2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

仮面ライダー剣の本編で4人目のライダーとして、高校生・上城睦月が適合者として変身する仮面ライダーレンゲル
スートダイヤ・カテゴリーJ、ピーコックアンデッドの主導の下で完成したライダーシステムであり、設定上は「最強の仮面ライダー」という触れ込みであった。

のだが、いざ登場してみると…

1・強化フォームが存在しない

これは上記の通り、「初登場時から最強のライダーシステム」として位置付けられていたためであり、実際にギャレンジャックフォームから繰り出された必殺技すらも跳ね返せるぐらいには強かった。
その為、レンゲルは最初っから金色のライダーなのだ。

ただ、ブレイド2つの強化フォームカリスにも事実上の強化フォームが続々と出てくる中で、最終回まで一貫して通常フォームのままだったのは…。
ちなみに中の人は他の三人の人らに「キングフォームあるらしいよ!」と騙されたらしい。

ちなみに仮面ライダービルド仮面ライダーグリスも「金色なんだから強化フォームいらないじゃん!」と言われて出されないまま終わりかけたことがある。こちらは人気が出たので急遽強化フォームが作られ、Vシネマで更にもう一つ作られた。

2・フロート

劇場版仮面ライダー剣 MISSING ACE」で発生したハブラレンゲル。
概要は1と近いものがある。

場面は終盤、アルビノジョーカー巨大邪神14と一体化してブレイド、ギャレン、レンゲルに襲い掛かる。巨大な敵を前に空を飛んで攻撃しようとする三人だったが、
(0w0)「フュージョンジャーック」
(0M0)「フュージョンジャーック」
(0H0)「フロート」
といった具合に、ここでもレンゲルのジャックフォームがないことがネタにされてしまっている。

3・技の格差

これは上記のフロート問題にも通ずることだが、まずそもそもレンゲルは他の3ライダーに比べて必殺技の種類が少ない。(初期フォームだけを見ればカリスと変わらないが、ワイルドカリスの追加で負けた)

普通のライダーでこれだけならまだ問題無いが、レンゲルは最初から最強のライダーと謳ってしまっている。上記の強化フォーム問題はコンセプト的に致し方ないとしても、技までこの扱いはどうなのか。しかもこれだけでは終わらない…

そう、レンゲルには他の3ライダーにはあるカード3枚によるキック技が存在しない。ブレイドなら「ライトニングソニック」、ギャレンなら「バーニングディバイド」、カリスなら「スピニングダンス」と、それぞれのライダーを象徴するキック技があるのだが、レンゲルのキック技はなんとカード2枚の組み合わせで発動する「ブリザードクラッシュ」のみである。ちなみにレンゲルのカード3枚技は「ブリザードベノム」で、レンゲルラウザーによる突撃技。つまりキックとは無縁の技…清々しいまでにハブられている。

ただし…

本編も劇場版も不遇な扱いを受けているが、実は設定上レンゲルにもジャックフォームが存在する
しかしジャックフォームで融合するスートクラブ・カテゴリーJはエレファントアンデッド

…つまり、たとえジャックフォームになったとしても飛べないのである(ブレイドはイーグル、ギャレンはピーコックと飛べる鳥のアンデッドと融合するため飛行能力がある。更に言えば「フロート」はスートハート、カリスのラウズカードである)(とはいえ世界的に有名な古典アニメに空飛ぶゾウもいるにはいる)。

ただ、劇場版のシーンで注意してほしいのは直前に剣崎のセリフにある「俺たちと、始の力で!」。ここでフロートを使うのはハートのカード=始の力を使っていることに他ならないのだ。その意味では、本当ならばここは熱いシーンなのである。
あとブレイドとギャレンがジャックにならないといけない領域に通常フォームでレンゲルはたどり着いているということの証明にもなる。

問題は、前述の通りレンゲル自体が全編を通して決して優遇されているとは言い難いことと、よりにもよって使用直後に三人そろって邪神に撃墜されるという展開にある(しかもこの後ブレイドがキングフォームに変身してあっさり倒してしまうのでなおさら不遇に思える)。公式はなぜこんな睦月に厳しいんだ……

それに追い打ちをかけるかのように「仮面ライダー図鑑」ではエボリューションギラファの頂でギャレンキングフォームの存在が示唆されたのにもかかわらず、フュージョンエレファントエボリューションタランチュラの頂で触れられたのは本編での活躍とラウザーへのチャージ効果の説明だけで、ジャックフォームやキングフォームに変身できるかという公式回答は一切記載されなかった。
尤も、作中で一瞬だけ登場した剣崎レンゲルには触れられているあたり、一応はそれなりの待遇は受けている。


余談

剣OP2ELEMENTSの「ジレンマ~壊してく」の部分で1人だけ表情が違うのが分かる(ムッキーは悲しい表情、ケンジャキ・ダディ・ムッコロは何か叫んでいる)。
これはもしかしたらムッキーが1人だけ飛べないことを表しているのかもしれない。

仮面ライダーザダイナーのブレイド15周年メニューでは「レンゲルフロート」というメニューが登場。
上述したネタを知らなければかなり普通のコラボメニュー名だったこともあり、他のも含めて「シンプルながら完璧なネーミング」と評価されている。


「剣のメニューがこうなった責任は私にある。」
「だが私は謝らない。その恐怖心を克服して、必ず食べに来てくれると信じているからな。」

客演

映像作品

これはレンゲルというより、睦月が当てはまる。剣崎は仮面ライダーディケイド仮面戦隊ゴライダーに、橘はスーパーヒーロー大戦GPに出演。始も剣崎と天音と共に仮面ライダージオウに出演している中、唯一睦月だけ変身前の姿で出演していない。尤もこれに関しては、睦月の演者である北条隆博氏が剣終了から8年後に芸能界を引退し、現在は飲食業(カフェ)を本業としているという事情も含まれると思われる(とはいえ、北条氏は自身の経営するカフェで特撮関係のイベントを開催したり、剣関連の事であれば前向きな姿勢を見せている事から、今後場合によっては何らかの形で睦月を再び演じる機会があるかもしれない)。

ガンバライドガンバライジング

そんなレンゲルはゲームでも不遇の扱いとなっている。ガンバライドでは長年他のライダー3人は登場しているのにレンゲルだけは登場していなかった。
ようやくシャバドゥビ2弾でLRで登場したと思ったらその数弾後にはガンバライドが稼働終了してしまった。
そして後継のガンバライジングでは他の3人は複数回LR化されているのに、GLRブレイドのスキャン演出(op再現)やキングフォームの必殺技のフォーカード(メモリアルフィニッシュ)の演出でしか登場できていなかったのだが、リリリミックス6弾で遂に仮面ライダーレンゲルが参戦した。さらに北条氏の本人ボイスである。
これには多くの人が驚き、歓喜したのである。
しかし、レンゲルが参戦した同年の12月には、ガンバライジングのサービス終了が発表されてしまった……。
ウゾダドンドコドーン!

しかし後続機のガンバレジェンズでもガンバライジングカードが引き続き使用可能と発表があったため今後が期待される。

シティウォーズ

サービス開始から3年間音沙汰がなかった(フォーカードの演出でカードだけ参戦)が、2021年の1月についに参戦。北条氏の新規アフレコも実施され、多くのプレイヤーが歓喜した………のも束の間、同月にサービス終了が発表されてしまった

ライドウォッチ

仮面ライダージオウにおける収集アイテムポジションで、過去作のライダーを模している。
主役であるブレイドはもちろんのこと、ガシャポンの簡略仕様ではあるがギャレンが商品化されていた。そして、商品化されていないライダーが5つ選ばれてライドウォッチ化されるという企画、「君が選ぶ!欲しいDXライドウォッチ大投票タイム」の中にカリスが選ばれ、レンゲルだけがライドウォッチ化されなかった。

関連タグ

仮面ライダーレンゲル

関連記事

親記事

仮面ライダーレンゲル かめんらいだーれんげる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112542

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました