ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「垓、100点に満足するな。1000点を目指せる男になれ…」

演:加藤厚成

概要

天津垓の父。
詳しい職業などは劇中では明かされていないが、劇中で英字新聞を読んでいた事や、高級マンションで羽振りの良い生活を送っていた事から、ZAIA、またはZAIAのような国際的な大企業の幹部クラス以上の社員である可能性が高い。

小学生時代の垓がテストで100点を取っても上述の台詞を冷淡に言い放つ過剰なまでに完璧主義な性格の持ち主。
上述の台詞は一見すると「原状に満足せず、常に高みを目指せ」と激励しているかのように見える台詞だが、実際のところ100点満点のテストで1000点を取るだなんて無茶苦茶な理屈にして無理難題も同然であり、当時の垓も子供心に少なからず理不尽さを感じていた。

そんな性格故に僅かなミスも許さないまでに融通が効かなく、1点でもミスして99点を取ろうものなら、「こんな点数を出して恥ずかしくないのか!」と、テスト用紙を握り潰して叱りつけ、可愛がっていた犬型AIロボのさうざーに対して「(100点がとれないのも)こんなものにうつつを抜かしているからだ」と息子の数少ない心の拠り所さえも完全に否定するなど、少なくとも息子や第三者から見れば愛情を感じさせる事のない超厳格な英才教育を施していた。

やがて垓は父親から認められない鬱屈を拗らせた結果、さうざーを自ら封印してしまい、「僕だけの力で1000点取ってみせる」という歪んだ上昇志向に取り憑かれていくことになり、その結果、皮肉にも一京をも凌ぐ程の完璧主義と、その為ならばどんな手段をも厭わない独善主義なワンマン経営者に成り果ててしまった。

余談

垓の人格形成に大きな影響を与える事となった人物で、見方によってはゼロワンにおける全ての諸悪の原点となった人物ともいえなくもないが、その反面、この手の毒親キャラならやりかねないような『垓に自らの主義思想を叩き込む為の見せしめとして、さうざーを破壊する』といった強権的な行動などはとっておらず、垓を叱りつける際にもむやみに手を上げるような事はしていない為、親としての最低限の良識は持っていた事が伺える(前者に関してはモノがモノだけに描写出来なかったと思われ、また後者に関しても昨今のテレビ規制などの影響があると思われる)。

演者の加藤厚成氏はウルトラシリーズにおいて石堀光彦蛭川光彦ペダン星人ダイルといった悪役を演じ、強烈な印象を残しており、特に石堀は一京とは毛色が異なるが、同じく諸悪の根源といえる役どころだった。
ちなみに東映特撮は初出演。
仮面ライダーWEBでも某光の国から珠玉のヴィランが満を持してライダー作品にご出演くださいましたとネタにしている。

名前の由来は数字の桁である「京」。垓の前の桁。一京すなわち一垓の1万分の1である。
自分をも超える存在になってほしいという思いで「垓」と名付けたのだろうか。

ちなみに妻(垓の母親)や両親(垓の祖父母)についての描写はない。また、一京自身の現在の生死や動向についても触れられていない。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン 天津垓 毒親 諸悪の根源

檀正宗:同じく、その歪んだ思想が息子にも大きな悪影響を与えた毒親繋がり。
朝霧次郎:歪んだ完璧主義者の父親繋がり。
大教授ビアス:(多少意味は異なるが)「千点の頭脳」を求めた者同士。彼の甘言に惑わされた教え子達の殆どはそれ故に破滅の道を辿ることになってしまった。ちなみに一京の登場回は偶然ながらも丁度YouTubeにて超獣戦隊ライブマンが配信されていた為、世代で無くてもビアスが頭に浮かんだ人が多かった模様。

関連記事

親記事

天津垓 あまつがい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天津一京」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 464

コメント