ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ギャレンラウザー

ぎゃれんらうざー

ギャレンラウザーとは、特撮テレビドラマ『仮面ライダー剣』に登場する武器の一つ。
目次 [非表示]

概要

仮面ライダーギャレンが使用する銃型の専用武器「醒銃ギャレンラウザー」とも表記される。

変身と同時に左腰の「ラウザーホルスター」に収納された状態で出現する。武器としてだけでなく、ラウズカードの効果を発動させるアイテムとしての役割も持つ。


BOARD製のライダーシステム第1号がギャレンであることから、このギャレンラウザーも同様に「ラウザーの第1号機」であると見られるが、発射される光弾の威力はラウズなしの状態でも甚大で、至近距離で連射すれば上級アンデッドを撃破することさえ不可能ではない。さらに単発用のシングルモード、速射用のバーストモードへの切り替えも可能であり、体勢を問わず高い命中率を叩き出す。


機能・概観

ベース色は持ち主と同様に赤で、グリップ上部にカードホルダー「オープントレイ」が、バレル天面部にカードリーダーの「スラッシュ・リーダー」がそれぞれ備わっている。

オープントレイの側面には、ギャレンのシンボルであるダイヤマークが大きく描かれており、ブレイラウザーなどと同様に状にトレイを展開することで、最大で12枚までラウズカードを収納できる。またラウズ後には、自動的にトレイも収納されるようになっている。

ラウズ限界値(AP)の残量を表示する、4桁のセグメント式カウンター「フォース・リマインダー・サイト」はバレル右側面に設けられ、AP初期値は5,500(※)に設定されている。その下部に内蔵された「シャッフル・コンバーター」は、ラウズしたカードの能力を変換し、光弾へと付加する役割を担う。


発射される光弾は、グリップ(ホールディング・グリップ)に搭載された「フォース・ターミナル」という機構を通じ、ギャレンから供給されたエネルギーを変換したものであり、これを菱形の銃口「ダイヤモンドマズル」から発射する。

その都合上、ライダー以外には扱うことができないとされているが、例外として超バトルビデオではが変身前の状態で発射したこともある。


(※ この数値はラルクと同じで、ブレイラウザーよりも多い)


強化型

ギャレンがジャックフォーム変身すると同時に変化した状態で、強化に伴いAP初期値は7,500にまで増加されている。

銃口の下部には「ディアマンテ・エッジ」と呼ばれる黄金の刃が形成され、それまでのような銃撃戦のみならず、いわゆる銃剣として近接戦闘にも活用できるようになった。

この刃は、ブレイラウザー強化型のそれと同等の切れ味を発揮し、さらにマズルから発射される光弾を増強する機能も備わっている。


立体物

DX版

「醒銃 DXギャレンラウザー」が2004年3月下旬に一般販売。

対応するカードはダイアスートの16種類で、玩具オリジナルを含めた12枚が付属。


強化型再現に必要な銃剣パーツは、2004年8月上旬発売の「ラウズアブゾーバー」に付属。DXブレイラウザーと共用とされているが、こちらは装着に際して特にパーツの脱着を必要としない。


COMPLETE_SELECTION_MODIFICATION版

2020年3月にギャレンバックルラウズアブゾーバーとのセットになった『CSMギャレンバックル&ラウズアブゾーバー&ギャレンラウザー』と、アブゾーバーを抜いた「CSMギャレンバックル&ギャレンラウザー』の2パターンでCSMが予約開始。


  • 前者は
    • ギャレンラウザー
    • ラウザーホルスター
    • ギャレンバックル
    • プロジェクター(変身エフェクトの再現。CSMブレイバックルにもブレイド用が付属)
    • ラウズアブゾーバー
    • ジャックフォーム用プレート(フォームチェンジ再現。アブゾーバーにセットする)
    • ディアマンテエッジ(フォームチェンジ再現。銃剣パーツ)
    • ラウズカード13枚
  • が同梱。後者でもアブゾーバー以外の7点が同梱する豪勢な内容になっている。

CSMの発表に際しては、橘役の天野浩成出演のレビュー動画も期間限定で公開された・・・のだが、故意を疑う程にリハーサル不足感の漂うレビュー内容は、撮影エピソードを含めてあまりにもめちゃくちゃな内容になっており、色々な意味で話題となった。

  • まずギャレンラウザーという名称が思い出せなかったらしく、開幕から「銃です」という簡素極まりない紹介。
  • ギャレンラウザーの紹介の際に自ら「これで橘朔也ごっこします」、ラウズアブゾーバー紹介の際に「あまり強くならなかったジャックフォーム」と言った発言。撮影当時のアクション監督や美術班の暴露話など、天野本人のキャラクターが余すところなく発揮された強烈なトーク内容で、多々盛り込まれていた作中のネタ要素を拾った言い回し・演出などが霞んでしまうほど。
  • 一方で、動画内にて橘朔也を演じる際は、当時の凛々しさを失っていない演技もキッチリしている。

備考

  • 特撮(というよりフィクション全般)の銃にあれこれ指摘するのは野暮という物だが、ギャレンラウザーは本体の大部分、リボルバーで言えばシリンダーや撃鉄があるべき部分が丸々オープントレイに置き換わっており、実際の銃の構造を知っている向きからすれば「どうやって発射しているんだ?」とツッコミたくなるような構造をしている。
    • 一方で、第25話で新型バイクのブラックファングを破壊する際のように、発射される弾丸が針のような形状として描写される場合もある。演出上の都合、と言ってしまえばそれまでな話ではあるのだが・・・。
    • 撮影に使用されたプロップは、撃つ際に実際に火薬を仕込んでいるため、銃口が破損していることがある。桐生レンゲル戦は特にわかりやすい例であり、ここでは発砲する瞬間をドアップにしてしまったがために銃口が破損する瞬間がハッキリと映し出されてしまった

  • ジャックフォーム時に装着されるディアマンテ・エッジは扱いに困る代物だったそうで、当時のアクション監督曰く「どうやって使ったらいいんだよ」と悩んだとのことである。最終的に「刺して撃てばいいのか」と思い至り、このアクションは劇場版で披露されている。

関連タグ

仮面ライダー剣

橘朔也 仮面ライダーギャレン

バーニングディバイド

この距離ならバリアは張れないな!

ライダーウェポン 



2号ライダー武器

カイザフォン/カイザブレイガン/カイザショットギャレンラウザー音撃管・烈風

関連記事

親記事

仮面ライダーギャレン かめんらいだーぎゃれん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25398

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました