ピクシブ百科事典

ゴルトフェニックス

ごるとふぇにっくす

ゴルトフェニックスとは仮面ライダー龍騎に登場する最強のミラーモンスターである。
目次[非表示]

概要

仮面ライダー龍騎に登場するミラーモンスターの1体にして最強クラスのフェニックス(不死鳥)型モンスター。
龍騎最終回(DRAGON KNIGHTでは第31話「赤龍落つ」)で初めてその神々しい姿を一瞬だけ現した。

神崎士郎と契約しており、彼の代理人としてライダーバトルに参加する仮面ライダーオーディンの変身者に自身の翼の一部を模した二振りの剣「ゴルトセイバー」や尾と背中を模した大盾「ゴルトシールド」などを貸し与えている。
仮面ライダーオーディンがサバイブ-無限-を常時発動しているため、ゴルトフェニックスもサバイブ体とされる。そのため「通常体はガルド系では?」と推測されることもある。

その姿は黄金色の不死鳥フェニックスそのものであり、左右の目の色が烈火を司る赤色と疾風を司る青色となっている。この為、右翼から暴風、左翼からは火炎を発生させる事が出来、瞬間移動能力や鋼鉄すらも切り裂く羽を撃ち出す能力を持つ。つまり、オーディンの瞬間移動能力や爆発する羽の正体はこのモンスターの能力だったわけである。
映像作品においてAPが公式で判明している全ミラーモンスター中最高の8000と、他のモンスター達とは別格の存在である。

また、明言はされてはいないが、彼と契約した者はガルドサンダーなど鳳凰型モンスター3体を従者として使役できる可能性やその立場上、神崎兄妹を護る守護神的存在の可能性が示唆されるが詳細は不明である。

なお、3枚存在する「サバイブ」のカードは、組み合わせるとこのモンスターの絵柄になるようになっている。

TV本編ではエターナルカオス発動時の一瞬しか登場しなかったが、後にジオウの世界観が舞台となるスピンオフ作品『RIDER TIME 龍騎』で再び登場。
こちらでもエターナルカオス発動時に登場しており、ジオウディケイドアーマー龍騎フォームゲイツが繰り出した同時必殺技と正面から激突したが、2人が使用していた龍騎ナイトライドウォッチに反応した烈火と疾風のサバイブカードが消失。それによりパワーが弱まってしまったのか、最後はオーディン諸共打ち破られて消滅した。

余談

彼はなぜ「ゴルド」を名乗るのか


間違いやすいがゴルフェニックスが正しく、ゴルフェニックスは間違いである。
(ドイツ語ではGOLDをゴルトと読む)

関連タグ

仮面ライダー龍騎 ミラーモンスター 仮面ライダーオーディン
神崎士郎 神崎優衣
オッドアイ チート

関連記事

親記事

契約モンスター けいやくもんすたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴルトフェニックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49849

コメント