ピクシブ百科事典

イッタンモメン(魔化魍)

いったんもめん

「仮面ライダー響鬼」に登場する魔化魍。
目次[非表示]

概要

 『仮面ライダー響鬼』に幾度となく登場する大型魔化魍。初登場は7話。
 イトマキエイツバメを足したような姿をしている。尻尾を含めない体長は7.87m、目方は4.2tもある。いくら土の塊みたいなもんだとはいえを飛ぶには重すぎないか。
 その姿からわかる通り幼体は水中で育ち、完全に成長すると空をマッハ3の速度で飛び回り人間を捕まえては尻尾で締め上げ、体液を吸い尽くしてしまう。そのスピードを生かしハヤブサのように急角度で降下して暴風獲物に浴びせ、怯んだスキに尻尾でからめ捕る攻撃を得意とする。
 その習性のため、直接攻撃型よりも間接攻撃型による討滅が推奨されている。

生育環境

 幼体は水温11度に保たれた水中で活動する。
 作中では奥久慈高萩などで出現し、オロチ現象の際には館林日高にも出現した。
 また、『仮面ライダーディケイド』第1話では世界の統合に際し灰色オーロラから大量に出現した。

元ネタ

 言うまでも無く『ゲゲゲの鬼太郎』などに登場する鹿児島県の妖怪一反木綿がモデル。
 ちなみにヌリカベという魔化魍も登場している。


関連項目

仮面ライダー響鬼 イッタンモメンの童子と姫

pixivに投稿された作品 pixivで「イッタンモメン(魔化魍)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 273

コメント