ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「オルフェノクの力を完全に自分のものにすれば、人間のままでもある程度その力が使えるようになるんですよ」


演:山崎潤


概要

年齢25歳。ラッキークローバーの一人でセンチピードオルフェノクに変身する。

出歩くときは常にウィリアム・バトラー・イェイツの詩集を持ち歩くほどの知性派…だった。村上峡児と同じく紳士的で、年下の相手に対しても「〇〇さん」「あなた」と呼ぶ。


オルフェノクとしての実力は高く、人間態時でも海堂直也の変身するスネークオルフェノクを軽くあしらい、詩集から浮かび上がった文字を纏った光弾を放って追い詰めている。また、その場に駆け付けた木場勇治ホースオルフェノク)と長田結花クレインオルフェノク)をも変身して返り討ちにした。


プライドが高く、仕事を催促する村上に対し「自分は協力者であって、貴方の部下ではない」と釘を刺している。また、影山冴子に仕事の交換を持ちかけられた際も「自分にもプライドがある」と断っている(が、エビ姉さんの甘い誘惑に負けて承諾している)。

しかし、一度自分の中で確かなものが崩れると取り乱してしまうという欠点がある。

メンバーである北崎が登場してからは彼による理不尽なイジメを受けるも、チャンスがあればここぞとばかりに仕返しするなど感情表現に富んでいる。


仮面ライダーファイズの変身者の一人であり、乾巧からファイズギアを2度も奪って変身している。


自らの実力に絶対の自信を持っていた彼だが、当初は圧倒していたファイズに惨敗を喫してからはそれも崩れ、仮面ライダーデルタが登場してからは戦いに恐怖心を持つようになる。さらに北崎の登場以降は事あるごとにいじめられ続け、怯えるヘタレぶりを見せるようになった。


物語終盤、ファイズとデルタのクリムゾンスマッシュルシファーズハンマーを受けて深手を負った北崎を、この時を待っていたとばかりに存分に鞭打ってそれまでの虐めに対する復讐(というか仕返し)を果たそうとする。だがその前に現れたアークオルフェノクに北崎が捕食されるさまを見てからは一層恐怖心が増し、最終決戦にて人間の姿を捨てて完全なオルフェノクになった冴子の姿に恐怖してその場から逃げ出した。


最終決戦の後は自らの弱さを自覚し、残された日々を人間として生きる道を選ぶ。工事現場で額に汗を流して働く日々を送っていった。

恐らく純粋な人間であろう現場監督に対してもオルフェノクの力を振るうどころか、偉ぶる様子すらなかった。


「冴子さん。残された日々を、僕は人間として生きていきます。どうか、こんな僕をお許し下さい」


作中での奇行と仕打ち

  • 奪ったファイズギアで変身を果たすが、川に転落したターゲットに対してもフォンブラスターを乱射(#21)
  • 再び手にしたファイズの力で流星塾を訪れた巧達を襲撃するが、ゴートオルフェノクの襲撃で巧達に奪い返され、トドメに失敗作のベルトを巻きつけられてダメージを食らう(#25)
  • 木村沙耶が変身したデルタにボコボコにされた事を思い出して怯える(#27)
  • 北崎から頬をぐりぐりされて頬が灰化(#28)
  • 折角北崎が巧と草加を追い詰めていたのに、功を焦った結果逆に人質にされ、北崎からも特に気にかけられる事もなく撃たれる(#29)
  • 北崎からゲームを提案され、罰ゲームの「しっぺ」をされて灰化する自分の姿を想像して怯える(#29)
  • ファイズに敗れて逃げ帰った際に冴子の目の前で泣いたり、北崎に怯えていることに気づいた冴子の膝枕で指を吸う(#29)
  • 北崎からデルタギアを盗もうとするが、車のドアをぶつけられる(#32)
  • デルタギアを捨てたという北崎の嘘を信じ、ゴミ捨て場を漁る(#33)
  • 三大ライダーにボコボコにされた北崎を階段からわざと落とし、仕返しに殴られてもニヤニヤした顔で嘲笑う(#41)

余談

  • ファンからの愛称は「琢磨くん」。作中での呼称に由来。
  • 彼だけは他のラッキークローバーメンバーとは違い、作中で1人も人間やオルフェノクを殺害している描写がない。しかしラッキークローバーの一員である以上、描写がないだけで実際は殺害している可能性がある。
  • 演じた山崎氏は『仮面ライダーアギト』で北條透としてレギュラー出演していた。
  • 最終回で琢磨くんが働いていた工事現場の現場監督を演じたのは本作の脚本を手掛けた井上敏樹である。
  • 後の『仮面ライダー4号』に登場した海堂の発言によると、オルフェノクとして生き残っていたのは巧と海堂の二人だけらしいので、琢磨もすでに亡くなっているようだ。
  • ひらかたパークで行われた『仮面ライダーエグゼイド スペシャルショー』にまさかの13年ぶりの登場。元・幻夢コーポレーションのプログラマーが覚醒したオルフェノクの王の使者によって再生されたファイズギアの残留思念としての登場であり、ショーの冒頭で王の使者に脅され、ファイズの姿でセンチピードオルフェノクのムチを使用してエグゼイド&ブレイブのコンビと戦い、敗れる。
  • 登場の際にイェイツの詩集を携えており、戦闘時でもエグゼイドとブレイブの攻撃を詩集で受け流すなど当時を彷彿とさせるアクションを見せつけるが、ヘタレさは健在であり、彼の正体が分かった観客から笑いと歓声が沸き上がった。
  • あくまでもこのショーにおける独自設定であり、声優も山崎氏ではないものの、ショーの中で「せっかく平和に最期を迎えたのに」と発言しており、幸せな余生を送れたようである。
  • 2015年の『仮面ライダードライブ』に最も境遇が似ている敵幹部がいる。もし両者が出会ったならば絶対仲良くなれるだろう。このことに対して琢磨役の山崎氏は、Twitterにて「ああいう芝居って、やってて面白いんだよなー。またああいうのやりたいなー。」と答えていた。
    • なお、山崎氏はシークレットミッションの方に出演している。ブレンと直接共演することはなかったのだが
  • 工事現場で働くシーンを最後に物語から退場しており、本編から20年後を描く『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』で再登場しなかったが、寿命が尽きたもしくは新生スマートブレインに抹殺された可能性もある。

関連タグ

仮面ライダー555 スマートブレイン オルフェノク ラッキークローバー センチピードオルフェノク 人間体

憎めない悪役 ヘタレ


真木清人城乃内秀保ブレン五十鈴大智仮面ライダーシリーズ弄られ


星埜始:俳優が同じで人間から怪人になったという共通点もある。彼は最終的には主人公に倒されて死亡するという真逆の結末を迎えている。


外部リンク

琢磨逸郎 | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

ラッキークローバー らっきーくろーばー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41189

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました