ピクシブ百科事典

カイ(仮面ライダー電王)

かい

『仮面ライダー電王』本編における敵イマジンたちの黒幕にしてデスイマジンと並ぶラスボスの1人。
目次[非表示]

「悲しいなあ…すっごい悲しいんだろうなあ、こういう時って」
「なぁ、俺そういう顔してるだろ?」

演:石黒英雄

概要

未来から2007年現在にやって来た、敵イマジンたちの司令塔にして首魁である謎の青年。
年齢は不明だが、オーナーによるナレーションでは「少年」と語られているため恐らく十代後半(ちなみに演じた石黒氏は放映時19歳)。

電王のTV本編における事件の黒幕で、良太郎を抹殺するためにリュウタロスを送り込んだり、イマジン達の頭の中にテレパシーを使って指令を送り込んでいた張本人(なお、この能力で他のイマジンたちと情報を共有している)。
服装はその時々で変化するが、常に黒を基調としストールを肩に羽織っている。

基本に穏やかな笑顔を浮かべているが、表向きの表情と実際の感情がシンクロしておらず、笑顔を浮かべたまま怒りを表現するなど得体のしれない不気味な存在。

その正体は イマジンたちが存在する未来からやって来た特異点。その為か、他のイマジンたちと違い、肉体を保持しており、また、襲来した2007年より過去の世界にも彼は存在している模様。
故に、彼自身はイマジンではなく、あくまで生身の人間である。
彼の配下のイマジン達もカイの正体は知っておらず、「自分たちの未来を救ってくれる奴」くらいにしか思っていない。後述する通り記憶や感情に関する感性が欠落しているため、イマジンの「未来での肉体」に関しても全く興味を持っていないようだ。

本来は「時の運行から外れた未来」の存在で、現代と切り離された所にある世界の住人であったが、何らかの事故で自分が存在している未来が正常に進んでいた現在と曖昧な形で交わり始めたことを切っ掛けに、2007年の過去へと襲来。
このまま放って置くと時の運行から外れ、いずれは消滅する自分たちの未来を現代へと繋ぐ事で『過去』という概念そのものを手に入れ、自らの存在を安定させる事を目論み暗躍していた。

その特異な出生の為からか、

  • リュウタロス以上の精神支配能力
  • 他人の過去の扉を開いて記憶を覗き見る能力
  • ありえない日付や無期限有効のライダーチケットの捏造
  • 歴史の流れが異なる別の時間軸を結びつける能力
  • 時空の裂け目を作り出してエネルギーを集中させ、時間そのものを破壊する力

などを持っており、更には身体能力も並の人間以上に高い(NEWモールイマジン程度なら、パンチ一発で砂と化し滅び去る)。

また、でたらめな日付の入った黒い手帳(メイン画像参照)を常に携帯しており、この手帳の日付を指でなぞり、自身の体を使用してイマジンを任意の過去へと送り込むことも可能。しかし自身の扉を開くのはかなりの負担を強いる(疲れる)他、過去の自身を犠牲にするリスクを伴い、更には本人が面倒くさがりなため、基本この能力は使わず、もっぱら配下のイマジンを他人に憑依させ契約を結ばせて、その人物の記憶を利用して過去へと送り込んでいる。

シムラ、うしろうしろー!!


また、配下のイマジンたちは目的達成のための使い捨ての駒程度にしか考えておらず、自身の過去を持っていないが故に非常に忘れっぽいため(未来が定まって確定していくに連れその症状は悪化している)、過去に送り込んだ配下のイマジンの事を忘れてしまい、置き去りにされた者も存在する

暗躍

劇中、配下のイマジンたちを率いて未来の分岐点の鍵を探り、桜井侑斗が鍵だとみなして抹殺に動き出す。
過去に桜井とニアミスしていた人間とイマジンを契約させ、彼が存在する過去へと送り込んでいた(桜井がゼロノスカードの効力で特異点と同じく時間の干渉を受けないため、直接手を下す必要があった)。
(つまり劇中、良太郎の生活圏でイマジン事件が頻発していたのは良太郎にも近しい存在である桜井を標的にしていたためであり、メタ的にはご都合主義の類いではないことも判明した)


しかし一向に上手く行かず、更にゼロノス(侑斗)が桜井ではなく良太郎を庇った事を切っ掛けに疑念を抱き、これまでの経緯を改めて見直す。結果、良太郎の記憶を強引に探り、本当の分岐点の鍵が彼の姉である野上愛理であった事を知り、桜井が囮であったことに気づく。
(上記の場面から、愛理が分岐点の鍵と判明するまで「分岐点の鍵は良太郎」というミスリードがなされていた。侑斗は愛理が分岐点の鍵と桜井から知らされていたため、上記の行動は純粋な仲間意識の現れだったと推察される)

その事に強い怒りを覚えた彼は、未来確定の期限も差し迫っていた事もあり、配下の精神態で漂っている全イマジンと契約して肉体を与え総攻撃を開始。

そして遂に愛理に辿り着くが、彼女の記憶を探った結果、愛理もまた分岐点の鍵ではなく、更に歴史改変の影響で肝心の分岐点の鍵についての記憶が欠落している事を知り自暴自棄に陥る。
真の分岐点の鍵は桜井と愛理の間に生まれる予定の子供だったのだが、自棄になったカイはこれ以上の捜査を投げ打ち、特異点も分岐点の鍵も関係なく全ての時間を破壊しようとする
しかし寸でのところで良太郎に阻止され、同時にその場にいたハナ=コハナこそが、桜井と愛理の娘にして真の分岐点だと知らされる。最後の最後まで出し抜かれ続けたカイの怒りは天元突破し、デスイマジン以下大多数のイマジン軍団を率いて最後の決戦に突入。

そして、デスイマジンが電王に敗北したことで時の流れの変更の失敗が決定的なものとなり、カイの存在そのものが無かったことになってしまった。

「終わった…。クソッ、けどお前らも消える。イマジンはみんな……消える」

デスイマジン消滅から間もなくして、悲観に暮れた顔を浮かべ、総てのイマジンと共に砂と化して滅び去った…。



…自分の時間を確立していた、イマジンズの面々や一部の者たちを除いて。

余談

基本冷酷な一面が強調されがちであるが、一時的に歴史改変で過去を手に入れた時は狂喜する一面を覗かせたり、時が来れば自身がいずれは消滅してしまうという生存を懸けた切羽詰まった状況だったことを考えると、一概に完全な悪ともいえない人物ではある(とはいえ遊び感覚でとある家族を歴史から抹殺した描写もあるため、一概には何とも言えないが…)。

最強にして最後の悪役が生身の人間という本作の展開は、昭和・平成のどちらにおいても珍しい。
特に平成二期以降はサジタリウス・ゾディアーツ仮面ライダークロノスのように生身の人間であっても変身するケースが殆どのため、今後カイのように終始生身でラスボスを貫く展開は登場しにくいと思われる。

正体に関して

作中では失われた時間からやってきた未来の特異点という事が明かされたものの、それら以外は一切の経歴が明かされていない。
しかし、視聴者の間では『桜井侑斗と野上愛理の間に、娘(ハナ)ではなく息子が生まれた世界線』から来た息子本人という説が浮上している。(公式媒体ではてれびくんデラックス「仮面ライダーEXVol.1」で触れられている)

本作は端的に言えば人間とイマジンの未来を賭けた生存競争であり、「『人間の未来』の特異点・ハナと『イマジンの未来』の特異点・カイ、どちらが最終的に存在できるか」が物語の中核であったこと…即ち、カイは『イマジンの未来』のハナに相当する存在と考えられることが根拠とされる。
『電王』は物語の関係者が野上家と桜井家に集中していたため、カイが野上家と桜井家のいずれかあるいは双方に関係していてもおかしい話ではない。
良太郎、ハナ、後の幸太郎と野上家は特異点が多く生まれる傾向にある事から、彼が野上の血統とした場合特異点である事も納得が行く。

名前に関連性を見出だす見方もあり、対の存在であるハナが「花時計」(第39・40話にて、ミルクディッパーが歴史改変でこの店名になっていた)、カイが「懐時計」またははくちょう座の「χ星」(桜井は懐中時計を所持しており、星好きで天文学者。同じく白鳥座の星に由来したデネブは、カイを裏切って侑斗についている)と、それぞれ時計かつ親の趣味に由来しているのではという説もある。

いずれも憶測の域を出ないが、これが本当ならば『仮面ライダー電王』は、己の生存を懸けて家族同士が戦い合う物語という事になる……。

配下

カイ直属

カイと愉快な仲間たち


レオイマジン
スネールイマジン(雄)、(雌)
アルビノレオイマジン
デスイマジン

カイの思い描くイメージで出現したイマジン

ニュートイマジン
ゲッコーイマジン

ちなみにこの二体も後述する兵団に紛れている。

終盤でカイが無理矢理実体化させたイマジン兵団

NEWモールイマジン
ブルーバードイマジン
コブライマジン
ホエールイマジン
モレクイマジン
ワスプイマジン
スコーピオンイマジン
アイビーイマジン
オクトイマジン

関連タグ

仮面ライダー電王 敵イマジン カイ
パラド:こちらは演者の苗字が甲斐。彼が変身するライダーの名前も時間関連の作品でよく登場するワードである。

クレナイ・ガイウルトラマンオーブ):まさかの役者繋がり。最終回直前にニコ生で配信された特番では、石黒氏本人がさりげなくカイの台詞を口にする一幕があった

関連記事

親記事

敵イマジン てきいまじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カイ(仮面ライダー電王)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81085

コメント