2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「さあて、お仕事開始だ!」

CV:君嶋麻耶(後藤)、岩永洋昭(伊達)
スーツアクター:永徳(後藤)、押川善文(伊達)

概要

プロトバース



第44話の戦いで大きな損傷を受けたバースドライバーを修理中の後藤慎太郎が第45話で使用したバースの試作品。
外見的な違いは所々埋め込まれているカプセルの周りに赤色の線が入っているのとUフラッシャーの発光色が赤から緑に変わっているくらい。
元々はデータ計測用の実験モデルで、バースドライバーが完成したことを受け、実戦データの収集と、バースドライバーの実地検証を目的とした戦闘訓練が繰り返された。
赤い線はデータ収集用のマーカーであり、装着中の全映像データとシステムの稼働状況データのモニタリングが開発者達によって行われていた。

使用できるCLAWsユニットはクレーンアームとブレストキャノン(とバースバスター)のみだが、理論上の性能はオリジナルのバースと同等。
第46話以降は復帰した伊達明が使用する。

最終回の後日談でもある『MOVIE大戦MEGA MAX』の『オーズ/OOO』パートにも登場。帰国した伊達が変身するも、仮面ライダーポセイドンの攻撃によりベルトが損傷してしまい廃棄処分になるというあっけない最後を迎えた。

その後に公開された『スーパーヒーロー大戦』では何事も無かったかのように登場し、バースと共に怪人軍団相手に戦っている。
この映画の『オーズ/OOO』側の時系列は不明であるため、『MEGA MAX』より前の時系列という可能性もあれば、単にパラレルワールドという可能性もある。

S.I.C.ではCLAWsユニットを装着できない左肩の形状が異なり、プロトタイプ用のバースバスターはストック付きの二連銃身となっている。

ゲーム

ガンバライジング

ナイスドライブ6弾で伊達バースが参戦していたが、バッチリカイガン2弾で後藤バースと共にガンバライドの時と同様SRで参戦。「仮面ライダーバース・プロトタイプ(伊達)」と表記されているのでいずれこちらも後藤さんバージョンが出るのか…?

ライダージェネレーション2』・『ライダーレボリューション

後藤がバースに変身するため、こちらも伊達バージョンで登場した。

memory_of_heroez

伊達が変身したプロトバースが参戦。後藤の変身するバースがバースCLAWsを使い分ける為、プロレス技で差別化されている。ただし、参戦が最終決戦の一歩手前と非常に遅いのがネックか。声は原作カマキリヤミー役だった前野智昭。ちなみに、発売の5ヶ月前に前野との結婚を発表した小松未可子鳴海亜樹子役で出演している。

このように、ゲームでは基本的に「バースが後藤、プロトタイプが伊達」という扱いになっている。

余談

企画段階では登場予定は無く、伊達明の想定以上の人気を受けて番組放送中に登場が決定したライダーである。
伊達の変身ありきで制作されたため、先述のゲームの扱いは至極当然のことである。

スーツはバースの流用でありオプティカルドライブマーカーを付与しただけの物。すぐに戻せるように最初から変化が少ないデザインとなっている。
後藤変身時は撮影用スーツを使用しているが、バースのスーツはアップ用・アクション用が各1着ずつしか無いため、後藤バースと並ぶ伊達変身時はアトラクション用スーツを流用している。

正式名称は仮面ライダーバース・プロトタイプであり、サブタイトル等で通称として「プロトバース」の名称が用いられるが、「君が選ぶ!欲しいDXライドウォッチ大投票タイム」のみ「仮面ライダープロトバース」の名称で投票候補にリストアップされている。

関連タグ

仮面ライダーOOO 仮面ライダーバース 鴻上ファウンデーション プロトタイプ
伊達明 後藤慎太郎 
サブライダー ドクターライダーズ 
平成ライダーシリーズの仮面ライダー一覧

関連・類似キャラクター


外部リンク

仮面ライダーバース・プロトタイプ | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

バースドライバー ばーすどらいばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「仮面ライダーバース・プロトタイプ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「仮面ライダーバース・プロトタイプ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33592

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました