2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

身の丈:二十六尺四寸(8m)
目方:千七百貫(6.3t)
生育環境:気温17℃前後湿度65%

仮面ライダー響鬼』二十之巻「清める音」に登場する、海老のような体とトンボのような翅を持つ巨大魔化魍

古くから出現は確認されてはいたが誕生条件がよく分かっていなかったため、猛士のデータベースにも発生条件不明と記されていた魔化魍で、劇中において大量のバケガニたちが大発生した後に出現した事からようやくその正体がバケガニの変異体であったことが明らかとなった(体が海老っぽいので分かりやすそうなものだが…)。

バケガニと同じく両腕の巨大なハサミを武器としているが、やや細身である為にスピードがある。背中の翅で空を飛ぶ事もでき、戦闘能力もバケガニとは比べ物にならない程に強力で、本来は音撃太鼓担当の魔化魍とされる。

上記の様に発生条件が分かっていなかった為、バケガニと思って駆けつけた轟鬼をそのスピードで翻弄した後、翅を使ってその場から離脱しようとするが轟鬼の怪力で阻止されてしまい、更に救援に駆けつけた響鬼鬼棒術『烈火剣』で翅を切られてしまい墜落。
最後は墜落してもがいている所へ背中に音撃斬『雷電激震』を撃ち込まれ爆散した。

その後、“オロチ現象”で大多数のバケガニが発生した事で別個体が出現したほか、『仮面ライダーディケイド』の第1話、『仮面ライダージオウ』EP47、48でも登場している。

余談

モチーフ妖怪は網切
「蚊帳や網を切る妖怪」というイメージは、童子や姫が網を切り寝ていた人を餌として攫うことが元ネタらしい。

関連項目

魔化魍 網切 アミキリの怪童子と妖姫 バケガニ(魔化魍) 仮面ライダー響鬼
妖怪アミキリ:同じアミキリをモチーフにした戦隊怪人

関連記事

親記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アミキリ(魔化魍)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 283

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました