ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

キール星人グランデ

きーるせいじんぐらんで

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場するレイオニクス。
目次 [非表示]

概要

身長2m
体重84kg
唐橋充

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場する、キール星人レイオニクス

主人公・レイライバルキャラクターに当たる。


性格は飄々としており、そうです、私がキール星人です!とレイに自己紹介するなど、どこかコミカルな言動で相手を小馬鹿にしつつ翻弄するようなふざけた態度を取るが、本性は極めて好戦的で、「楽しいバトル」を何よりも好む生粋のバトルマニア(ただし、本人はレイブラッド星人の後継者争いには然程興味がない模様)。

また、いざとなれば慣れ親しんだ怪獣でさえも平気で使い捨てるといった冷酷な一面も持つ。

気分が乗ると、両耳に付いたイヤリングに触れる癖がある。


レイオニクスの中でも最強クラスの実力者であり、レイよりも先に第二覚醒を果たしたようで、劇中で初めて登場したネオバトルナイザーを所有するレイオニクスである。

その実力は使役する怪獣にも反映されており、通常は然程強くない怪獣でも、下記の通り「普通じゃない」と本人が称する程の別格級の強さを発揮している。


レイの事は、当初は彼のバトルナイザーを見て「期待外れ」だと思っていたが、彼が第二覚醒を果たして以降はライバルとして認めるようになる。

また、最初にレイのエレキングを見た時は「面白い怪獣」と評していた。


なお、過去に同族が地球を襲った事(『ウルトラQ』におけるエピソード)を知っているらしい。


他のキール星人達と同様、黒と赤のカラーリングのボスタング型宇宙船に搭乗する。


手持ち怪獣

暴君怪獣タイラント

【バトルスピリッツ】暴君怪獣タイラント

グランデが最初に使役する怪獣。

かつてウルトラ5兄弟を撃破した事で有名な強豪怪獣だが、以前も使っていた火炎や冷気の他、イカルス星人のアロー光線、バラバの武器、ベムスターの口など、体を構成する怪獣・宇宙人のパーツをより有効活用しており、初代よりも強力な個体となっている。

また、設定では火炎と冷気を同時発射する「ハイブリッドヘルサイクロン」という必殺技を持っている。


その強さはやはり圧倒的であり、(レイオニックバースト無しとは言え)当初はレイのゴモラやエレキングでも全く歯が立たなかった。


どくろ怪獣レッドキング/EXレッドキング

バトルスピリッツ  どくろ怪獣 レッドキングウルトラマン フュージョンファイト!

タイラント亡き後、新たにグランデが操る怪獣。

グランデを最強のレイオニクスバトラーたらしめる実力を持つ非常に強力な個体であり、本来であれば圧倒的に格上であるはずのキングジョーブラック生身で完勝し、ペダン星人レイオニクスハンター部隊を驚愕させた。数多の怪獣達を倒してきたレイのゴモラとも互角に渡り合い、ブレイブバースト時は完全に凌駕する程の実力を見せている。

必殺技は、足に炎を纏った飛び蹴り「ヴォルガニックインパクト」(炎を纏った打撃を叩き込む拳バージョンも存在)。


グランデがレイオニクスの力を覚醒させると、最強形態・EXレッドキングへとパワーアップする。

こちらは太い両腕を地面に叩き付けて炎を走らせる「フレイムロード」が主な必殺技。


活躍

初登場の第6話では、他にも数多のレイオニクスを撃破してきたようで、「弱い相手には飽きた」という理由でレイに挑戦。タイラント一体でゴモラやエレキングを圧倒し、最終的にスペースペンドラゴンを庇ったエレキングを殺害、消滅させた


その後第7話でレイの復活を感じ取り、来訪したペダン星人の艦隊を壊滅させた後、パワーアップしたレイに戦いを挑むが、今度は手も足も出せずにタイラントを倒されてしまう。…が、「あの怪獣にも飽きてきてた」とあっさりタイラントとのリンクを切り捨てて生存しており、レイに再戦を誓って宇宙船で去って行った。

ちなみに、レイとの再戦前に忠告に現れたケイトに惚れたらしく、去り際にレイに「お前の姉ちゃんを紹介しろ」と頼んでいた(ただし、実際にはケイトは既に死亡しており、この時グランデの前に姿を現したのは彼女の精神体である)。


その後は新たなパートナーであるレッドキングと共にバトルに明け暮れ、第10話ではキングジョーブラックを返り討ちにしている。


第12話ではレイとの決着を付けるため、レッドキングでレイのゴモラに挑む。互角の勝負を繰り広げ、ブレイブバーストと化した時は一時追い詰めたものの、最終的にあちらもブレイブバーストとなったゴモラに惜敗。しかし命までは取られず、レイブラッドとの最終決戦に向かうレイを見送った。

なおこの時、実は彼にもレイ同様教育係の姉がおり、その姉を殺した事でレイオニクスに覚醒し、最強になりたいのはその犠牲に報いるためだと明かされた。


最終決戦では、レイブラッドの憑依したアーマードダークネスに苦戦するレイの下に駆け付け、バトルを楽しむためと、「姉をまだ紹介してもらっていない」という理由でレイと共闘。レッドキングをEXレッドキングにパワーアップさせ、撃破に貢献した。

最後はレイに雪辱戦を誓い、惑星ハマーから去って行った。


『ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO』の続編であるアーケード版の「ギャラクシーサーガモード」では、カブト・ザ・キラーと戦うレイに対し、レッドキングのヴォルガニックインパクトで援護した。


そこから50年程経ったアーケード版NEO(コミカライズ版)のストーリーでは、TV版当時の彼が登場。

過去の惑星ハマーにやって来たアサマ・アイと戦うが、キングジョーブラックの乱入で中止になってしまう。

しかしながら、この時タイラントの足程度にしか考えていなかったアイのレッドキングに可能性を見出したらしく、これが最終的にレッドキングをパートナーに選んだ理由である事が示唆されている(さらにこの時、嫉妬したタイラントから睨まれた際に「俺の相棒はお前だけだよ」と煽てているが、内心では「今のところはな」と意味ありげに呟いていた)。


余談

グランデを演じた唐橋充氏は、過去に『仮面ライダー555』で海堂直也/スネークオルフェノクを演じた事で有名。

ウルトラシリーズでは、『ULTRASEVENX第6話にてタカオ(日多隆男)役でゲスト出演している。

そして15年後、『ウルトラマンブレーザー』第17話にてザンギル役として出演している。

グランデ

なお、グランデが普段着用しているマスクは某仮面ライダーを彷彿とさせるデザインとなっている。


関連タグ

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

キール星人 レイオニクス 宇宙人

暴君怪獣タイラント レッドキング EXレッドキング

関連記事

親記事

キール星人 きーるせいじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3086

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました