2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

シーキュカンバーオルフェノク

しーきゅかんばーおるふぇのく

シーキュカンバーオルフェノクとは、『仮面ライダー555』に登場するオルフェノクの一体。
目次[非表示]

琢磨「貴方との勝負は既についている。無駄な戦いは止めて、ベルトを私に渡してください」

データ

身長204.0cm
体重126.0kg
特色/力コンクリートを溶かす溶解液
演/声河野達郎

(出典:テレ朝版公式サイト、東映公式『仮面ライダー図鑑』より引用)

概要

第22話に登場したナマコの特質を持つオルフェノク人間態眼鏡をかけたサラリーマン風の男
弁当(ソーセージを摘まみ食いしたスマートレディ曰く「ちょっと塩味が濃過ぎる」)を食べている途中にたまたま通りかかった人間を殺害してまた何事もなかったかのように機械的な動作で食事を続けるなど、すでに人間性は無くなっている模様。しかも、目立ったセリフは特にないのが余計に不気味さを加速させている。

両腕からコンクリートをも融かすゲル状の溶解液を投げつけて相手を攻撃し、柔らかい体で敵の攻撃を受け流す。

その能力はスマートブレインからも高く評価されており、スマートレディジェイが死んだことで空席が出来たラッキークローバーの新メンバー候補として勧誘され、琢磨逸郎と共にベルトの強奪に乗り出す。
センチピードオルフェノクのムチで拘束したファイズに溶解液で攻撃したが、うっかり溶解液でムチを溶かしてしまいファイズを脱出させてしまう。

アクセルフォームとなったファイズにはなすすべもなく、強化クリムゾンスマッシュを受け灰化した。

仮面ライダー913
第23話「花形の理想」にて登完全にオルフェノク化する前に自然死した元明星塾生の成れの果てのうちの一体として登場。液体の詰まった巨大カプセルに収容されている。

余談

直訳で『海のキュウリ』という妙ちくりんな名前を持つ怪人だが、実際に英語でナマコは『sea cucumber』と表現するので、これでナマコの英名を知ったという視聴者も多いのではないのだろうか?

スーツはカクタスオルフェノクの改造。デザイン画には「武器を持たせられないため、手で何か特殊能力を見せてはどうか」という旨のコメントが確認できる。
全身のトゲトゲにより、ワームオルフェノクと同様パンクっぽい雰囲気を狙ってデザインされている(『完全超悪』p.47,144)。

関連タグ

仮面ライダー555 オルフェノク
カクタスオルフェノクスーツの改造前
ソーンファンガイア:同じくナマコがモチーフ。
ナマコルゲ:同じくナマコがモチーフ。

外部リンク

サラリーマン風の男 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

オルフェノク おるふぇのく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 518

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました