ピクシブ百科事典

目次[非表示]

人が鍛えし始まりの聖剣に、火を灯さんとする者現れし時、星を結びて力を束ね、物語を終焉へと導く聖剣が生まれる

聖刃抜刀!

『刃王剣十聖刃!』

概要

仮面ライダーセイバー』に登場する伝説の聖剣
聖剣ソードライバーに納刀した状態で、ブレイブドラゴンワンダーライドブックをドライバーにセットし抜刀することで、所有者を新たな剣士である仮面ライダークロスセイバーへ変身させる。

仮面ライダークロスセイバー


真の力を発揮した火炎剣烈火を中心に、11の聖剣全ての力を集約することで誕生した全知の聖剣。
大秦寺の一族に伝わる、烈火の伝説の果てに位置する「物語を終焉に導く伝説の剣」と同一のものである。
全てを創造する力を備えており、消滅した存在を巻き戻したり世界の崩壊を阻止することができる。

刀身に無銘剣虚無を除く10本の聖剣、すなわち火炎剣烈火水勢剣流水雷鳴剣黄雷土豪剣激土風双剣翠風音銃剣錫音闇黒剣月闇光剛剣最光煙叡剣狼煙時国剣界時の力を宿しており、さながら武器てんこ盛りフォームである。

また、他の聖剣のエンブレムには基本使用ライダーのライダーズクレストが描かれているが、クロスセイバーのエンブレムは太陽のような形状をしておりクレストは描かれていない。

聖剣の力を引き出す事に特化している為か、ワンダーライドブックを読み込む「シンガンリーダー」は備わっていない。

機能

刀身部分の「ダイナストアーカイブ」には三つのサークル状の造形があり、切っ先から順に闇・光・煙・時、土・風・音、炎・水・雷の属性を宿している。
柄部分の太陽型パーツ「グレートサークロス」をスライドさせてサークルに合わせ、トリガーを引く事で属性毎に対応した聖剣の名がコールされ(トリガーを押す回数で聖剣を選択する)、元の位置に戻すと「既読!」と流れて記憶される。
その状態でトリガーを引く事で「(聖剣名)クロス斬り!」と流れて必殺技が発動。
複数の聖剣の力を使うには同じ要領で読み込み→スライドを繰り返す必要がある。

更にエンブレムを押しこむ事で「刃王必殺リード!」と流れて待機状態に入り、エンブレムをスライドさせる毎に「既読三聖剣!」「既読六聖剣!」「既読十聖剣!」と聖剣の力が読み込まれ、エンブレムを戻す事で解放される。
この状態でトリガーを引くことで、選択した聖剣の数に応じてそれぞれ「星烈斬」「刃王星烈斬」「刃王クロス星烈斬」が発動する。

これにより対応する聖剣を召喚し、クロスセイバーの動きに連動して動かす事で様々な攻撃を行う。他の剣士に召喚した聖剣を渡し攻撃力の底上げと言ったサポートも可能。

無銘剣虚無を使うことはできないが、代わりに解放された力の余剰分を無に帰す機能がエンブレムに備わっており、これにより銀河のバランスを保つ役割を受け持っている。

また、「ダイナストアーカイブ」に刻まれた無数の文字を解読すると水星から海王星までの英語表記が順番に書かれており、「グレートサークロス」を俯瞰すると全体的な造形は太陽系を模していることが判る。

第46章にてワンダーワールドの消滅を阻害するため飛羽真自身によって投擲され、その後は巨大化した状態で新たなワンダーワールドに突き刺さっている。

『ファイナルステージ』では最終章にて新たなワンダーワールドの守護者となった刃王剣十聖刃だが、飛羽真の想いに呼応して飛来した。

ビヨンド・ジェネレーションズ』では、ソードオブロゴスの剣士や仮面ライダーリバイスライダーの想いから最終決戦の場に飛来する。

玩具版

DX玩具として「DX刃王剣クロスセイバー」表記で商品化。
商品化した聖剣で唯一名称に片仮名が使われており、「クロスセイバー」の部分へ「十聖刃」という振り仮名が振られている、つまり片仮名に漢字の振り仮名が振られていると言う奇妙な表記がなされている。

詳細は刃王剣クロスセイバーを参照。

余談

  • 英語表記は「CROSS SABER」ではなく「XROSS SABER」。漢字表記の「十(10)」とギリシャ数字の「X(10)」をかけた秀逸なネーミングである。


  • 最強フォーム専用の武器が出るのは仮面ライダーウィザードインフィニティースタイルの武器であるアックスカリバー以来8年ぶりである。そもそも、最終フォームの専用武器が途絶えた理由は、「最終フォームの登場時期は次回作の発表時期と被るため、専用武器を登場させても売れない」というものだったため、今回の刃王剣十聖刃の登場は、「変身アイテム=武器」という聖剣の特徴があってこそ実現したものなのである。

  • 10本の聖剣の力をミックスして放つ必殺技の刃王クロス星烈は聖剣を星に見立てて、グランドクロスを表している物だと思われる。

  • 全知全能の書の復活の儀式が完全だった場合に誕生する聖剣と同一かは不明。共通するのは全ての聖剣を必要とする点位。
    • しかし、第38章でのクロスセイバーを呼び出した際の演出が全知全能の書の復活の儀式での聖剣の配置と一致した為、このクロスセイバーが儀式が完全だった際に誕生していた聖剣だった模様。
    • 第39章では同一の聖剣であることがマスターロゴスによって示唆された。

  • この剣の誕生は飛羽真たち剣士の努力と絆による奇跡の産物であることは間違いない。しかしそれすらも全知全能の書に書かれた筋書き通りである。歴史に一度も現れたことがないのに誕生の伝説は語り継がれているという奇妙な状態だったのがそれを裏付けている。
    • 伝説にある「物語を終焉へと導く」とは「この剣で悪役を打倒し物語が終わる」ではなく「この剣の登場によって物語はクライマックスを迎える」という意味合いだと推測される(物語上の役割としてはマクガフィン)。実際に、真の物語の結末で飛羽真が握っていたのはこちらではなく火炎剣烈火だった。

  • 太陽の意匠が施されたこちらに対し月光雷鳴剣黄雷は三日月の意匠が施されており、対になっている。

関連タグ

仮面ライダーセイバー セイバー(仮面ライダー) 仮面ライダークロスセイバー
ブレイブドラゴン ワンダーライドブック
聖剣(仮面ライダーセイバー)
ライダーウェポン
全属性
???

ワンダーオールマイティワンダーライドブック:最終章に登場するワンダーライドブック。こちらは「全てのワンダーライドブックの力を結集したワンダーライドブック」であり、「全ての聖剣の力を結集した聖剣」刃王剣十聖刃であるとは対の関係であると言える。

オムニフォースワンダーライドブック:こちらは全知全能の書の力の一端であるワンダーライドブック。対して、クロスセイバーは「全知を司る剣」と呼ばれている。上記の儀式のことを踏まえると刃王剣十聖刃とオムニフォースワンダーライドブックはセットであった可能性が高い。

ザンバットソード:スライドするギミックが共通しているライダーウェポン

ライドヘイセイバー:「セイバー」と名の付く、様々な力をミックスして攻撃するライダーウェポン

エクストリームメモリ:英語表記がXに変更されている強化変身のキーアイテム。
本来は「EXTREME」の所が「XTREME」になっている。

アームドセイバー:最強フォーム変身アイテム兼武器である刀剣。
こちらの漢字表記は「装甲声刃」。

最果てにて輝ける槍別作品の聖槍。最終回の刃王剣十聖刃と同じく幻想世界を現実世界に侵出させないよう繋ぎ止める役割を果たしている。

ゼンカイジュウギアトロピカルハートドレッサー&ランドハートクルリング&マリンハートクルリングニチアサアイテム。

主役ライダー最強フォーム変身アイテム
飛電ゼロツードライバー/ゼロツープログライズキー刃王剣十聖刃

主役ライダー最強フォーム武器
平成ライダー
アックスカリバー

令和ライダー
刃王剣十聖刃

仮面ライダーセイバーに登場する聖剣一覧

火炎剣烈火水勢剣流水雷鳴剣黄雷
土豪剣激土風双剣翠風音銃剣錫音
闇黒剣月闇光剛剣最光煙叡剣狼煙
時国剣界時無銘剣虚無刃王剣十聖刃
月光雷鳴剣黄雷

関連記事

親記事

聖剣ソードライバー せいけんそーどらいばー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「刃王剣十聖刃」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「刃王剣十聖刃」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 163656

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました