ピクシブ百科事典

ムースファンガイア

たいようあるいはさかなのめにきざまれたわだち

ムースファンガイアとは、「仮面ライダーキバ」に登場するファンガイアの一体。
目次[非表示]

「はっ、この命に代えましても。」

演/CV:和興

概要

真名「太陽、或いは魚の目に刻まれた轍」。身長2m38cm、体重220㎏。
第32、33話に登場したモチーフがヘラジカ(ビーストクラス)で裏モチーフがダチョウのファンガイア。
シカのような頭部の角は攻撃力に優れ、強力なエネルギー弾まで発射できる。

過去編ではまだ赤ん坊の登太牙の世話役として真夜に信頼されている存在であった。

現代編ではその太牙が経営するD&P社の役員として働いており、太牙の側近という役割と、”人間の進化に貢献する者を抹殺する”というキングの仕事の執行係を任されている。
人間の運動能力を2倍にするという薬品を開発した研究者のライフエナジーを吸い上げたあとキバと戦闘になり、強力なパワーでキバを苦しめた。

その後トータスファンガイア処刑に失敗した深央を気に入らず、暴行を加えようとするもそのせいで太牙の怒りを買ってしまう。
また時が経ち深央に再び処刑されそうになり命からがら逃げてきたトータスを手柄をたてるために襲うもキバの介入でトータスそっちのけでキバとの戦闘に。
最初こそ有利に戦闘を進められたが最後にはエンペラーフォームのエンペラーサンダースラップを受け砕け散った。

再生個体

マンティスファンガイアにより蘇らされる形で第38話にて復活を果たし、同じくチェックメイトフォー傘下だったシャークファンガイアシケーダファンガイアと共に渡と太牙に襲いかかる。
知能ケダモノ並にまで落ちぶれていたため戦闘力は低く、一度はキバのファイナルザンバット斬で絶命する。
その後、マンティスファンガイアによりもう一度生き返らされるが、一度倒した相手などキバの敵ではなく、仲間たち共々ファイナルザンバット斬でソードマスターヤマト方式に全滅した。

終盤ではビショップにより複製個体が無数に登場。
ポーラーベアーファンガイアシームーンファンガイアと共に手当たり次第に人間を殺しまくり、ライフエナジーをバットファンガイア復活に捧げていた。
ビショップによりキバとダークキバに差し向けられるが、2人の協力により全員纏めて消し飛ばされた。

派生作品

仮面ライダーディケイド』第25話ではチノマナコディエンドカイジンライド上級アンデッド(♠J)イーグルアンデッドと共に複製体を召喚した。
初めてにしては成功した部類の怪人チョイスと言える(パンダラビットイマジンメ・ギャリド・ギとかじゃなかったわけだし)。ちなみに、なぜかを振り回して暴れている。

チノマナコに命じられて侍戦隊シンケンジャー小野寺クウガに立ち向かっていったが、シンケンジャーの連続攻撃を受けて砕け散った。

余談

演じる和興氏は過去に電撃戦隊チェンジマンチェンジグリフォン/疾風翔役でレギュラー出演している。

関連タグ

ファンガイア ヘラジカ ダチョウ 仮面ライダーキバ

コメント