ピクシブ百科事典

量産型マッハ

りょうさんがたまっは

『仮面ライダードライブ』に登場する量産型ライダー。
目次[非表示]

「どうですか?カッコ良いでしょ!?中々決まってるでしょ!?ねぇ?良いでしょ〜コレ!仮面ライダー…純!!」

概要

 変身用のベルト(量産型マッハドライバー)と起動キー(特状課キー)を用いて変身する仮面ライダーマッハの量産型。
 沢神りんなにより対ロイミュード用に制作、シグナルバイクは使用しないためコア・ドライビアは搭載されてないようだが、ピコピコ3号を背中に装備している為、問題なく重加速環境下で行動できる。
また、排熱等の理由があるわけでは無いがマッハ同様バイザーは開閉することができ、そこから顔を出せる機能が付いている。

 第44話に登場し、試作ドライバーを用いて本願寺純が変身。仮面ライダー純を名乗った。

 しかし、試作型であったために変身した後ある程度動いた後にシステムの不具合で体が固まり動けなくなってしまうという事態に陥り、“真のグローバルフリーズ”が起きるまでの時間も無いという切羽詰まった状況だったため、小型軽量化されたピコピコ4号の量産を優先させる方針に決まった為、出落ちという形で退場することになってしまった…。

テレビ朝日の公式紹介ページによると、劇中での強制停止は量産型マッハに搭載されているとされる「装着者の安全確保の為、装着者の意思を要せず自立行動して戦線離脱を行うシステム」の不具合によるものらしい。これは、G3-XのAIが暴走する欠陥とは対照的である。

スペック(想定)

身長171cm
体重62kg
パンチ力2.5t
キック力3.7t
ジャンプ力ひと跳び6.0m
走力100mを7.0秒


一応、ゴルドドライブとは異なり各種データは記載されているが、ドライバーの不具合以外は全て(システムが十全な状態で本願寺が変身した場合の)推定もしくは憶測で記述されており、実際のスペックについてはかなり曖昧なものとなっている。
なお、装着者によってスペックは変動するらしい。


派生作品

ドライブの後日談である『超MOVIE大戦ジェネシス』にも登場する。
今回は上記の不具合も改善され、ついに実戦へと投入…というよりは本願寺が勝手に現場へと駆けつけ変身し、単身でダヴィンチ眼魔に戦いを挑む。
遂に彼の大活躍が披露されるのかと思いきや…怪人に一発でやられてしまった。

なお必殺技はライダーキック

また、「ファイナルステージ」では現さんが変身する仮面ライダー現八郎が登場した。

余談

変身者第1号の本願寺を演じる片岡鶴太郎氏は2015年時点で60歳であり、それまで最高齢だった陣内孝則氏(仮面ライダーソーサラーを演じた当時54歳)を抜いて最高年齢仮面ライダーを更新することとなった(正確には、元祖ライダーたる藤岡弘、氏が仮面ライダー大戦にて当時67歳で変身を行っているため、「新規のライダーに変身した年齢が最も高い人物」となる)。

関連タグ

仮面ライダードライブ 仮面ライダーマッハ 本願寺純

ポリスライダーズ

強化服バトルスーツ

ライオトルーパー 仮面ライダーメイジ 黒影トルーパー プラットフォーム
G3マイルド 警察組織の量産(予定だった)ライダーと近い存在。
ゼクトルーパー(ライダーではないが)

関連記事

親記事

本願寺純 ほんがんじじゅん

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「量産型マッハ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3927

コメント