ピクシブ百科事典

黙ると死ぬベルト

だまるとしぬべると

うるさいくらいにしゃべり続けるベルト。主に仮面ライダーウィザードの「ウィザードライバー」を指した言葉だが、近年(平成二期)のベルトであれば全て該当しなくもない。
目次[非表示]

概要

しゃべる変身ベルト自体は『仮面ライダー555』のファイズドライバーが初出(CV:假野剛彦)(アギトのGX-05の音声や龍騎のバイザーにも小山剛志の音声ギミックはあるがベルトには付いていない)で、第一期平成ライダー中では変身ベルトの最多売り上げ数を誇った。以降、平成ライダーシリーズでは一部例外こそあるが変身ベルトの音声ギミックがほぼお約束となっていた。


仮面ライダーカブト』のゼクター「変身」「キャストオフ」「クロックアップ」「ライダーキック」などのたびにスラージ・ガジリアが音声を発する
仮面ライダー電王』のデンオウベルト「チャージアップ」「フルチャージ」などフリーエネルギーの充填状況を機械音声がアナウンス
仮面ライダーキバ』のキバットベルトベルトはともかく、変身アイテムは生きているモンスター(CV:杉田智和)。

当初はいかにも機械的かつシンプルなものがほとんどであったが、この音声で子どもの興味を引くというスタイルに味を占めたのか、『仮面ライダーディケイド』以降、変身ベルトの音声ギミックがよりインパクトのある凝ったものになってきた。

『仮面ライダーディケイド』のディケイドライバーマーク・大喜多陽気にカメンライドをアナウンス
仮面ライダーW』のダブルドライバー立木文彦メモリの名を叫ぶ(※1)
仮面ライダーOOO』のオーズドライバー串田アキラコンボ時に歌う(※2)
仮面ライダーフォーゼ』のフォーゼドライバースイッチの音声、「3・2・1」と変身をカウントダウンする(※3)
仮面ライダーウィザード』のウィザードライバーベルトが魔法の呪文を詠唱
仮面ライダー鎧武』の戦極ドライバー平床政治花道オンステージなどと開発者嗜好を反映した個性的なロックシード音声を述べる(※1)
仮面ライダードライブ』のドライブドライバーベルトに開発者の意志が搭載されており、クリス・ペプラーが喋る
仮面ライダーゴースト』のゴーストドライバーゴーストアイコン発動でラップ調m.c.A・Tリズムを刻む
仮面ライダーエグゼイド』のゲーマドライバー影山ヒロノブが変身するたびに仮面ライダーと名乗る(※1)「ガッチャーン」などの効果音も同様。
『仮面ライダーエグゼイド』のバグルドライバーⅡプレバン限定版では檀黎斗神がはっちゃけまくる。なお、こちらは黙ると死ぬベルトどころか死ぬと黙るベルトでもある。
仮面ライダービルド』のビルドドライバー(『ビルドライバー』ではない)小林克也ベストマッチの時に「イエーイ!」と叫ぶ
『仮面ライダービルド』のスクラッシュドライバー若本規夫「ブラァ!」強力若本全開
『仮面ライダービルド』のエボルドライバー金尾哲夫不敵に笑い、「チャオ!」と煽る
仮面ライダージオウ』のジクウドライバー小山力也大西洋平ライダータイムをお知らせ
『仮面ライダージオウ』のビヨンドライバーアフロ(MOROHA)某スマートフォンのCM風にフューチャータイムをお知らせ

※1:厳密に言えば喋るのはベルトではなくベルトにセットするアイテム。特にダブルドライバーはベルトそのものは音声を一切出さない。
※2:細かく言うと歌うのはオースキャナー。こちらもオーズドライバーは音声を一切出さない。
※3:音声と同時に映像演出にもこだわりが見られる。

上記の中でもウィザードライバーは、その極めつきとでも言うべき存在であった。
「変身時」や「フォームチェンジ時」に限らず、「待機中」や「武器との連動時」にもやたらやかましいを挟んでくるのだ。
詳細は該当記事参照。

歴代ライダーがこのような状況のため、『MOVIE大戦』などで各ライダーが同時変身したりすると非常にやかましいことになる。

本当の意味で黙らないベルト

魔法の呪文なため黙ると変身さえできなくなるウィザードライバーも含め、これまで「黙ると死ぬ」と称されてきたベルトのほとんどは音声がうるさいとはいえ、劇中設定でも録音された音声が流れているだけである。
(さらに言うと、ウィザードライバーとオースキャナー(+キバットベルト)以外はシステムの音声コール(トラックバックします右に曲がりますみたいなの)でしかない)
しかし、上述したように仮面ライダードライブの変身ベルト「ドライブドライバー」は、ベルトに意思が宿っておりマジで喋る。通称ベルトさん。口出しも少なくなく、真の意味で黙らないベルトと言えるだろう。
なお、ベルトさんの人格の元となった人物既に死んでいるが気にするな!(むしろ死んでなお黙ってないベルトとでも言うべきか?)

キバットバットⅢ世


意思があり話すことのできるベルトの先輩としては仮面ライダーキバのキバットベルトがあるが、話す部分であるキバットバットⅢ世は独立した一匹のモンスターであり、ベルトとは別の存在のため(キバット族にとってキバットベルトはただの止まり木でしかない)、黙ると死ぬベルトには含まれない場合もある。

余談

喋る○○の増加

平成二期以降になると、主役ライダーのベルト以外もやかましく喋るようになった。
オーズの武器であるメダガブリューや、2号ライダーである仮面ライダーメテオ仮面ライダービーストのベルトなどが該当する。

またスーパー戦隊シリーズでも『ゴセイジャー』の頃からは変身アイテムに、『キョウリュウジャー』からはロボットの合体ギミックにほぼ恒例で音声ギミックが採用されているので、『スーパー戦隊祭』などで複数チーム同時変身なんかした場合も当然やかましいことになる(こっちは横一列に並んで一斉変身→背後で大爆発の流れが定番化している)。
そんな彼らがライダー共々入り乱れる『スーパーヒーロー大戦』シリーズではもはや言うに及ばずである。

さらに、ライダーほど極端ではないがウルトラマンのアイテムも『ウルトラマンギンガ』以降喋るようになった。
プリキュアも『ハピネスチャージプリキュア!』で喋りがうるさかったことがある(プリキュアは初代作『ふたりはプリキュア』から現在に至るまでキャラクターのボイスが玩具に収録されているため、そういう意味では最初からうるさいと言ってもいい)。

音声ギミックに関する考察

音声ギミックが玩具に搭載されるようになったのはおおよそ『龍騎』(前述の通りバイザーのみ。ベルトは喋らない)辺りの頃で、モーター付きの玩具に一時的に規制がかかった時期であった。その後モーター付きのニチアサ男児玩具はライダー以外ではスーパー戦隊シリーズの大型玩具に時折走行ギミックが採用されている他、『ゲキレンジャー』では胴体が回転するものも発売されている。ただしロボット玩具の話であり、巨大ロボットや秘密基地が登場しない『仮面ライダーシリーズ』でモーター付き玩具は少数派である(ライダーマシンラジコンが存在するぐらい)。逆に言えば戦隊玩具でも変身アイテム等にはモーター付き玩具は存在しない。

関連タグ

ウィザードライバー キバットバットⅢ世 戦極ドライバー
ドライブドライバー/ベルトさん
変身ベルト 黙ると死ぬ男
歌は気にするな 私の趣味だ

蛮野天十郎/ゴルドドライブ:視聴者からの評価が黙って死ねベルト
カイザギア変身すると死ぬベルト
ゴーストドライバー死んだことがあると変身できるベルト
ファイズドライバー一度死ぬと変身できるベルト

関連記事

親記事

変身ベルト へんしんべると

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黙ると死ぬベルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145113

コメント