2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ペダン星人ダイル

ぺだんせいじんだいる

「ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEVER ENDING ODESSEY」に登場するレイオニクスハンター。
目次[非表示]
  • 演:加藤厚成
  • 登場話:第1話「レイオニクスハンター」(脚本:荒木憲一/監督:菊地雄一)〜第6話「史上最強のレイオニクス」(脚本:小林雄次/監督:梶研吾)、第10話「新たな戦いの地平で」〜第11話「ある戦士の墓標」(脚本:長谷川圭一/村石宏實)


概要

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEVER ENDING ODESSEY」に登場。
50年後の未来のペダン星から派遣された誇り高きレイオニクスハンターで、未来のペダン星がレイオニクスバトルによって滅びたため、歴史を改変するために派遣されてきた。
武器は強力な光線銃ペダンガンと電撃棒ペダンスティック。また、腕に付いたブレスレット型の転送装置でテレポートも可能(相手の宇宙船に忍び込むことも容易であるが、レイとの揉み合いで消滅した)。スーツも他のペダン兵と全く異なる為、相当高い階級にある事が窺える(他に同様の格好をしているのは『大怪獣バトルNEO』の技カードに描かれたペダン星人ぐらいである)。
メットは外す事もあれば、ゴーグルだけを開く事もある。

かなりの愛国主義者でレイオニクスを憎悪し、その滅亡を望んでいる。
ペダンの科学力を過信しているのか、それとも母星を滅ぼしたレイオニクスへの恐怖からか「力こそ全て、強力な武器を持つ者こそが生き残れる」と語っており、戦意喪失していたベムスターをペダニウムランチャーで追い討ちしただけでなく、それを悪びれない傲慢な態度を取った際には『ペンドラゴンは戦艦ではない』をモットーにしているクルーの怒りを買った。さらにハルナに「この宇宙には力よりももっと大切なものがある」と諭され、これが彼が変わる最初のきっかけとなった。
過去に地球人がペダン星との間に確執があった事を知っている模様。

作中ではサヴィーニ876星系にある惑星ハマーに向かう寸前だったピット星人ゼットン星人、騙し討ちしようとしたフック星人を討伐している。ハーランからもそのキル数を信頼されていた。

ZAP宇宙基地に潜入し、爆弾を仕掛けてレイの殺害を目論んだが、レイに返り討ちに遭って気絶。
身柄はゴースタードラゴンとは別に脱出したスペースペンドラゴンクルーに引き渡され、尋問を受けた。
しかし、ドラゴンスピーダーβを使ってスペースペンドラゴンを宇宙ドックに誘導して改造し、ペダニウムランチャーを据え付けた。その後、道案内役になる代わりに自分をハマーへ移送しろと取引を持ちかけ、惑星ハマーへ上陸。
その際に目的地の座標情報を小出しにするなど駆け引きに長ける面を見せた。

ハマーに着くや否や、合流したペダン星人部隊を指揮したり、自ら出向くなどしてレイを襲撃するが、アイスラッガーでスティックを落とされただけでなく、グランデの乗るボスタング型宇宙船からのビームを受けて殺害に二度も失敗し、ハーラン司令からも失望されている(なのでレイオニクス抹殺計画の修正案を聞かされていなかった)。

レイを襲撃した際に命まで取られず、彼のまだ見ぬ故郷への思いを聞いてからは心境に変化が生じ始めていたが、それでもレイオニクス殺害を正当化しようとしており、レイの「平和の為に戦いたい」という意志が真実かどうかを試すべく、自らが操るキングジョーブラックを差し向けるも敗北。なおも、レイの射殺を目論むが、引き金を引けずに終わる。

その後、レイに可能性を見出し、撤退と荒廃した母星の復興に尽力する旨を上司であるハーランに進言。レイを母船に案内するがハーランの計画変更に反発したため攻撃されて負傷する(ダイルとしては約束を守り、過去には今後一切干渉しないつもりだったのが、ハーランによって反故にされてしまった)。
人質になっていたZAPクルーを解放した際、一般部隊から銃撃を浴びせられ瀕死の重傷を負い、レイに未来を託し落命。彼の死に怒ったレイの怪獣たちとペンドラゴンから放たれたペダニウムランチャーでキングジョーブラック軍団が壊滅し、レイオニクスハンター隊も恐れをなして未来へ撤退。

その破片から作られた墓標には形見のヘルメットが置かれ、ZAPクルーから「勇敢なる戦士」として讃えられ、敬礼を受けた。スペースペンドラゴンに据えられたペダニウムランチャーは彼の形見となり、行く先々でZAPスペーシーの冒険を助けている為、彼の魂は死後もZAPクルーと共に戦い続けているのである。

50年後の未来とは即ちアーケード版の時代に相当する。アーケード版NEOの主人公一行とは因縁があり、レイオニクスであるカネゴンを射殺しようとしてアギラに阻止され、ウルトラギャラクシーの時代に飛ぶ事に。
(ちなみにペダン星が荒廃した原因は無印主人公の御蔵イオがナックル星との戦争を終結させる為に協力を仰いだ結果である。)

余談

ちなみにダイルを演じた加藤氏は『ネクサス』では物語の諸悪の根源であった紳士、『メビウス』では地球人の面汚しな外道ジャーナリストとそれぞれ改心することのなかった悪役を演じてきており、ごく一部のファンからは『出演する度にウルトラ戦士(とその関係者)を苦しめてばかりいる』という一種のジンクスの様な扱いを受けていたが、今回のダイル役で、見事そのジンクスを脱却している。

当初は主人公サイドと和解する予定のない完全な悪役として設定されていたが、演じた加藤氏が上記の理由で一部のファンから「ウルトラシリーズの疫病神」と評されていることを知った制作サイドがそのイメージを払拭すべく、キャラ設定を変更したという裏話がある(なお、実際の作品を見た人が思う疫病神を演じた役者は後続の劇場作品にしれッと出ている)。

また、ダイルの上司であるハーランを演じたのは『ネクサス』にて斎田リコ/ダークファウストを演じた中丸シオン女史であり、偶然にもダイル役の加藤氏とは本作では上下関係や結末が、完全に逆転した形となっている。

約束をあっさり反故にするイメージがペダン星人にあるかと思われるが(実際、セブンと本作で他者との約束を反故にしている)、実はペダン星人の中にも他人との約束を果たそうとする義理堅いものもおり(『大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』のペダン星人のおじさんやドロシーが該当する)、ダイルもまたその一人なのである。
この事からペダン星人は卑怯者ばかりというわけでもない事が窺える。

関連タグ

ペダン星人 光落ち

関連記事

親記事

レイオニクスハンター れいおにくすはんたー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ペダン星人ダイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 408

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました