ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ライドロン

らいどろん

ライドロンとは、特撮テレビドラマ『仮面ライダーBLACK RX』に登場するマシンの一つ。
目次 [非表示]

「RXあるところ、ライドロンとアクロバッターあり」


概要

仮面ライダーBLACK RXの専用マシンの一つである、特殊四輪装甲車。「光の車」「重装騎マシン」の異名を持つ。

赤を基調としたカラーリングと、搭乗者であるRXを思わせる複眼のようなキャノピーや触角のようなアンテナ、車体中央を走るように配されたパイルエッジ(後述)など数々の特徴的な要素を持ち合わせている。


ライドロンは、RXこと南光太郎が第3話で怪魔界へと飛ばされた際、そこで出会ったワールド博士に託された設計図を元に作り上げたもので、第4話にて車体自体は完成したものの起動には至らず、かつてゴルゴムクジラ怪人が、仮面ライダーBLACKだった頃の光太郎の命を救った「聖なる海の洞窟」へと運び込み、そこで生命のエキスを得たことでようやく起動したという経緯を持つ。


仮面ライダーシリーズとしては初となる、自動車(四輪車)をモチーフとしたライダーマシンであり、従来のライダーマシンとは異なる方向性を目指した結果の産物である。登場当初は「ライダー」なのに車に乗っていいのか?ファンの間で物議を醸したこともあるが、主にライドロンは戦場からの離脱、それに怪魔界からの帰還時等、どちらかと言えばサポート的な用途で使われており、あくまで作中におけるアクションの主体はバイクである。


機能

最高出力2000馬力・最高速度1500㎞/hマッハ1.2)というずば抜けたスペックの持ち主であり、全ライダーマシンの中でもガジェットパーツなしの状態で最速(※1)を叩き出す、規格外のマシンでもある。この高スピードぶりを活かした、「ライディングアロー」と呼ばれる体当たり技も有する。

その活動可能な範囲は、地上のみならず水上・水中・地中にまで及び、水中移動の際には車体後部に備わった4基の「スペクトラムスクリュー」や車体前部の超強力ライト「ビームサーチャー」が、水上走行の際には底部の「ホバーラスター」がそれぞれ活用される。

のみならず、作中では地球と怪魔界を行き来したこともあるほか、映画『仮面ライダー世界に駆ける』ではなんと過去の世界にRXと共にタイムスリップし、BLACKへと退化した光太郎を救うなど、次元や時間さえも超えるほどの機動力を発揮したことさえある。


ボディはハイドロジルコンと呼ばれる特殊素材製で、バリアを発生させ外部からのあらゆる攻撃を遮断する効果を持つ。ドアは所謂バーチカルドア(車体に対して垂直に跳ね上げるタイプのドア)となっており、開閉の際にはキャノピーも含めて大きく前方へ展開する。具体的な搭乗可能人数については言及されていないが、作中での描写を見る限りでは少なく見積もっても5~6人ほどが一度に搭乗した(※2)こともあり、その内部スペースは見た目以上に広く確保されているものと見られる。

主だった装備として、車体前部には標的の捕縛などに用いられる展開式の顎「グランチャー」、車体上部に「パイルエッジ」という鋸状の突起を備え、これらは地中を進む際の掘削機や戦闘時の武器としても活用される。またこれ以外にも、サーチ機能や熱センサーが完備されている。


さらなる特徴として、アクロバッターのように元からの生命体ではないにもかかわらず、独立した意志を持ち、自己の判断で行動や他者との意思疎通が可能であるという点が挙げられる。これは前述した起動の経緯に起因したものでもあり、車体に備わった人工頭脳「ライドマインド」が思考や意思疎通を司っている。

平時はアクロバッターと共にとある廃工場の内部にて待機しているが、上記の特性によりRXからのコールに応じてどこへでも駆けつけ、彼をサポートすることができるようになっている。


(※1 ガジェット付で最速を記録するライダーマシンとしては、『仮面ライダーキバ』に登場するブロンブースターが挙げられ、こちらは最速で1550km/hにまで達する)

(※2 TVシリーズ第17話より。この時はRXの他にも霞のジョー、佐原兄妹、それにクライシスによって拉致された少女達が搭乗し、怪魔界から地球へと帰還している)


立体物

  • DXポピニカ
  • プラデラ

いずれも放送当時発売されたもので、DXポピニカ版はスイッチ操作によるドアやグランチャーの開閉、付属のフィギュアの搭乗といったギミックや、ボディにダイキャストを使用した精密な造形が売りとなっている。後者はライト&サウンドギミックを搭載し、さらに別売のアクロバッターに付属のRXフィギュアとの連動も考慮した作りとされている。


S.Hfiguartsシリーズ

2015年発売。上記の当時品以上に作中イメージを忠実に再現した造形や、各種ギミックが搭載されており、同シリーズのBLACK RX(別売)を搭乗させることも可能であるが、フィギュア搭乗の都合上RXとの対比は作中とは若干異なる(RXに対してライドロンがやや大きめに造形されている)ものとなっている。


ガシャポンシフトカープレミアム シグナルレジェンドバイクセットGP2

2015年発売。同セットの中では唯一のシフトカーであるが、通常のシフトカーとは異なりリボルビングストラクチャーは採用されておらず、どちらかといえばバイラルコア寄りの機構となっている。


備考

ベース車両には、マツダサバンナRX-7の初代SA22C型(※3)が使用されている。デザインは石ノ森章太郎による原案をバンダイ側で清書したもので、『海底二万里』に登場するノーチラス号がデザインイメージとされている。


ファンの間で囁かれている噂話として、「撮影途中の事故で実車両が炎上した」というものがある。これは炎上する瓦礫を突破するシーンの撮影の際、その瓦礫の火が引火したことによるものとされ、少なくとも2001年頃にはそうした噂がネット上でも囁かれていたことが確認されている。事の真偽は2023年現在も定かではないが、いずれにせよ実車両が現存していないのは確かであり、2015年公開の映画『スーパーヒーロー大戦GP』に登場した際も、フルCGによる描写とされている。

同様にファンの間での噂話の一つとして、「ライドロンの製作に当たっては前作に登場したバイク・ロードセクターのパーツが使われている」といったものもある。これについては公式に否定されており、放送終了後に『宇宙船』編集部が読者からの質問を受けて東映に質問した際、「ロードセクターは光太郎が持ち主である大門明(開発者である大門洋一の息子)へと返却した設定となっている」という回答があったことが、同誌上にて明らかにされている。


(※3 『仮面ライダー画報』のように、ベース車両についてはRX-7の二代目FC3Sとする資料も存在する)


関連タグ

仮面ライダーBLACKRX

アクロバッター 仮面ドライバー

乗用車 RX-7


仮面ライダードライブ平成仮面ライダーシリーズの一作。同作の主人公ライダーであるドライブも、専用のライダーマシンとして自動車型のトライドロンを所有することで話題を呼んだ他、前出の『スーパーヒーロー大戦GP』ではマシンともども共演を果たしている

フライングライドロン:『ウルトラマンタロウ』の登場怪獣の一体。OPテロップでは「鳥怪獣ライドロン」と表示されており、また同作の主人公の名前も光太郎であるという繋がりを持つ

関連記事

親記事

BLACKRX かめんらいだーぶらっくあーるえっくす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 247368

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました