ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「来る···内なる声が、教えてくれる·······!

もうすぐ、僕の真の力が覚醒する!」



龍虎之戟!


ドラ!ドラ!ドラゴン!! ドラ!ドラ!ドラゴン!!

オニシスター「えっ···!?」


ドラ!ドラ!ドラゴン!! ドラ!ドラ!ドラゴン!!


アバター···チェンジ!」



超一龍!アチョォーーーー!!


オニシスター「えぇーっ!?まさか···マジ!?」

サルブラザー「何…!?」


「覚醒…!ドンドラゴクウ!!」


「筋骨隆々…ドンドラゴクウ!!」


CV:石川雷蔵

スーツアクター:伊藤茂騎岡田和也(ドントラボルトと並び立つ際の代役)




データ編集


概要編集

ドン15話より登場する本作追加戦士で、桃谷ジロウ龍虎之戟ドンドラゴクウアバタロウギアを装填してアバターチェンジする。

龍を彷彿とさせる金の装甲と赤い装飾を持ち、和風の要素が強いドンブラーズの初期メンバーと比べて中華要素が強いデザインとなっている。

また、暗所では装飾がネオンの様に赤く発光する等、変身者の性質を反映した派手な印象を与える。


名乗り口上は「筋骨隆々!ドンドラゴクウ!」となっている。これまでシアターGロッソショーでこの名乗りを披露した事はあったが、本編内ではドン37話ドン最終話の2回のみの名乗りとなった(他のメンバーはドン36話(※本物の犬塚翼/イヌブラザーを除く)や『新・初恋ヒーロー』で名乗りを披露する機会があったものの、ドンドラゴクウは諸々の事情によりタイミングを逃していた)。本編内以外では、暴太郎戦隊ドンブラザーズファイナルライブツアー2023でもこの名乗りを披露している。


戦闘スタイル編集

メイン武器である龍虎之戟を活かした棒術・槍術を得意とし、どんな強敵であろうと無謀にも近い怒涛の戦闘スタイルが特徴。

また、ジロウ自身の幼い頃からの鍛錬もあってか、単騎でもヒトツ鬼を圧倒する程の実力を秘めている。


この戦闘スタイルについては、番組公式サイトにて「カンフーはカンフーでも、◯ルース・リーより◯ャッキー・チェン寄り」と説明されている。


また、他のドンブラザーズからサングラスを奪い取り、目元に掲げる事で対応したメンバーにアバターチェンジする能力も披露したが、後にドンブラザーズは対応したサングラスを手に入れれば正規の所有者以外でもアバターチェンジが可能である事が判明したため、チェンジした事自体よりもサングラスを強制的に奪う能力と、それでチェンジが可能であるという知識を持っていた事が彼の特異性であると思われる。


フォームチェンジ編集

「アバタロウギア ドンドラゴクウアルター(ドンドラゴクウアルターギア)」と虎的盾鑼を使って召喚する小型ロボ。便宜上フォームチェンジとしたが姿が変わる訳では無い。


闇落ち状態となったジロウ、通称「闇ジロウ」が変身する銀の戦士。

闇ジロウはドンブラザーズメンバーにも容赦無い攻撃を仕掛ける凶暴な人格をしており、この形態は一種の暴走状態と言える。


暴太郎戦隊ドンブラザーズVS暴太郎戦隊ドンブリーズ』に登場する新形態。見た目はゴールドンモモタロウのプロテクターを装備しているが、変身にはオミコシフェニックスを用いず、丼(ドンブリ)フェニックスが変化したロボタロウギアで変身する。


ロボタロウ編集

桃谷ジロウが更なる姿が桃井タロウを超えるために手に入れた更なる姿。

ドンブラザーズの変身するロボタロウ形態とは違い、ジロウが2人に分裂し、2体のロボタロウになる


ドンロボゴクウ編集

ドンドラゴクウに変身した「桃井タロウを敬いすぎるジロウ」が変身するロボタロウ。


ドンロボボルト編集

ドントラボルトに変身した「桃井タロウを嫌いすぎるジロウ」が変身するロボタロウ。


アイテム編集

ドンドラゴクウへの変身に用いられる専用武器。

矛モードとアックスモードの2つの形態を備えている。


アルターチェンジや、レジェンド戦士へのアバターチェンジに用いられる、盾形の専用武器。


変身に使う為の歯車型キーアイテム。龍虎之戟にセットする事で変身する。

ドンドラゴクウへの変身用ギアの他にレジェンド戦隊への変身用ギアも持っているが、初期メンバー用のギアを彼が手にすると、描かれているイラストが追加戦士の物へ変化する。


本来の装備としては用いられていないが、他のドンブラザーズにアバターチェンジした際にこれを呼び出し、使用する事が出来る。


必殺技編集

  • ライトニングドラゴンフラッシュ

ドラゴン!奥義ィィ!


「ライトニングドラゴンフラッシュ!」


激龍之舞!ア〜〜タタタタタッ!!


…再见(ザイチェン)


龍虎之戟の柄部分のトリガーを長押しで発動。胸部のドラゴンの模様から現れた赤色のドラゴンのオーラで連続攻撃を加え、エネルギーを纏った刀身で一撃必殺の一突きを喰らわせる。

初登場のドン15話ではドンモモタロウの「桃代無敵・アバター乱舞」と同時発動し、激走鬼を撃破した。ドン25話でも使用。

ドン37話ではゴールドンモモタロウの「抱腹絶桃・フェスティバル縁弩」と同時発動した。

以降もドンドラゴクウまたはドントラボルトがゴールドンモモタロウと共にヒトツ鬼を撃破することが多い。



上記の必殺技発動時の音声の締めである「再见(ザイチェン)」は、中国語で「さらば」を意味する語句である。


余談編集

  • 見た目については、こちらも番組公式サイトにて「ドンドラゴクウは「西遊記孫悟空」モチーフでありつつ「ドラゴン」も取り入れたごちゃまぜ大陸仕様。さらにマスクのドラゴンから全身に流れる赤いラインは中華街のネオンライトをイメージしていたりともう何が何やら……」と紹介されている。
    • とは言え、スーパー戦隊シリーズにおける赤龍と孫悟空のダブルモチーフのキャラクターの先輩としては、『五星戦隊ダイレンジャー』の龍星王が居たりもする訳だが。

  • 中華要素の強めなドンドラゴクウの登場により、本作が日本の昔話のみならず、海外のそれもモチーフとして取り入れている事が改めて示される格好となった。実際に、企画考案段階のドンブラザーズのデザインの1つに西遊記』があった事も公式にて語られている。

  • 変身者のジロウの初登場回が「みがわりジロウ」のサブタイトルであった事から、ドンドラゴクウの名前には「身代わり、生贄等を意味する“人身御供(ひとみごくう)”が掛かっているのでは?」と予想するファンも一部で見られた。

  • 視聴者の中からは話の中心人物でありながら、師匠のお供である孫悟空をモチーフにしたのは追加戦士として面白いと言う感想も見られる。

関連タグ編集

暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドンブラザーズ

桃谷ジロウ ドンドラゴクウアルター

追加戦士 戦隊金銀


スーパー戦隊シリーズ歴代ゴールド

ツーカイザードンドラゴクウ→???


歴代追加戦士

ツーカイザードンドラゴクウ/ドントラボルトスパイダークモノス


  • 西遊記孫悟空:上述されている通り、元ネタ。
  • 二郎真君:こちらは西遊記にも出演している中国の神仙。名前がジロウと被っている事と、主な武器として大刀を扱い、孫悟空とも互角に戦った逸話を持つ。戟や斧を使う設定はこちらから取り入れたのかもしれない。

スーパー戦隊関連編集


その他編集

関連記事

親記事

桃谷ジロウ ももたにじろう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149273

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました