ピクシブ百科事典

ギャレンラウザー

ぎゃれんらうざー

『仮面ライダーブレイド』に登場する仮面ライダーギャレンの武器。
目次[非表示]

概要

正式名称は醒銃ギャレンラウザー仮面ライダーギャレンの使用する拳銃である。
ギャレンのシンボルであるダイヤマークをあしらっており、ブレイラウザー同様にラウズカードを12枚まで同時装填可能な形のカードホルダーが付属している。側部のカードリーダーにラウズカードをスキャンすることで特殊効果が発動する。

銃口菱形であり、実弾なのかエネルギー弾なのか、何を射出しているのかは不明(本編では基本的に銃口と放った先から火花が飛ぶが、一部ゲーム作品では視認性からかエネルギー弾になる事も)。
しかし、新型バイクのブラックファングを破壊する時(25話)、針のような玉が発射されるシーンがある。作中では特に弾を込めるシーンなどは無い。
また、撃つ際は火薬が仕込まれるため、稀に菱形の銃口が破損している事がある。特筆すべきは桐生レンゲル戦で、発砲する瞬間をどアップにしてしまったがために銃口が破損する瞬間が映し出されてしまった

ジャックフォーム変身すると、黄金銃剣「ディアマンテエッジ」が付属する。
余談だが、当時のアクション監督は「どうやって使ったらいいんだよ」と悩んだとのこと。最終的に「刺して撃てばいいのか」と思い至り、劇場版で披露されている。

2020年6月に、ギャレンバックル・ラウズアブソーバーとのセットでCSM化が決定。
橘朔也役の天野浩成氏がレビューする動画が、期間限定で公開されたのだが……故意を疑う程にリハーサル不足感の漂うレビュー内容は、上記撮影エピソードを含めてあまりにもめちゃくちゃな内容になっており、色々な意味で話題となった。
(劇中のネタ要素を拾った言い回し・演出も多々盛り込まれているがそれですら霞んでしまうほどに、ギャレンラウザーの紹介の際に自ら「これで橘朔也ごっこします」といったりラウズアブゾーバー紹介の際に「あまり強くならなかったジャックフォーム」といったり撮影当時のアクション監督や美術班の裏話を暴露したりといった天野氏本人のキャラクターが余すところなく発揮された強烈なトークになっている。一方で橘朔也を演じる際は当時の凛々しさを失っていない演技もしている)

COMPLETE_SELECTION_MODIFICATION版

2020年3月CSMGARRENBUCKLE&ROUSEABSORBER&GARRENROUZER(CSMギャレンバックル&ラウズアブゾーバー&ギャレンラウザー)として予約開始。ブレイドと同様にオリハルコン用のプロジェクターが付いている。

関連項目

仮面ライダー剣 橘朔也  バーニングディバイド
この距離ならバリアは張れないな!

関連記事

親記事

仮面ライダーギャレン かめんらいだーぎゃれん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギャレンラウザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13774

コメント