ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ギルハカイダーを中心とした4体のハカイダータイプのロボットサイボーグと、量産兵士ロボット・アンドロボット(いわゆる戦闘員、ただし特撮のみ)からなる悪の組織
ハカイダー四人衆と、アンドロボットたちを含めてハカイダー部隊と別称されることもある。

特撮『キカイダー01』及び原作『人造人間キカイダー』では、ダーク壊滅時に、瀕死のプロフェッサー・ギル及び、ダークの三科学者の幹部の脳髄をハカイダータイプのロボットに移植することで結成された。

特撮版では、4人とも人間の頃の記憶や自我を失っており、ハカイダータイプの人造人間として行動している。また、身体を強化する事で生物を模したロボットの姿になる事が出来るが、倒されると変身能力を失ってしまう。
原作では、ブラックハカイダーはギルの自我によって行動していることが描かれている(ただし一人称は「わし」「おれ」両方)が、他の3人は不明。
アニメ版では、4人ともダーク時代の自我を持っており、ハカイダー3人衆はギルに強く忠誠を誓っている。

MEIMUによる漫画『キカイダー02』では、ギルのクローンを埋め込んだブラックハカイダーが、電子頭脳を埋め込んだレッド・ブルー・シルバーの3体を指揮する、いわば精鋭部隊。同時に量産型ハカイダーの性能実験も兼ねている(ギルがオリジナルボディの脳を移植するに足るだけの性能があるか見極めようとしたが、キカイダーらに結局敗れ、その望みを捨てている)。

松岡圭佑氏による小説『人造人間キカイダーTheNovel』では、ダーク壊滅に先立って、黒・赤・青・銀の量産型ハカイダーのボディが行方不明になるという描写があった。


組織構成及び実情

怪人クラスがハカイダー本人を含めてたった4人と、かなり小規模である。
他作品でいうとガランダー帝国(仮面ライダーアマゾン)で9体があるが、その半分である。これ以下になるとドラスのような本人とその分身みたいなのしかない。
3年間もかけてチマチマ日本各地に秘密基地を造ったらしいのだが、ほぼ毎回のようにキカイダー兄弟に基地をぶっ潰され続け、挙句の果てに全部の基地をいっぺんに壊すことのできる自爆スイッチをなぜか用意していたため、01に押されてしまい基地は全部吹き飛ぶ。

「零細企業」等とも言われるが、壊滅したダークの余り物で作ったような組織なので仕方の無い面もある。

先ほども触れたとおり本部には、全ての基地を爆破するこの世で一番いらねえスイッチがある。しかも、相当目立つ場所にあって、パスワードも無い。何かの拍子にウッカリ押してしまいそうだ。
まあプロフェッサー・ギルは、前作でも多くの部下を道連れにしたので、ハカイダーに脳移植された後もその辺の妙なこだわりは変わらなかったのかもしれない。
あと、『人造人間キカイダー』のラストで、完全にギルは狂人だったので、その脳が移植されたギルハカイダーにはまともな思考能力はなかった可能性もある(まあ、光明寺ハカイダーの時点で光明寺っぽさなど欠片も残っていなかったので一概にそうとも言い切れないが)。
この他にカプセルに01を封じ込めて沖合で爆発させようと企むも、キカイダーの存在をすっかり忘れていたりと対策がガバガバな面がチラホラある。


プロフェッサー・ギルが遺した「ジャイアントデビル」の設計図を狙い暗躍する。
逆に言えば、その位しか世界征服の手段なんて無かったのだろう。

4人合体したガッタイダーになると戦闘力が4倍になるらしいが、そんなに強そうに見えなかったのと、31の看板を掲げたアイス屋で見かけそうな化け物にしか見えなかった
ちなみに、「死神ミサイル原爆砲」なる兵器を持っていて、しかも連射していたが、名前通りの性能だとしたら、それで世界征服できたんじゃないのか

変身機能も合体回路も01に破壊されて、第9話と第10話でレッド、ブルー、シルバーの3人が死亡した為、事実上、壊滅した。

テレビゲーム『スーパーヒーロー作戦』では『超人機メタルダー』の敵であるネロス帝国に、『スーパーヒーロー作戦ダイダルの野望』では『イナズマン』の敵新人類帝国に吸収合併されている。逆に『スーパー特撮大戦2001』ではダークとシャドウが並行して登場するため、ギルはダーク壊滅の際に死亡し、ハカイダー軍団は登場しない。

メンバー

一応は首領。未だにダークのことを引きずっているらしく、初登場シーンでは「世界を夜の闇に包むのだ」などと発言していた。
部下3人掛かりなら作戦の一つ位成功させられたんだろうが、「銀エビ一人に任せておけ」などと部下を無駄に足止めしていた。
でも、変身したブラックドラゴンは作中でも01を苦戦させたロボットなので、まともに戦えば勝てたかもしれない。

CV:上田耕一渡部猛(銀エビ変身時)
銀エビに変身。30mまで伸びる電磁棒が武器で、銀エビに変身している時も使う。体を丸めて突進する「銀エビ機雷」が銀エビ状態での必殺技である。尚、ケーキなど質量を無視して非生物に化ける事も可能。
必殺技の電磁棒大車輪は、「Xキック(仮面ライダーX)」の原型だろうか。
ハカイダー四人衆はダーク破壊部隊の幹部の脳が使用されており、彼等は光明寺やギルと同世代かそれ以上と思われるため、結構、ジ・・・ん? こんな時間に客か?
(実際、原作の3学者の描写はかなり高齢っぽい)

CV:和久井節緒依田英助(青ワニ変身時)
青ワニに変身。5万ボルトの電流を流す、25mの電磁が武器。10万ボルトに引き上げる事で01もバラバラに出来るらしい。青ワニの時は牙を入歯のように飛ばして攻撃する他、卵型のカプセルに入る事で損傷を回復するが、カプセルを破壊するとこれまで受けたダメージが逆流して爆発・変身解除される。尚、人間を食べて骨だけにしてしまうなどロボットらしからぬ能力も持つ。青ワニ島に基地を作る為の捕虜を集めていたのに殺してどうするんだ。
青ワニのスーツは吸血コウモリ→天狗ムササビ→鳩型ロボットと改造・使い回されている。最後のロボットは演者も同じく和久井氏である。

CV:大宮悌二 人間態:宮口二郎
朱ムカデに変身。毒矢を放つミサイルボーガンが武器。偶に発射シーンがハカイダーショットの発砲に見える事があるが、流用故に仕方なし。
ギルハカイダーに殴り掛かって文句を言うなど、忠誠心は無いに等しい。
ムカデを関する名前ではあるが、変身後のフォルムはズングリ体型。朱ムカデ状態では棘を発射したり、ムカデを操つる他、毒液を生成する事が可能である。体が何節にも分かれているムカデよろしく身体をバラバラにされても動く事が可能なほど生命力が強い。毒液培養用に捕らえた子供を見せしめに殺さずに、アンドロボットを殺した辺り、他の三人より作戦用資源の重要性を理解しているらしい。
人間態を演じた宮口氏は、過去にゾル大佐/黄金狼男を演じた。

稲妻のような模様が特徴の戦闘員。武器は雷霆のような短剣『イナズマナイフ』。銃弾を浴びて平気な辺り、一般人よりかは強い。掛け声は『ハイル!』
ハカイダー連中の憂さ晴らしで壊される事も多い。そんなことしておいて、アンドロイドマン製造工場を破壊されると騒ぐのだ。そりゃあストック不足にもなりますわな。

余談

仮面ライダー555』の登場する「ラッキークローバー」はハカイダー4人衆がモチーフである。

ハカイダー部隊のアイディアはメインライターの長坂秀佳氏によるもので、ハカイダーの着ぐるみがスペア、アップ撮影用、アトラクション用がいくつかあったことから、予算もないのでこれ色塗りかえて使おうと立案したとのこと。後に原作にも登場したことから「本当ならアイディア料もらわないと」と冗談めかして言っていた。
なお、同じハカイダーの着ぐるみでも場面によって顔のイナズマ模様や胸当て(肩の部分がちゃんとつながっている物もあれば、ガムテープでくっつけてあることが丸わかりな物もある…)に違いが見られるので、結構な数の着ぐるみがあったとみられる。

表記ゆれ

ハカイダー部隊

関連記事

キカイダー01 人造人間キカイダー ハカイダー
ダーク破壊部隊 世界大犯罪組織シャドウ
秘密結社

特撮 昭和特撮

関連記事

親記事

ギルハカイダー ぎるはかいだー

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハカイダー四人衆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42693

コメント