ピクシブ百科事典

オロチ(魔化魍)

おろち

オロチとは『劇場版 仮面ライダー響鬼と七人の戦鬼』に登場する巨大魔化魍。
目次[非表示]

概要

戦国時代最強とされる巨大魔化魍。人語は話せないが、知能がかなり高いらしく戦国時代では血狂魔党を結成し、その首領を務めていた。なお、人事権などの雑務は全て自身を育てる役割を持つ童子と姫に任せていた模様。
ライオンがモチーフで妖怪モチーフは大蛇
陸海空に対応しており、劇中では海中を自在に泳ぎ、空中を飛行していることが確認できる。
武器は火炎弾と尻尾の一撃。
現代(テレビシリーズとはパラレル)と過去(テレビシリーズとはパラレル)の両方に出現。

過去では少女を中心とした生贄を食らっている。(これまでに食らった人間の数は数知れず、海岸には慰霊のための地蔵が立ち並んでいる。)
新たに生贄を欲する際には、生贄となる人間の手の甲に梵字型の痣が浮かび上がる。(ちなみにこれを放置すると呪いによって様々な病気にかかるほか、オロチが機嫌を損ねて暴れる。)

過去編と現代編の個体はそれぞれの時代の装甲響鬼の『鬼神覚声』によって倒された。

テレビ本編では魔化魍が大量発生する現象のことをオロチというようだが果たして…。



HERO SAGA

完全体としてヤマタノオロチが登場した。


レンジャーズストライク

フレーバーテキストにてある滅びの現象との関連性を示唆されている。

関連タグ

仮面ライダー響鬼 七人の戦鬼 大蛇 血狂魔党

コメント