ピクシブ百科事典

ライドロン

ひかりのくるま

ライドロンとは、特撮番組『仮面ライダーBLACK RX』に登場するメカ。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーBLACKRX / 南光太郎が怪魔界で出会ったワールド博士に託された設計図から作り上げたマシンで、通称「光の車」「重装騎マシン」とも呼ばれる。ベース車両はマツダRX-7の初代SA22C型。RXだけに。

怪魔界より帰還した光太郎は設計図を基にライドロンの車体を組み上げるが起動せず、かつてゴルゴムクジラ怪人仮面ライダーBLACKの命を救った「聖なる海の洞窟」へと運び生命のエキスを得たことで起動を果たす。

スペック

アクロバッターと同じく自分の意志を持ちライダーと会話もできる上にRXが呼べばどこからでも駆け付けるという超お利口さん仕様。

ボディはハイドロジルコンと呼ばれる特殊素材製で、車体前部にはグランチャーという展開式の顎、車体上部にパイルエッジという鋸状の突起を備え、地中を進む際の掘削機や戦闘時の武器として活用し、ライディングアローと呼ばれる体当たり技も有する。

車体後部にあるスペクトラムスクリューや底部のホバースラスターにより地上だけでなく水上・水中・地中の走行も可能とし、更には地球と怪魔界を行き来する能力をも有する。また、映画『仮面ライダー世界に駆ける』では過去にタイムスリップし、BLACKへと退化した光太郎を救うためにRXと共に時間逆行している。

ファンの間では前作に登場したバイク・ロードセクターのパーツが使われていると噂されているが、ロードセクターは製作者の大門洋一の息子へと返却されたというのが公式設定となっている。

最高出力2000馬力・最高速度1500㎞/hマッハ1.2!)というずば抜けたスペックであり、全ライダーマシンの中でもガジェットパーツなしでは最速を誇る(ガジェット付で最速なのは仮面ライダーキバの愛機ブロンブースターの1550km/h)。

余談

登場当初は『「ライダー」なのに車に乗っていいのか?』と物議を醸したが、主にライドロンは戦場からの離脱などのサポートに用いられており、あくまでアクションの主体はバイクである。まあ、後には電車重機に乗るライダーも出てくるしね。

2014年に放送された『仮面ライダードライブ』は主人公がバイクではなく車を運転するということで話題となり、奇しくも彼が搭乗するマシンはライドロンとよく似た名前だった。

トの違い



その後公開された『スーパーヒーロー大戦GP』では、ライダーグランプリにライドロンが飛び入り参加。魔進チェイサーの妨害を受けていた仮面ライダードライブを助ける活躍をし、無事(?)後輩車であるトライドロンとの共演を果たした。なお、撮影に使用された車両は現存していないため、劇中のライドロンはフルCGで描写された。

関連項目

仮面ライダーBLACKRX 仮面ドライバー アクロバッター 乗用車

フライングライドロン:『ウルトラマンタロウ』の登場怪獣。OPテロップでは「鳥怪獣ライドロン」と表示されていた。ある意味で光太郎繋がり。

pixivに投稿された作品 pixivで「ライドロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108430

コメント