ピクシブ百科事典

キバフォーム

きばふぉーむ

仮面ライダーキバの基本形態。
目次[非表示]

詳細

紅渡キバットバットⅢ世に左のを噛んでもらい、魔皇力というエネルギーを体内に注入してキバのを纏い変身した姿。常人の数十倍から数百倍もの身体能力を有する(ハイパーバトルビデオでの解説)。
キバの最終形態・エンペラーフォームの強大な力を拘束具カテナで程良く抑え込んでおり、特に右脚は拘束が厳重に成されている。
手持ちの武器は使用せず、至近距離まで迫ったボウガンを打ち払えるほどの小回りを活かした徒手空拳で闘う。劇中での連続パンチの奇襲は後のゲーム作品でもばっちり再現されている。モチーフがコウモリの為か身体上下逆さまになった状態での戦闘も行える。カテナで重いせいか、平成ライダー基本フォームの中では最も走力が遅い設定であるが、劇中では逃げた敵を追う等でとにかく走るシーンが多かった。

外見

身体のメインカラーはで、つり上がった複眼黄色。頭部にはジャック・オ・ランタンもモチーフに使用されているらしい。
必殺技を放つ時は右脚のカテナが解除され、赤い翼と緑の魔皇石(翼も含めた通称は『ヘルズゲート』と呼ばれる)が出現する。

ダークネスムーンブレイク

キバットが「ウェイクアップ!」とコールしてウェイクアップフエッスルを吹き、右脚のカテナを解除する事で空高く跳び上がり、飛び蹴りを放つ。この時、三日月になる。敵に当たるとその場所にキバの紋章が刻まれる。

余談

平成ライダーでは珍しい、「本来の姿である最終形態の力を抑制した」基本形態である。
仮面ライダーディケイドでは「キバの世界」の住人でファンガイア王子ワタルも変身する。こちらは「ライダー大戦の世界」で仮面ライダーブレイドとの戦闘時にザンバットソードを使用していた。
ディケイドも「龍騎の世界」で変身して同じコウモリモチーフの仮面ライダーナイトと戦った。

関連タグ

仮面ライダーキバ 紅渡 キバットバットⅢ世 ディケイドキバ
ガルルフォーム バッシャーフォーム ドッガフォーム ドガバキフォーム エンペラーフォーム キバアロー

pixivに投稿された作品 pixivで「キバフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95414

コメント