ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

【警告】この記事はVシネクスト『仮面ライダー555 パラダイス・リゲインド』のネタバレを含みます。


















































俺は生きる──────

カイザとして


「…いや……待っていた。この時を何年も…ずっと!」


真理「まさか…草加くんじゃ…ない…!?」


流星塾の者はいつか…オルフェノクになる。その時お前を倒すために俺は…スマートブレインに派遣されたのだ…!」


『Standing by』


「変身!」


『Complete』


CV:村上幸平

スーツアクター:松岡航平


変身者

草加雅人のアンドロイド

・草加雅人(『仮面ライダー555殺人事件』)


概要編集

Vシネクスト仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』に登場する新たな仮面ライダーカイザ。2023年9月13日に公式よりその存在が解禁された。


同作に登場する仮面ライダーネクストファイズ同様、本編でカイザの正装着者だった草加雅人……ではなく彼の姿を模したアンドロイドが変身する。

彼の形式番号はSB-913A/001


なお2024年1月28日に配信されるスピンオフドラマ『仮面ライダー555殺人事件』において一足先に登場しており、こちらでは草加本人が変身している。


外見編集

ネクストファイズ同様、顔面がクリアのバイザーで覆われ、アンテナによって頭部と接続されている。また、顎のクラッシャー部分が従来のカイザのものを上下反転させたような形状となっている。

更にネクストファイズと同じく胸部装甲がカイザのマーク「χ」を象った円形になっており、両肩は角ばった黒のショルダーアーマーで保護されている。

なお、ネクストファイズと違いドライバーはカイザフォンが新型になった事を除いて変わらない模様。それ故かアンダースーツは通常カイザとほぼ同一となっている。


スペック編集

正体がアンドロイドとはいえ、生前の草加を再現したファイトスタイルで敵を無慈悲に叩きのめす。性能は旧型のカイザから上昇しているとのことで、旧式とは異なりカイザポインターカイザブレイガンもマテリアライズが可能となり、エクシードチャージからの必殺技の発動も手間が少なくなった。


また、最大の特徴として新たな武装である双剣・カイザクロスラッシャーを獲得したことと、アクセルフォームへの強化変形能力を獲得したことが挙げられる。


しかし、大元が20年前の兵器でもあるカイザドライバーを再利用した形なためかネクストファイズと同様にほぼ既存のカイザの延長線上に過ぎない強化に留まっており、最新機でもある仮面ライダーミューズが持つ予測AI機能なども一応搭載されてはいるが、劇中では一切使用していない。


ちなみに、旧式カイザ最大の特徴とも言える「カイザギアの不適合者は変身解除後、問答無用で灰化する」という仕様についての詳細は不明となっている。


『パラダイス・リゲインド』ではミューズと二人がかりでに襲い掛かるが、久々に使い慣れた旧式のファイズギアを取り戻した彼の猛攻によって劣勢のに追い込まれ、最終的にワイルドキャットオルフェノクの攻撃とクリムゾンスマッシュを受け敗北を喫してしまった。



アクセルフォーム編集

『Complete』

『Start up』

『3…』『2…』『1…』

『Time out』

『Reformation…』

戦闘中にカイザフォンXX画面からタップすることで、10秒間だけ超加速をするアクセルフォームへのフォームチェンジを行う。同格機でもあるネクストファイズと同様、発動時には胸のコンバーターが回転し、複眼が真紅に発光する。

『殺人事件』において登場するフォームであり、『パラダイス・リゲインド』本編では使用していない。


ちなみに、ミューズにもアクセルフォームへのフォームチェンジするアプリが表示されているが、そちらでは未使用となっている。


使用アイテム編集

カイザが使用しているドライバーと同型。


カイザドライバーに装填されているスマートフォン型の新型デバイス。ネクストカイザの変身に用いるアイテム。

スタンガンモードとビームを発射するビームモードに可変する。

システムボイスこそ従来のカイザフォンと同じだが、プッシュ音や待機音声、そして変身音声が独自のものへと変わっている。


旧式のカイザフォンは草加アンドロイドの覚醒に伴い握り潰された。


『Kaixa Crosslasher Materialize』

カイザブレイガンに似た二振りのトンファーブレード。奇しくもかつて草加の変身したカイザを撃破した仮面ライダーサイガの武器もトンファー型であった。

逆手持ちでの使用を前提にデザインされたカイザブレイガンと異なり、順手持ちや逆手持ち、ナックルガードのように刀身を前に構えて持つなど戦況に応じた複数の握り方が可能な汎用性があるデザインとなっている。

二刀流での斬撃のほか、二丁拳銃を繰り出せる。

『CSMカイザフォンXX』の商品紹介PVではこの武装をマテリアライズし、エクシードチャージを披露していた。


  • その他

更に変身後カイザフォンXXの画面に様々なアプリアイコンが表示されている事がわかる。

そこには旧カイザが使用できるカイザブレイガンカイザショットカイザポインターサイドバッシャージェットスライガーのアイコンが確認できる。

各種装備はカイザフォンXXの機能によって実体化及び呼び出しがされる。


必殺技編集

エクシードチャージのアプリを押し込み発動。

ポインティングマーカーを放ち、動けなくなった所に両足蹴りを放つ。

旧型のカイザも使用していた必殺技。本編ではミューズの必殺攻撃で怯んでいたファイズにダメ押しで披露した…が、20年前の兵装であるグランインパクトによって相殺されてしまい、トドメを刺すには至らなかった。


ちなみに本作のネクストカイザの劇中スーツは右足にカイザポインターをセットするエナジーホルスターが存在しないが、ミューズなどと同様ポインター抜きでもマーカーを敵に射出可能となっている(一応設定上はネクストカイザにもカイザポインターのマテリアライズ機能は存在するが、劇中ではポインターを呼び出さずにゴルドスマッシュを使用している)。


余談だが、本作に登場した旧式のカイザはカイザポインターを装備しておらず、カイザギアボックスのポインターが収まる場所に似た形のカイザフォンXXを忍ばせていた(劇中目線では巧妙にユーザーズガイドで隠されていた)。


  • 斬撃(名称不明)

CSMカイザフォンXXのPR映像にて披露。エクシードチャージアプリを起動し、カイザクロスラッシャーを順手持ちに持ち替えて連続で斬撃を叩き込む。


  • オールレンジ攻撃(名称不明)

『仮面ライダー555殺人事件 解決編』にて使用。

アクセルフォームにチェンジし、超高速でカイザクロスラッシャーによる斬撃と銃撃(光の矢)を全方位から一斉に放つ。

攻撃時にはX字に輝いている。


関連タグ編集

仮面ライダー555 パラダイス・リゲインド

仮面ライダーカイザ

Vシネマ限定フォーム ダークライダー


ブレイクフォーム:放送当時にファンが二次創作したカイザの強化形態。

配信限定フォーム:アクセルフォームは事実上のこれ。


2号ライダー最強フォーム

ナイトサバイブネクストカイザジャックフォーム/キングフォーム

関連記事

親記事

仮面ライダーカイザ かめんらいだーかいざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13626

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました