ピクシブ百科事典

ホースフライファンガイア

ほーすふらいふぁんがいあ

ホースフライファンガイアとは、仮面ライダーキバに登場するファンガイアの一体。
目次[非表示]

「あなたがイクサね。ごめんなさい、貴方の命いただきます」

「お前は私を利用していたつもりだろうが、私がお前を利用していたのだ。力を得る為にな…ッ!」


演:宮下ともみ
CV:峯香織

概要

仮面ライダーキバ』第34話「ノイズ・破壊の戦慄」 第35話「ニューアレンジ・飛翔のバラ」に登場するインセクトクラスに属するファンガイア。「腐敗した魚と詩集の詰まった揺籃」という真名を持つ。鳥モチーフは不明。

虻がモデルだが飛行能力を持たず、指先から猛毒を流しこんで敵の動きを麻痺させることができる。

人間名は楓という女性で、元素晴らしき青空の会のメンバーである神田博士により「生物の個体が持つ能力を別個体に移植する研究」の実験台にされていた。その実験の過程で他のファンガイアの能力を次々と取り込み、自分の肉体を強化していた。
研究所の檻の中にほとんど監禁状態にされており、時折外へ出ては実験台となる新しいファンガイアを捕らえるなど神田に従順なそぶりを見せるが、実際は神田を自身の強化のために利用しているだけに過ぎなかった。

度重なる神田の横暴な態度に、見切りをつける形で反旗を翻すと、自らの思惑(上述二段目の台詞)を明かした上で殺害し、彼の研究施設を強奪した後、さらなる力を手に入れるために鈴木深央を拉致。
研究所の機械で彼女の能力を手に入れようとしたが、深央を紅渡に救出され、戦闘を開始。
キバに圧倒されるが、ククルカンの乱入に乗じて逃走。しかし待ち受けていた登太牙に同胞の誘拐とクイーンに手をつけようとした罪で死刑を宣告され、仮面ライダーサガのスネーキングデスブレイクを受け砕け散った。

その後、神田の研究成果やその関連技術はすべて太牙が率いる「D&P」に独占されるが、その中のひとつであった『異生物同士の能力の移植』技術は人間とファンガイアを融合させる技術へと発展し、さらにそれが後に渡だけでなく、深央、太牙の運命をも大いに狂わせる事となる災厄の引き金となる…

その後の登場

仮面ライダーディケイド』ではアポロガイストの命令でソーンファンガイアシルクモスファンガイアシャークファンガイアリザードアンデッドディアーアンデッドスカラベアンデッドと共にライダー達に襲い掛かるもディエンドのディメンジョンシュートに敗北する。

レッツゴー仮面ライダー』ではショッカーの同盟怪人として登場した。

余談

現在鳥モチーフは不明とされているが、肩に小鳥を模したオブジェがある。モチーフとして予想される鳥は
雀や何らかの水鳥が挙がっていたが、放送後に判明したデザイン画からペンギンの可能性が高い。
茨のようなデザインからモチーフが何なのか混乱していたファンも多かったが、真名にペンギンを思わせる要素は既に出ており、『魚』はペンギンの食性、『揺籃』はクレイシュと呼ばれる他の個体を育てるペンギンの生態の事を指していたと思われる。
ビートルファンガイアもペンギンが裏モチーフとされている。

演者の宮下氏はウルトラマンネクサス野々宮瑞生ウルトラ銀河伝説外伝ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロサロメ星人ヘロディアを、神田を演じた飯田基祐氏は後に仮面ライダードライブにて仁良光秀をそれぞれ演じている。

関連タグ

ファンガイア

関連記事

親記事

ファンガイア ふぁんがいあ

兄弟記事

コメント