ピクシブ百科事典

アミキリの怪童子と妖姫

あみきりのかいどうじとようひめ

アミキリの怪童子と妖姫とは、仮面ライダー響鬼に登場する魔化魍アミキリを育てる役割を持つ男女二組の怪人の名称である。

「お手を煩わせましたが」
「われら、生誕いたしました」
「屍となったバケガニ達の甲斐があったこと」
「お見せできればと思います」
「相当嫌いか?」
「これで終わるのが」
「相当痛いぞ」

概要

仮面ライダー響鬼』二十之巻「清める音」に登場する魔化魍アミキリを育てる童子と姫怪人態
その実態は恐らくバケガニの怪童子と妖姫の変異種で、それを裏付けるかのようにエビをモチーフとしている。

を伸ばして獲物となる人間を串刺しにしてそのまま放り投げ、中で待ち構えているアミキリに餌として与えている。

戦闘の際は背中で自在に空中を飛び回り、怪童子は左の、党姫は右腕のエビのを模した鋭利なを使って敵を攻撃する。

大洗において轟鬼と交戦し、飛行能力で轟鬼するなど苦しめるが、最後は投擲された『音撃弦 烈雷』にを刺し貫かれて妖姫が斃され、落下して来た『音撃弦 烈雷』がそのまま突き刺さり怪童子も絶命した。

関連項目

怪童子と妖姫 童子と姫 アミキリ(魔化魍) エビ 仮面ライダー響鬼

コメント