ピクシブ百科事典

ロクロネリ

ろくろねり

『侍戦隊シンケンジャー』に登場する敵・アヤカシの1体である。
目次[非表示]

「グワーッハッハッハァ!荒れてるなァ御大将!!」
お前など御大将の引き立てが無ければ、とっくに賽の河原で野垂れ死んでおるわ」
CV:長嶝高士

データ

【身長】一の目・204㎝→二の目・51.0m
【体重】一の目・89㎏→二の目・22.3t

概要

陶器のような、握り潰された土塊のような姿を持つアヤカシ。『土転び』のルーツとされている。
手で捏ねられた指の跡が随所に残った歪な形で焼成された、緑色の人型の陶器と言うべき外見であり、頭部と腰にもそれぞれ自身を捏ねて握り潰すような茶色い左手と右手の意匠がある。
また自身の両腕も一の腕の部分が茶色くなっているが、長さは左右非対称で左腕の方が長い。

他のアヤカシと違って武具はないが、代わりに自身の腕を自在に伸ばす能力を利用し、まるで巨大なミミズの様に自らの腕を地中から這わせる技「かいなのばし」を使う。
この技で逃げる人々を態々追い掛けて襲っては大喜びし、自身の技に絶対の自信を持っているまさに「腕自慢」。また土くれのような格好通りというべきか、戦闘では口から泥の塊を吐いて攻撃する事も。

性格は豪快で、アヤカシには珍しく血祭ドウコクへの忠誠も厚いが、はぐれ外道である薄皮太夫の事は頭から毛嫌いしており、会えば互いに罵り合って一触即発の状態になる程険悪な間柄。
「相変わらずの姫様ぶり」という辺り、ドウコクに重用されて一段上の地位にいることが気に入らないのだろう。

劇中での活躍

六門船に呼ばれて姿を現すと、ロクロネリは早くも太夫と言い合いになる。
上記の台詞を言い放って罵倒すれば、対する太夫も「本当ならお前のような卑しい奴が、わちきの前に立てるハズも無い」と反論、ロクロネリの方も「相変わらずの姫様ぶり…哀れなものだな」と皮肉で応酬し、その場に一触即発の空気が流れる。見かねたドウコクが仲裁に入り、改めて人間界を荒らす様に命じた為、ロクロネリは出撃するのだった。

その後、三途の川を増水させる為にこの世に侵攻すると、「かいなのばし」で人々を襲って傷付けていく。
その場に友人と居合わせた千明丈瑠に自身の腕を認めさせるべくシンケングリーンに変身して立ち向かうが、ロクロネリは「かいなのばし」による変幻自在の不意打ち攻撃でグリーンを叩きのめし、その場にいた千明の友人にも重傷を負わせてしまう。
そこへ丈瑠達4人が駆け付けると、「かいなのばし」に苦戦しつつも千明の友人達一般人を救助。そしてブルーの張った水の幕による目眩ましを受けて5人が退却すると同時に、自身も水切れの為にその場は止むを得ず撤退した。

その後友人が入院したと知り、自身の力不足を認識した千明。だが丈瑠はそれを「違う!」と否定した上で「お前が友達と会ったせいだ」と断じる。そして「いいか…過去を捨てるのは、家族とか友達を巻き込まないためだ 俺たちに関わらせないためなんだよ…!! そんな事も分からないでお前は友達を危険に晒したんだ……!!!」と叱責。力不足どころか、自身の士道不覚悟を改めて思い知らされる千明に、丈瑠は更に追い打ちを掛ける様に厳しい最後通告を突き付ける。

丈瑠「千明…明日までにあのアヤカシの技を破れるようになれ できなきゃショドウフォンは返せ! …俺たちより一段落ちてるくらいだったら我慢できるんだけどな、数段落ちてるんじゃ話にならないんだよ!! ……侍辞めろ」

屋敷を出て行った千明は「外道衆を倒すまでは友人とは会わない」覚悟を決めながらも、漫画喫茶の個室に籠ってゲームをやりながら丈瑠の言葉を反芻して悔しさを募らせる。
その上でロクロネリの「かいなのばし」を破るにはどうしたら良いのか考えていた所、偶然画面に映った『パックマン』からヒントを得るのだった。

後日、再びこの世に姿を現したロクロネリに対し、駆け付けたシンケンジャーは4人だけ。1人足りない事をロクロネリが指摘すると、直ぐに遅れて千明が登場し、シンケングリーンに変身する。
ナナシ連中を他の4人に任せて単身ロクロネリに挑むグリーンは、相手に対して「かいなのばし」を使って来る様に挑発。
ロクロネリもその気になって腕を伸ばして仕掛けて来るが、パックマンから得たヒントを元にグリーンは、なんと街中を縦横無尽に駆け回りながら腕の攻撃を避けまくる。そして柱の多く立つ建物の中をジグザグに走り回り、自身を追い掛けて来るロクロネリの腕を絡ませ、身動きを取れなくしたのだ。

グリーンの対抗案に嵌まり、両腕が絡まって動けなくなったロクロネリに対し、街を一周して来たグリーンはそのまま背後かトドメを刺そうとするが、対するロクロネリは尚も腕を伸ばしてグリーンを攻撃しようとする。然し其処へレッドが間に入った為、辛くも難を逃れたグリーンは、両腕がレッドに集中している隙を突いてロクロネリの懐に飛び込む。慌てて腕を戻そうとするロクロネリだったが、腕が何本もの柱に絡まって戻らず、そのままシンケンマル木枯らしの舞を受け倒される。

その直後、二の目となって巨大化すると、シンケンオーに対して自慢の「かいなのばし」を繰り出し攻撃を仕掛けるも、攻撃する際の殺気を感知された為に両腕を切断され、無力化された所に止めのダイシンケン侍斬りを喰らい爆散した。
 
ロクロネリを撃破した後千明は「丈瑠… いや、殿様!これからも一緒に戦わせてくれ!!」と共に戦い抜く覚悟を伝え、丈瑠も「誰も"やめさせる"なんて言ってない」と応え無事に仲直り。
そして「自身の強引な作戦が成功したのは、攻撃を読んだ丈瑠がロクロネリの気を逸らさせたおかげ」…つまり一人で勝てたわけではないと理解した千明は「絶対にアイツを越えてやる!!」と静かな闘志を燃やすのだった。

余談

モチーフは陶器。そして名前の由来は轆轤(ろくろ)+練り

現代の伝承で『土転び』という妖怪がいるとされている。
『土転び』は山道で旅人を後ろから追い掛けてくる土の化け物らしく、ロクロネリの「かいなのばし」が人間を襲う様子が『土転び』伝承のルーツになったと思われる。

声を演じた長嶝氏は昨年の『炎神戦隊ゴーオンジャー』でショウキャクバンキの声を担当しており、次回作の『天装戦隊ゴセイジャー』でもツチノコのト稀ヅ役で出演している。

関連項目

侍戦隊シンケンジャー 外道衆 アヤカシ 土転び

関連記事

親記事

アヤカシ あやかし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロクロネリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90

コメント