ピクシブ百科事典

センチピードオルフェノク

せんちぴーどおるふぇのく

仮面ライダー555に登場する幹部怪人の一人。

CV:山崎潤 スーツアクター高岩成二(第14-15話)

強力な四人のオルフェノクラッキークローバー」の一人。モチーフはムカデ
高速移動とによる攻撃を得意とする。ムカデらしく、身体の棘には毒があるのだが、劇中で使われた事はない。
人間態はイェイツの詩を愛読するインテリ風の男、琢磨逸郎
愛称はたくまくん

同じラッキークローバーのドラゴンオルフェノク北崎の触れたものを灰化させる能力に極度に怯えており(自身もオルフェノクであるたくまくんには大きな脅威にはならないにも関わらず)、北崎からよくいじられている。

どさくさに紛れて仮面ライダーデルタのギアを自分のものにしようとしたり、
三人のライダーの猛攻を受けてボロボロになった北崎に肩を貸して階段を歩いてあげたと
おもいきや、嬉しそうな顔で「つい手が滑ってしまって」転ばせたり等、
小物感にあふれているがどこか憎めないネタキャラである。

とはいえ序盤は木場さんことホースオルフェノクを圧倒したり、アクセルフォーム時のファイズ(※マッハ50で動ける)のクリムゾンスマッシュ見切って致命傷を避けるなど、実力は決して低くはない。

仮面ライダーディケイド第10話にも登場した。『555』TV本編とは異なりスマートブレイン・ハイスクールの城金(演:永岡卓也)という名前のインテリ風の男子生徒が変化する。上級オルフェノクの生徒4人から成るラッキークローバーの一員だが、仮面ライダーディエンドによって倒され最初の戦死者となった(リーダーのタイガーオルフェノクも何故か城金だけは復活させることは無かった)。
因みに城金は長身だが、センチピードの姿になると背が縮む。

関連タグ

仮面ライダー555 オルフェノク ラッキークローバー

ハカイダー四人衆:センチピードのモデルはメンバーの1人・レッドハカイダー(朱ムカデ)。ただし『ディケイド』で登場した人間態・城金はシルバーハカイダー(銀エビ)が由来で、ロブスターオルフェノクの人間態・朱川と逆になっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「センチピードオルフェノク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10184

コメント