ピクシブ百科事典

黄蓋

こうがい

黄蓋とは、三国志で活躍した孫呉の武将。および彼を題材にしたキャラクターである。
目次[非表示]

概要

黄蓋は、三国志およびそれをモチーフにした各作品に登場する孫呉武将
ちなみにトップ画像は『横山三国志』での黄蓋。

史実における黄蓋

孫堅孫策孫権と孫一族に三代に渡って使えた宿将で、字は『公覆』。
幼少期に父を亡くし貧しい生活をしていたが常に大志を抱いて文武に励み、孫堅軍に参加。
董卓の討伐などに成果を上げ、孫堅の死後は孫策の江東制覇に従った。
さらに孫策の早世後は跡を継いだ孫権にも仕えて若い彼を大いに支えた。

赤壁の戦いにおいては曹操軍の軍船に焼き討ちを提案し、偽りの投降を用いて火攻めに成功。
しかしその際流れ矢に当たって負傷、身元もわからないまま厠に放置されてしまったところを同僚の韓当に救われたという。
病没したが、没年不明(215年時点では既に死去していることがわかる)。

三国志演義における黄蓋

鉄鞭を愛用する武将で、程普韓当祖茂とともに孫堅配下の猛将として初登場。
赤壁の戦いにおける火攻めの際の軍略描写がより細かくなっており、
偽りの投降の信用性を上げるため、敵の間者の前で周瑜との不和を演じ、彼による数十回の棒打の刑を受けている。
背中の皮が剥け、血が滴るほど叩かれたとも言われ、この捨て身の策が後の『苦肉の策』の語源となった。

その他の作品における黄蓋

真・三國無双シリーズにおける黄蓋

【三國無双7/黄蓋】練達の宿将・黄公覆


CV:稲田徹
詳しくは黄蓋(真・三國無双)を参照

SDガンダム三国伝における黄蓋グフ

黄蓋グフ


CV:今村直樹

モチーフは『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツグフ
轟の老将で、孫家の家老衆『長沙四騎衆』のひとり。
普段は主に若い孫権や孫尚香のお目付け役を務め、特にお転婆な尚香には手を焼かされている様子。
鋼鉄の多節鞭を自由自在に操り、若者たちに負けない活躍を見せる。
赤壁の戦いにて液体火薬を手に捨て身の特攻を仕掛け、壮絶な死を遂げた。

アニメ『Brave Battle Warriors』でも孫尚香のお目付け役として存在感を発揮。
劇中での活躍が評価されたのか、念願のキット化も果たしている。

武器

鉄砕鞭
たくさんの節がある鋼鉄の棒。鞭のように自由に曲がる。
モチーフとなったグフのヒートロッドのイメージが投影された武器である。
虎爪盾
腕に取り付けた爪。B3グフ(グフカスタム)のガトリングシールドを彷彿とさせる武装。

恋姫†無双』シリーズにおける黄蓋

祭さん


CV:紫苑みやび(PC版)/ MARIO(アニメ版等)
詳しくは「」の記事をを参照。

関連タグ

三国志 

pixivに投稿された作品 pixivで「黄蓋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 330108

コメント