ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

花織ことは

はなおりことは

花織ことはとは、『侍戦隊シンケンジャー』の登場人物。シンケンイエローに変身する。
目次 [非表示]

シンケンイエローとして頑張る。殿様や、皆と一緒に」


演:森田涼花(幼少期:松浦愛弓


概要

土のモヂカラを使う侍で、使用する折神猿折神


シンケンジャーでも最年少であり、メンバーを兄や姉のように慕っている。

谷千明が招集時点で高校生だったことから、ことはの学歴は中卒と考えられる。

口調は京都弁。実家は竹細工の仕事をしている。


人物

心優しく穏やかな少女だが、天然おっちょこちょい

京都の山奥で育っていたこともあり、やや世間からはズレている。

本来ならば彼女の姉の花織みつば(演:重廣礼香)がシンケンイエローを継ぐ筈だったのだが、病気を患ってしまったためその代理として侍となった。そのため当初から終盤近くまでは「姉の代わり」と考えて戦っており、あるアヤカシから「姉ちゃんの補欠」と言われた際は表に出さなかったものの、かなりショックを受けていた。


剣の腕は確かであり、まっすぐで迷いがないが、それと笛以外のことは不器用で何をしても上手くいかない(彦馬からも剣以外はさっぱりと言われ、丈瑠も苦い顔をしながら「確かにな…」と納得していた)。それ故に、幼い頃はよくいじめられその度に泣いていたが、慰めてくれていた姉の体調が悪くなり、自分がシンケンイエローを継ぐことになった際に「泣いたらだめ、笑おう」と心に決めた。このこともあって、シンケンジャーの中ではメンタルが1番強く、その心の強さが彼女の1番の持ち味でもある。


メンバー内では一番年が近い千明とは行動を共にする事が多くある。


世間のイエローはカレー好きという風潮に合わせてか、源太が「なんでも作ってやる」という発言に対して「カレーライスが食べたい」と発言したことも(これがきっかけで源太の新たな才能に気づくことになったのだが)。

劇場版では、敵陣深くにある初代ディスクを手にするために流ノ介と見張りについてるナナシ連中を志葉家秘伝の酒で酔っ払わせて敵の目を欺くなど流ノ介に劣らずのアイデアマンとしての奇策を時折見せている。


本編後の活躍

演者が同じ森田涼花氏であるバード星人シェリーと共演。

コンバットスーツ転送装置がロックされ、十文字撃蒸着させられず困っていたシェリーの元を訪れ、「解」のモヂカラでロックを解除した。


余談

鬼頭はるか/オニシスターが登場するまでは唯一の和風戦隊の女性イエローであった。


関連イラスト

とのさま〜シンケンイエロースーパーシンケンイエローシンケンイエロー 花織ことは

シンケンイエロー銀幕BANG!!ことははわー笛の音


関連タグ

侍戦隊シンケンジャー シンケンイエロー


バード星人シェリー:ことはと瓜二つの宇宙人で、演者が同じ。『スーパーヒーロー大戦Z』で共演。


女侍 天然 京都弁 篠笛

味音痴/貧乏舌:作中でも料理下手な茉子の作った料理を問題なく食べ、自分以外が『普通』と評価する源太の握った寿司も「美味しい」と評価することはにあてはまる……かもしれない要素。


戦隊イエロー

楼山早輝花織ことはモネ

関連記事

親記事

花織家 はなおりけ

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2043415

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました