ピクシブ百科事典

谷千明

たにちあき

谷千明とは、『侍戦隊シンケンジャー』の登場人物。シンケングリーンに変身する。
目次[非表示]

「絶対あいつを越えてやる」

演:鈴木勝吾

人物

木のモヂカラを使う侍。使用する折神は、熊折神、兜折神。
メンバーの中では一番の現代っ子。今時の若者らしく、既存の型に囚われない自由奔放な戦いを得意とする。
高校の卒業目前にシンケンジャーとして召集されたため、卒業式には出席していない。
日頃は白石茉子と共に天然ボケ池波流ノ介花織ことはツッコミ役を担う。
ゲームが好きらしく、作中ではアーケードゲームの他、PSPで「ナムコミュージアム」のパックマンをプレイしていたり、ショドウフォンに内蔵されているゲームも楽しんだりしていた。

初期はメンバー5人の中で一段腕が落ちるのを自覚しつつも、時代錯誤な殿と家臣という体制に反発し、修行も真面目な態度では行わなかったため、日下部彦馬からはしょっちゅう雷を落とされていた。(そのため、最終的には何とかなったものの、自分の偽物になれるアヤカシが出現しメンバーに悪質な振る舞いや悪戯をしかけ冤罪を着せられた際は、頭ごなしに決めつけられていた事もあった。)
しかし、志葉丈瑠の日々の修行に裏打ちされた自信と力を目の当たりにし、いつか越えることを目標に彼の元で共に戦うことを決意する。それ以降は、不真面目な言動を見せつつも、陰で鍛錬を重ねる事を忘れない努力家になった。また、発想の柔軟性もメンバーでもトップクラスでアヤカシの特性を逆に利用して逆転勝利を収める、敵の目論見に一早く気付いて対策を立てて実行したりと、この点は丈瑠を含むメンバーから一目置かれている。

母親を幼少期に亡くしたことから、父・蔵人からあまり厳しく育てられなかった(父から「お前の代に外道衆復活は無い」と言われていた)こともあり侮っていたが、ある一件で父が魅せた剣技を目の当たりにし、今まで見てきた父の剣を分かっていなかったと感じ、超えるべき目標として見るようになった。「千明」という名前は彼から明るい子に育つように名付けられたもの。陽の光を浴びて育つ「木」の属性の戦士にぴったりなネーミングと言える。

血祭ドウコクを倒した後は、大学入学に向けて浪人中。そして去り際に丈瑠へ「次に会うのはお前を超えた時だ!」と言い残した。
天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー」では腰巻きに結んで着けてた。

その後の登場

199ヒーロー大決戦』で力を失った状態で登場して以来、その行方は不明だったが、12年ぶりに『スーパーヒーロー戦記』に再登場。
南総里見八犬伝の世界でキラメイブルー/押切時雨と生身で激戦を繰り広げたがジュランに仲裁され、揃って八剣士に選抜される。

関連イラスト

熱き深緑
シンケングリーン


谷千明君(*´∀`*)
シンケン!



関連タグ

侍戦隊シンケンジャー シンケングリーン
志葉丈瑠 池波流ノ介 白石茉子 花織ことは 梅盛源太

戦隊グリーン
城範人谷千明ドン・ドッゴイヤー

関連記事

親記事

シンケンジャー しんけんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「谷千明」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1269675

コメント