ピクシブ百科事典

デイブレイクタウン

でいぶれいくたうん

デイブレイクタウンとは、『仮面ライダーゼロワン』に登場する場所。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. キングダムハーツシリーズのタイトル『χ』及び『』に登場する町。
  2. 仮面ライダーゼロワン』に登場する地名。本項にて記載。


概要

滅亡迅雷.netの拠点、隠れ家として使われている場所。ほぼ全ての建物が水没した廃墟であり、内部にはトリロバイトマギアを始めとする警備用のマギアが配備されている。
中央の水底には「アーク」と呼ばれる衛星ゼアにそっくりな機械が沈んでおり、滅亡迅雷.netの当面の目的の一つとして、このアークの復元が挙げられている。

後にアーク=通信衛星アークの知能の復活により、飛電の社長室と同様の構築装置が再起動。
トリロバイトマギアやプログライズキーなどの直接製造が可能となった。

飛電とZAIAの最後のお仕事五番勝負で、デイブレイクタウンの再開発が勝負の決め手となっているが、第29話で飛電側の敗北・ZAIAの子会社化が決定したことから、都市の再開発は絶望的となっている。

経緯

元々は政府と飛電インテリジェンスを含む複数の企業がヒューマギアの運用実験の為に管理していた実験都市だった(本来の都市名は不明)。
だが劇中12年前の事故「デイブレイク」により壊滅的な被害を受け、現在は水没し周囲をレーザーネットで隔離されている。
元々実験都市だっただけはあり、第2話では飛電インテリジェンスの屋上からでも見える近さにあることが描写されている。第4話では立ち入りが制限されている描写があるが、法的にどのような処分を受けているのかは不明。

第14話では宇宙野郎雷電により、滅亡迅雷.netのアジトがあることが或人達にも知られることとなり、掃討作戦が行われた。
しかし第16話では天津垓が訪れている他、第22話では天津と刃唯阿が滅亡迅雷.netのアジトだった一室でメタルクラスタホッパープログライズキーの開発を行うなど、裏では上述の立ち入り制限が意味をなしていないことが分かる。
第25話で滅が脱走して以降は再び彼らの拠点となっている。

実験都市の協賛企業

HIDEN Intelligence
アイミーコーポレーション
株式会社未来
JEE net
響 DATAWAVE
FRONTIER MEDIA
株式会社ベルエー
Flysecond corporation
竹innovation
システムテクノロジー飛龍
ZAIA ENTERPRISE
system engineer co…Ltd


関連タグ

仮面ライダーゼロワン デイブレイク(仮面ライダーゼロワン) 滅亡迅雷.net

転送研究センター:『特命戦隊ゴーバスターズ』に登場する施設で、同じく物語開始前に主人公達の人生を狂わせる災厄が起きた場所繋がり。現在において敵組織の拠点となっている点も共通。

関連記事

親記事

滅亡迅雷.net めつぼうじんらいねっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「デイブレイクタウン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6917

コメント