ピクシブ百科事典

ヤマタノオロチ(魔化魍)

まかもうやまたのおろち

HEROSAGAに掲載された小説に登場する魔化魍オロチの真の姿。

身の丈:158尺4寸(約48m)、目方:40000貫(約15t)

概要

HEROSAGA掲載の映画『仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』の後日談という設定の小説『MASKED RIDER HIBIKI EDITION -SEVEN OGRES-』に登場。

響鬼達がやっとの思いで退治した血狂魔党の首魁であるオロチの同族にして、オロチ属の完全態で、一説にはオロチの本来の姿とされる。

7匹のオロチのが一本の体で繋がっているという姿をしており、復活を遂げたヒトツミを従え、かつて同族が得る事が出来なかったひとみ生贄として再び選定すると、彼女を喰らおうとヒトミツを差し向けるなどの行動を起こしていた。

最終的には響鬼を始めとする6人の音撃戦士たちの活躍で倒されるが、絶命の寸前に女性であるヒトツミを喰らう事でが1つだけ生き残るとそのまま行方を眩ませており、この生き残りの頭が映画に登場したオロチであることを仄めかす所で物語が締めくくられているが、詳細は謎に包まれている。

関連項目

魔化魍 八岐大蛇 オロチ(魔化魍) 仮面ライダー響鬼

コメント