ピクシブ百科事典

ヘキジャインベス

へきじゃいんべす

ヘキジャインベスとは、「仮面ライダー鎧武」に登場する怪人。
目次[非表示]

データ

身長:241cm
体重:159kg

概要

第13、14話に登場した中華風のインベス。
初瀬亮二ヘルヘイムの森の実を食べた事で変貌し、人間としての自我を失い暴れる。
同じ中華風のビャッコインベス同様、大型化した右腕の鉤爪による攻撃を得意とする。
ユグドラシル・コーポレーションから「カテゴリーH」のコードネームで呼ばれている。
モチーフは中国の想像上の動物「辟邪」。

その時


葛葉紘汰の説得が心に届いたのか一時は右腕を残し初瀬の姿に戻るも、自我は戻っておらず紘汰を攻撃して退け、訪れたドルーパーズでもリンゴをかじり、口に合わなかったのか怒りながら再びヘキジャインベスに変身。ラットに大怪我を負わせ、市民を襲い始める。

紘汰は鎧武に変身し応戦するも、どうしてもとどめを刺せずに苦悩する。
しかし突如現れた仮面ライダーシグルドにより(当然その正体を知りながら)「ただの怪物」として攻撃され、最期はソニックアローの一撃で爆死。その際炎が天に昇るかのように演出されている。
紘汰の心に根強いトラウマを残すこととなった…。

余談

スーツはビャッコインベスの改造。
違いは頭部と肩、背中だけで簡単にビャッコインベスに戻せる仕様になっている。
後に判明したビャッコインベスの正体を考えると、この流用自体が伏線であったと言える。

雑誌「フィギュア王」ではセイリュウインベスの写真をヘキジャインベスと誤って記載されていた。

ちなみに彼を倒したシドは後にロシュオに、ロシュオはレデュエに、レデュエは紘汰に連鎖的に滅ぼされている。

関連記事

仮面ライダー鎧武 インベス 初瀬亮二 初瀬る みんなのトラウマ

アイスエイジ・ドーパントカブトヤミーリンクス・ゾディアーツマンティコア年明けに登場したライダーの初陣となった怪人繋がり。ただ、今までは2号ライダーだったが今回はそれ以外のライダーとなった。さらに新ライダーの初お披露目回の中では屈指のトラウマな回となった。

辟邪(MS):こちらもパイロットのひとりがこの機体に乗り換えた後謀殺されてしまった。アリアンロッド絶対許さねぇ!!

関連記事

親記事

インベス いんべす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘキジャインベス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28136

コメント