2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました。

詳細
目次[非表示]

アバターチェンジ!」
よぉ~っ!

ドン!ドン!ドン!ドンブラコ! 暴太郎~!
ウッキウキ!ウキウッキー!

サルブラザー!よっ、ムッキムキ!

オニシスター「えぇ~!?今度はゴリラ!?」
「ん?サルだよ。ニ~ホ~ンザ~ル!君は~……ウサギかな?」
オニシスター「どう見たらそう見えるのよ~!」

「浮世におさらば…サルブラザー!!」

CV:別府由来/山崎裕太(ドン21話)
スーツアクター:竹内康博蔦宗正人(未来)

概要

スーツカラーは青。
猿原真一が変身する桃太郎の猿をイメージした戦士で、腕はオオカミブルーの様に毛で覆われている。
5人中唯一肩アーマーが無く、羽織の意匠も胸部のみで他のメンバーより短いと、全体的に野生児染みたワイルドな雰囲気が強い。基本的に二本足で立った猿の様に手を曲げ、足を中腰にした体勢をする事が多い。
序列は基本2番目だが、初参戦したのはドン3話と劇中では初期メンバーの内最後である。

上述の台詞にある様にモチーフはニホンザル
ただし、体格はゴリラに近いマッシブな仕様(恐らく、変身者の聡明さ・博学さと、ゴリラの通称である「森の賢者」の両方に合わせている可能性がある他、同じ動物モチーフの2が揃って機動力に長けている為、その差別化も考えられる)で、アンダースーツにも筋肉の様な意匠があるが、だけはニホンザルの様に真っ赤なのが特徴的。この赤尻には何らかの意味があるらしい。
本来のモチーフがニホンザルなだけあって、鈍重そうな見た目とは裏腹に動きは俊敏で、劇中ではトリッキーでアクロバティックなアクションを披露している。

名乗り口上は「浮世におさらば、サルブラザー!」で2番目の名乗りとなっている。これは世と猿の鳴き声「ウッキッキ」を掛けたシャレであり、さらばで締めているのもとさらば(去る)を掛けたシャレ且つ彼の厭世家としての側面を表した物になっていると思われる。分かっていると思うが、別に30分前が嫌いという訳では無い。

猿原以前にもある人物が変身していた様である。
ドン43話では別次元の猿原真一が変身。基本は現代の姿と同一だがブーツのみ他の戦士同様細いものに変わっている。

固有技

  • パンチ(正式名称不明)
    • ドン37話にて使用。見た目は普通のパンチだが、命中したアノーニからは青い衝撃波が広がる。アノーニを撃破している為、恐らく威力はザングラソードの必殺技クラス。


  • ドンブラスターを用いた必殺技(正式名称不明)
パーリィーターイム!
いよぉぉ!どんぶらこぉ!
    • ドン46話にて使用。必殺技のシークエンスはドンモモタロウがドンブラスターで使用した「狂瀾怒桃(きょうらんどとう)・ブラストパーティー」と殆ど同じ。

パワーアップ


余談

  • 記念すべき劇中初変身の理由が「子供達が取れない所にあるボールをこっそり取ってあげる」と、そこまで類を見ない物であった為、一部には「初変身がソレ!?」ツッコむ人も。
    • しかし、理由は何であれ「感謝されずとも自分にしかできない方法で、誰かの為に変身し助けてあげた姿」に「変人だけど凄く好感が持てる」「数奇者の真一らしい初変身だと思う」と好意的な感想が多く、ツッコんだ人も所謂「ギャグに対するツッコミ」のようなもがほとんどで、只敵と戦うだけではなく、自ら進んで人を助けるその姿は正にヒーローである。
    • その後も、交通事故に遭いそうになった子連れの親子や子供を助ける為に変身する事が多く、変人である事が込みでも彼の好感度は視聴者からはかなり高い。


関連タグ

暴太郎戦隊ドンブラザーズ ドンブラザーズ
戦隊ブルー

スーパー戦隊シリーズ歴代ブルー
ゼンカイブルーンサルブラザートンボオージャー

ギンガブルー / ギンガリラブルーバスター / ゴリサキ・バナナ:こちらはゴリラだが、同じく青い猿モチーフ繋がり。ブルーバスターはスーツアクターも同じ。
ニンジャレッドシンケンイエロー:愛機が猿モチーフ。

最上蒼太 ボウケンブルー:『轟轟戦隊ボウケンジャー』における戦隊ブルーで、桃太郎に因んだ第36話猿役だった。こちらも変身後のスーツアクターが同じ。

ベンケイ魂:変身音声がムキムキ繋がり。

ウルトラマンタイタス:冷静でムキムキなヒーロー繋がり。

仮面ライダーライブ/仮面ライダーエビル仮面ライダータイクーンキュアスパイシー:同期のニチアサ作品における同じ2番目の戦士。

関連記事

親記事

猿原真一 さるはらしんいち

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 225992

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました