ピクシブ百科事典

カメレオンアンデッド

かめれおんあんでっど

カテゴリー10に属するカメレオンの祖たる不死生物の名称。
目次[非表示]

概要

カテゴリー10に属するアンデッドの1体にしてカメレオンの祖たる不死生物。
劇中には直接登場しなかったが、天王路博史の手により生み出された合成アンデッド・ティターンの一部として登場している。

カメレオンアンデッド単体としての能力についての詳細はSICの二次小説『MASKED RIDER BLADE EDITION -DAY AFTER TOMORROW』で詳しく解説されており、自身の皮膚の色を周囲の景色に合わせて変化させて全身を自在に透明化、あるいは読み取ったデータ通りの姿に変化させる能力を持っており、その力はジョーカーに近いものとされている。
なお、この能力はティターン時やハイパーバトルビデオに登場するカメレオンアンデッドの細胞から制作されたと思わしきトライアルも使用可能で、ティターンはこの能力で他人に化けライダー同士を疑心暗鬼に陥られて同士討ちをさせて自滅させようとしたり、トライアルは偽仮面ライダーブレイドに擬態して周囲を混乱させた上にライダーの力を存分に発揮して本物を追い詰めるなどの事態を引き起こして要るため、単体でも十分に厄介な強敵であることが窺い知れる。

ただし、いくら本物そっくりに化けようともアンデッドとしての気配までは誤魔化すことができず、同じアンデッド同士なら注意深くしていられば正体を悟ることが可能な上に流石に機械までは欺くことができない為、機械を通してその姿を視れば本来の姿がばれてしまうという弱点も存在する。

主な活動歴

HERO SAGA』掲載の本編の後日談を描いた二次小説『MASKED RIDER BLADE EDITION -DAY AFTER TOMORROW』においてジョーカー化した剣崎を元に戻すために独自にアンデッドの研究を進めていた橘朔也が誤って封印を解き解放してしまうという形で登場。

トライアルBが残したキングフォームのデータを読み取り、ブレイドキングフォームへと擬態すると喫茶店ハカランダを襲撃。

その凄まじい戦闘能力で、カリスギャレンレンゲルの3ライダーを圧倒するが、駆けつけた剣崎が変身する本物のブレイドキングフォームには流石に歯が立たず再封印された。

余談

仮面ライダー剣のアンデッドのデザインを担当した韮沢靖氏が打ち合わせの時にデザインしたアンデッドの一体で、カメレオンアンデッド本来の姿は(ティターンのカメレオンアンデッドと思われる部分のデザインは多少違うが) 原画集『アンデッドワークス~UNDEAD GREENBLOOD~』に掲載されている。

関連項目

仮面ライダー剣 アンデッド(仮面ライダー剣) カテゴリー10 

カメレオン 

トライアル 偽仮面ライダーブレイド ティターン

関連記事

親記事

カテゴリー10 かてごりーてん

兄弟記事

コメント