ピクシブ百科事典

マグナギガ

まぐなぎが

マグナギガとは、仮面ライダー龍騎に登場する怪人・ミラーモンスターの1体である。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーゾルダ契約した、バッファロー型のミラーモンスター。「巨人」の異名を持つ。
そのAPは6000と、オーディンオルタナティブ、サバイブを除いた単体のミラーモンスターとしてはドラグブラッカーと並ぶ最強の攻撃力を誇る。
ゾルダの武器として自らの両腕を模した大砲ギガランチャー」、両足を模した光線砲「ギガキャノン」防御においては胴体を模したギガアーマーを武器として与える。他にも膝を模した肩当「ギガテクター」、頭部を模したゾルダ唯一の接近武器「ギガホーン」を与える事が出来るが、劇中未使用。
ファイナルベントでは、ゾルダがマグナギガの背中にマグナバイザーを装填してトリガーを引くことで、マグナギガが身体の全武装を一斉に展開して砲撃する「エンドオブワールド」を発動。一帯を焦土と化す恐るべき破壊力を見せつけるが、範囲があまりに広すぎる為にライダーやモンスターなどの動く的に対して狙いが雑になりやすく、爆風で吹き飛ばして行動不能にする程度の効果しか上げられないケースもある。
また防御力は非常に高く、龍騎代わりに使ってもびくともしなかった。

TV版の最終回で仮面ライダー王蛇敗北し、ファイナルベント「ドゥームズデイ」を受けて消滅した。

外見

人型をとるミラーモンスターでは1番の巨体を誇る。2本のと巨大な腕を持ち、胴体は牛の頭を模している。緑色のロボットのような風貌で、体内にはあらゆる重火器が内蔵されている。

  • 額の光線砲
  • 右腕の大砲「ギガバレル」
  • 50tの握力を誇る左手「ギガハンド」の中のガトリングガン
  • 向こう脛から展開する光線砲
  • 胸部装甲を展開して放つ大量のミサイル
巨体で重すぎるためか自ら動く事は殆ど無いが、ファイナルベント以外でも腕を振り回して攻撃出来る。

客演

仮面ライダーディケイドにもゾルダと共に登場。第1話では同じ牛モチーフのゼロライナーの上からファイナルベントを披露している。

備考

一部の玩具では身体のパーツを余す事無く武器としてゾルダに装備できる。劇中では未使用だったが、バース・デイのように武器をゾルダにフル装備させる事も不可能ではない。

余談

ほぼ不動ゆえ、如何にして捕食を行うかは最後まで描かれなかったが、ファンからは「モンスター相手の場合、撃ち落として、エネルギー球に変えた後に吸引捕食するのでは?」と推測する者もいる。
移動についても、ゾルダのアドベント召喚に応じて地面からせり上がるようにして出現していたことから、手足を動かす必要はなく、ある種のテレポーテーションを用いて移動していたとも考えられる。そうなると肝心のエサはどう探すのかと言いたいところだが、あからさまにメカっぽい外見なんだから広域レーダーみたいな器官くらい持っててもおかしくはない…と思われる。
これだけ考察を並べ立てても、いつまでたっても公式での明言がないため、結局のところ真相は闇の中である。

関連タグ

仮面ライダー龍騎 ミラーモンスター 仮面ライダーゾルダ 北岡秀一 由良吾郎
歩く火薬庫 ライガーゼロパンツァー ガンダムヘビーアームズ カラミティガンダム ミサイル フルバースト

バッファローのライダー怪人

タイホウバッファロー 死神バッファロー バッファロー怪人
ゴ・バベル・ダ バッファローアンデッド バッファローロード ビーストキマイラ
クラッシングバッファローレイダー

関連記事

親記事

契約モンスター けいやくもんすたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マグナギガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147641

コメント