ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

紅渡が仮面ライダーキバに変身する際に使用する変身ベルト
ベルトそのままの状態の名称はキバックルといい、これにキバットバットⅢ世が付いた状態になって初めてキバットベルトと呼ばれる、キバットの止まり木である。
渡が変身を決意するといくつもの鎖が絡み合うようにして腹部に出現。左右のフィッティングウインチが渡の腰に装着され、中央の止まり木パワールーストにキバットがぶら下がることで変身する。

左右にはフエッスルをストックするフエスロットが装備されている。ベルト中央のマジックサークルはキバットの体をしっかり固定すると同時にキバットが得たモンスターの力を伝達する。

ちなみにテレビ本編と玩具版では「ウェイクアップ」の音声が異なるが、これはキバット役の杉田智和氏による音声収録が放映前に行われていたためである。映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』では玩具版の音声が使われている。

COMPLETE SELECTION MODIFICATION版

2019年12月6日にCMS第25弾として発表され、CSM第26弾のタツロットとの同時予約開始となった。DXやプロップ版であった開口用のボタンが目立たない造りになっている。この開口用のボタンは90°回転出来る様になっており、DX版やプロップ版の擬似的な際限が可能。変身音声は基本・派生から最強フォームであるエンペラーフォーム、更には飛翔態ドガバキエンペラーフォームまで完全再現可能である。ただし、武器はCSM化されなかった為、ガルルバッシャードッガの3形態はフォームチェンジ後にキバットの噛み付きボタンを押すことにより発動可能。ドガバキフォームは、変身モードがあり、そこからガルル・バッシャー・ドッガのフエッスルを順番に吹かせる事により変身可能。
また、キバフォームと飛ばしてからガルルフォームへの変身等も再現されており、劇中では行ってなかったいきなりバッシャー、ドッガへの変身も可能になっている。
モードチェンジにより、風邪気味の状態やキバットバットⅣ世の再現も可能。
このCSMの最大の特徴として音声認識により会話を再現可能無線「送受信」によるタツロットとの連動加速度センサーによる羽ばたきの再現等が挙げられている。
こちらだけでも遊び応えはあるのだが、エンペラーフォームや飛翔態等はタツロットが無いと再現出来ない為、やはりタツロットとセットで完成されると言っても過言では無いだろう。
因みに、キバット演じる杉田智和氏の収録はこの手の収録では珍しく2回にも渡ったとの事。

関連項目

仮面ライダーキバ

デンオウベルトキバットベルトディケイドライバー

関連記事

親記事

キバットバットⅢ世 きばっとばっとさんせい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キバットベルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4580

コメント