ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

仮面ライダーゼロワン』本編の12年前(第15話における飛電其雄の墓誌によれば2007年12月)に起きた爆発事故。 その原因はヒューマギア運用実験都市の開発区域にあったヒューマギア工場の整備ミスによる爆発が、同じく開発区域にあった動力炉に誘爆したこととされている。
結果として街一つが廃墟と化す大災害となっており、人間にもヒューマギアにも多くの犠牲を出した。
後に水没した街は周囲を大規模な壁で隔離され、「デイブレイクタウン」と呼ばれるようになった。

生存者の1人である不破諫は、実際には事故ではなく暴走した旧世代型ヒューマギアによる人間の大量殺戮が起きていたと主張しており、爆発事故として処理した飛電インテリジェンスに対し不信感と疑念を抱いている。
一方で同じく生存者である飛電或人ヒューマギアの父親を爆発で喪っているが、不破の訴えているヒューマギアの暴走は目撃していない。

だが第4話で或人と不破達がデイブレイクタウンを訪れた際に発見したメモリーから仮面ライダー滅がヒューマギアの暴走を引き起こし、その結果起きた大惨事である事を知り、これによりデイブレイクの犯人は滅亡迅雷.netであると思われたのだが……。

なお、前述の真相が明かされる前は「ヒューマギア工場の工場長であった桜井聡の整備ミスが原因で爆発事故が起きてデイブレイクが生まれた」と世間的に語られており、そのせいで息子の桜井郷周囲から中傷されるなどの不幸な人生を送る羽目になったが、実際は暴走したヒューマギアを処分するために工事長が自らを犠牲にして被害を最小限に食い止めたというものであり、それらの顛末が公表された後に桜井親子は名誉を取り戻した。

余談

デイブレイクは本来夜明け」「明け方という意味だが、ここでは「日常の破壊」もしくは「1日で(街が)壊れた」といった様なニュアンスで使われている。
ただこれは作中の人間側からの視点であり、人間からの脱却を望んだヒューマギア側からは「革命の日」「新世界の始まり」という意味合いに取られている模様。

関連項目

仮面ライダーゼロワン
ビギンズナイトグローバルフリーズスカイウォールの惨劇平成二期作品において物語の核心にあたる事件。

ウルトロン:平和維持の為に作られたAIだが、思考の調整が間に合わず地球平和のために「人類滅亡」を選択した。ソコヴィアと呼ばれている街を滅ぼし、遺族の手で制作者に対する報復も行われた。
Vivy-FluoriteEye'sSong-…AIがテーマのアニメ作品だが、この作中で起こったシンギュラリティ計画が新世代のAIが暴走するという事件が起きるが、その暴走がデイブレイクと似ているとネットでよく比較対象にされた。
Another_Daybreak:「もう一つのデイブレイク」とタイトルされた、令和ザ・ファースト・ジェネレーションの主題歌。 一見では歴史改変後のゼロワンの世界を思わせるが、歌詞はを理解しつつそれを超えようとする息子」「平成ライダーから令和ライダーへの歴史の橋渡し」を讃えるかの内容となっている。
OZ(ガンダムW):オペレーション・デイブレイクと言う大規模クーデター作戦を決行し、地球の制圧に乗り出す。





































真相

ヒューマギアの暴走と共に起きた爆発事故かと思われたが、その原因は滅亡迅雷.netではなく、或人の父である飛電其雄であった。

其雄はヒューマギアとリンクし制御を担うはずだった通信衛星アークが「人類を滅亡させる」という結論を導き出したことを知り、打ち上がろうとしたアークに対し密かに仕込んでいた自爆プログラムを起動。
結果的に自らの機能停止も含め周辺に凄まじい被害を出してしまったが、「アークがネットワークを通じて全ヒューマギアとリンクする」という最悪の事態を防いだのだった。

だが劇場版では、フィーニスの介入によりアナザーゼロワンとなったウィルが自爆プログラムを起動中の其雄を妨害。アークの打ち上げを成功させてしまう。
これにより甚大な被害を出した爆発事故こそ起こらなかったが、ヒューマギア達はアークの意思により人類を滅亡寸前まで追い込むこととなった

本編第25話では更なる真相が語られ、其雄によってアークの打ち上げが阻止された事、そして不破の襲われたヒューマギアの大暴走はアークによる大規模なハッキングの結果であった事、さらにはハッキング時に選ばれた4体の優秀なヒューマギアによって滅亡迅雷.netが構成された事が発覚した。これにより本編では劇場版のような「全てのヒューマギアが操られ人類を滅ぼす」事態にまでこそ至らなかったものの、都市内のヒューマギアの大暴走と滅亡迅雷.netの誕生が大爆発の裏で起こっていた事が明かされた。

さらに第33話では、かつてデイブレイクに巻き込まれたという不破の記憶も、天津垓によってチップで植え付けられた偽りの記憶である事が判明した。


そして劇場版『REAL×TIME』においては、この事件で愛する者失った男が、人間を捨てた悪魔となって世界規模の事件を起こす。

関連記事

親記事

デイブレイクタウン でいぶれいくたうん

兄弟記事

コメント