶は操作されなかった。
ベンタラで治療を受けられた甲斐もあり、海兵隊に入隊できた模様。

『2WORLD 1HEARTS』では海兵隊の新兵(一等兵)となっており、レンから受け取った三本のをお守りとして持ち続けていた。ライダーとしてキットらと共に再び戦うか海兵隊としての使命を全うするか悩んでいたが、憧れの的だったスチュアートに背中を押され、復帰を決意した。ファイナルベントの名称が日本版の「ハイドベノン」から、米国版での名称に即した「ハイドロベノム」になっている。

余談だが、トラスト(ガイ)との戦いでは彼に「ヒラメくん」呼ばわりされていた。

仮面ライダーディケイド

第6話では『龍騎の世界』の仮面ライダー裁判に参加していた。

第24話では梅盛源太ことシンケンゴールドに対抗するべく、仮面ライダーシザースと共に仮面ライダーディエンドに召喚される(寿司職人である源太に合わせ、海産物ライダーをチョイスしたと思われる)。先にシザースが撃破された後もシンケンゴールドと互角の戦いを繰り広げたが、骨のシタリの命令で乱入してきたチノマナコの攻撃に巻き込まれて消滅した。

劇場版「オールライダー対大ショッカー」では共闘を拒否して襲いかかってきた仮面ライダー王蛇仮面ライダーキックホッパーを妨害するため、仮面ライダーガイ仮面ライダーパンチホッパーと共に大樹に召喚され、ガイと共に王蛇と交戦した。
余談だが、龍騎視聴者には「ジェノサイダー誕生しそう」などと言われていた。

関連項目

仮面ライダー龍騎 平成ライダー 仮面ライダー 手塚海之
辮髪 おさげ

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーライア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 298162

コメント