ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
ライダー大戦の世界
14

ライダー大戦の世界

14

らいだーたいせんのせかい

ライダー大戦の世界とは『仮面ライダーディケイド』第1話、第30話、第31話、『MOVIE大戦2010』(とその嘘予告)に登場するパラレルワールドの一つ。

概要

仮面ライダーディケイド』に登場するパラレルワールドの一つ。

唐突に第一話冒頭から登場した。結局は光夏海の夢かと思われたが…

主に2種類あり、第1話や『MOVIE大戦2010』のように歴代ライダーが共闘してディケイド1人と戦う場合と、第30~31話のように各世界のライダー・怪人同士が戦う場合とがある。


第1話

第1話の光夏海の夢に登場したライダー大戦の世界では以下のような様子になっていた。

どれもファン必見である。


第30話、第31話

実態はこれまで門矢士達が旅した世界が融合した世界だった。(シンケンジャーの世界は特に問題は無かったようだ…

開始時点では響鬼キバブレイドの世界が融合している。

サガイクサ天鬼轟鬼ギャレンレンゲルなどが戦死している。


物語ラストに登場した紅渡剣崎一真の仲間であるクウガ以外の平成ライダーは全て原典世界の本人のようである。

リマジライダースーパーアポロガイストとの決戦後世界の融合によって消滅しているため。


この世界の士の役割は服装から「結婚式の客人」。光写真館の絵は最終回では夏海の夢に登場するライダー大戦、完結編では融合する複数の地球となっている。


MOVIE大戦2010』(ディケイド完結編)

第31話から長いこと続いており、ディケイドが破壊者としての役割を受け入れ、激情態に変化した。ディエンドはイレギュラーな存在であるためか、ライダー大戦で倒されるべき仮面ライダーとしてはカウントされていない。

冒頭ではカブトスーパー1スカイライダーライダーカードに変えていた。

しかし、仮面ライダー達が同士討ちをしている裏では大ショッカー改め、スーパーショッカー世界征服計画を進めていた。

ライオトルーパーJ、龍騎、ブレイド、クウガがディケイドに倒されてしまい、残された夏海はキバーラの力を借りて仮面ライダーキバーラに変身して、ディケイドごとディケイドライバーを剣で破壊する。

ディケイドは消滅。

小野寺ユウスケがディケイドの活躍で復活するが、士の後を追うように、タックルウルトラサイクロン蜂女に放って死亡。

夏海たち一行は士の形見のトイカメラに残った写真を使って士を復活させる。

リマジライダー(恐らく原典のライダーも同様)達も復活し、スーパーショッカーの切り札ドラスも新たに目覚めた「最強コンプリートフォーム」の力で撃破するが…。

そこへ別の世界からダミー・ドーパントが乱入。それを追って仮面ライダーWも参戦。

スーパークライス要塞とマンモスメカを撃破する。

しかし、スーパーショッカーのネオ生命体の悪あがきで、アルティメットDが誕生するが、ファイナルフォームライドWで仮面ライダーWが二人に分裂し、トリプルエクストリームでアルティメットDは撃破され、完全にスーパーショッカーは滅びたのだった。


嘘予告

鳴滝が正体を現したり、ディケイドを襲うキバーラ、軍服姿の夏海、ディエンドの首を掴むクウガなどツッコミどころ満載。

しかし、結局無かったことになり、『MOVIE大戦2010』で一瞬だけ映像が使われるのみとなった…はずだった。


参戦ライダーの一覧

クウガの世界

アギトの世界

龍騎の世界

ファイズの世界

ブレイドの世界

響鬼の世界

カブトの世界

電王の世界

キバの世界

その他の世界(下記のライダーは『MOVIE大戦2010』にのみ参戦)


この世界に登場した怪人

テレビ版

大ショッカー


アンノウン

オルフェノク

アンデッド

ワーム

イマジン

ファンガイア

劇場版


備考

ディケイドの物語は無限ループしており、『MOVIE大戦2010』で無限ループから解放されるまで最終的にこの世界で同じような戦いが繰り返されてきた。

(しかし、『オールライダー対大ショッカー』ではWが登場している。『MOVIE大戦2010』の描写からして『W』物語開始1年前(少なくともビギンズナイトの後)のWと思われる。これと『MOVIE大戦2010』の描写とWの「お前は確か……ディケイド!?」という台詞から長いことライダー大戦が続いていたようだ)

恐らく嘘予告も無限ループの中で起きた出来事の一つなのだろう。

もしかしたら、『バトライド・ウォー2』に登場した『オールライダー対大ショッカー』のステージも…。

概要

仮面ライダーディケイド』に登場するパラレルワールドの一つ。

唐突に第一話冒頭から登場した。結局は光夏海の夢かと思われたが…

主に2種類あり、第1話や『MOVIE大戦2010』のように歴代ライダーが共闘してディケイド1人と戦う場合と、第30~31話のように各世界のライダー・怪人同士が戦う場合とがある。


第1話

第1話の光夏海の夢に登場したライダー大戦の世界では以下のような様子になっていた。

どれもファン必見である。


第30話、第31話

実態はこれまで門矢士達が旅した世界が融合した世界だった。(シンケンジャーの世界は特に問題は無かったようだ…

開始時点では響鬼キバブレイドの世界が融合している。

サガイクサ天鬼轟鬼ギャレンレンゲルなどが戦死している。


物語ラストに登場した紅渡剣崎一真の仲間であるクウガ以外の平成ライダーは全て原典世界の本人のようである。

リマジライダースーパーアポロガイストとの決戦後世界の融合によって消滅しているため。


この世界の士の役割は服装から「結婚式の客人」。光写真館の絵は最終回では夏海の夢に登場するライダー大戦、完結編では融合する複数の地球となっている。


MOVIE大戦2010』(ディケイド完結編)

第31話から長いこと続いており、ディケイドが破壊者としての役割を受け入れ、激情態に変化した。ディエンドはイレギュラーな存在であるためか、ライダー大戦で倒されるべき仮面ライダーとしてはカウントされていない。

冒頭ではカブトスーパー1スカイライダーライダーカードに変えていた。

しかし、仮面ライダー達が同士討ちをしている裏では大ショッカー改め、スーパーショッカー世界征服計画を進めていた。

ライオトルーパーJ、龍騎、ブレイド、クウガがディケイドに倒されてしまい、残された夏海はキバーラの力を借りて仮面ライダーキバーラに変身して、ディケイドごとディケイドライバーを剣で破壊する。

ディケイドは消滅。

小野寺ユウスケがディケイドの活躍で復活するが、士の後を追うように、タックルウルトラサイクロン蜂女に放って死亡。

夏海たち一行は士の形見のトイカメラに残った写真を使って士を復活させる。

リマジライダー(恐らく原典のライダーも同様)達も復活し、スーパーショッカーの切り札ドラスも新たに目覚めた「最強コンプリートフォーム」の力で撃破するが…。

そこへ別の世界からダミー・ドーパントが乱入。それを追って仮面ライダーWも参戦。

スーパークライス要塞とマンモスメカを撃破する。

しかし、スーパーショッカーのネオ生命体の悪あがきで、アルティメットDが誕生するが、ファイナルフォームライドWで仮面ライダーWが二人に分裂し、トリプルエクストリームでアルティメットDは撃破され、完全にスーパーショッカーは滅びたのだった。


嘘予告

鳴滝が正体を現したり、ディケイドを襲うキバーラ、軍服姿の夏海、ディエンドの首を掴むクウガなどツッコミどころ満載。

しかし、結局無かったことになり、『MOVIE大戦2010』で一瞬だけ映像が使われるのみとなった…はずだった。


参戦ライダーの一覧

クウガの世界

アギトの世界

龍騎の世界

ファイズの世界

ブレイドの世界

響鬼の世界

カブトの世界

電王の世界

キバの世界

その他の世界(下記のライダーは『MOVIE大戦2010』にのみ参戦)


この世界に登場した怪人

テレビ版

大ショッカー


アンノウン

オルフェノク

アンデッド

ワーム

イマジン

ファンガイア

備考

ディケイドの物語は無限ループしており、『MOVIE大戦2010』で無限ループから解放されるまで最終的にこの世界で同じような戦いが繰り返されてきた。

(しかし、『オールライダー対大ショッカー』ではWが登場している。『MOVIE大戦2010』の描写からして『W』物語開始1年前(少なくともビギンズナイトの後)のWと思われる。これと『MOVIE大戦2010』の描写とWの「お前は確か……ディケイド!?」という台詞から長いことライダー大戦が続いていたようだ)

恐らく嘘予告も無限ループの中で起きた出来事の一つなのだろう。

もしかしたら、『バトライド・ウォー2』に登場した『オールライダー対大ショッカー』のステージも…。

コメント

コメントはまだありません

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    まつお

    読む
  2. 2

    漫画:白梅ナズナ/原作:まきぶろ/キャラクターデザイン:紫 真依

    読む
  3. 3

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む

pixivision

カテゴリー