ピクシブ百科事典

孫堅

そんけん

三国志に登場する英雄。 孫策・孫権・孫尚香の実父。字は文台。 日本語での読み方が息子の孫権と同じ「そんけん」な為、一部コミュニティでは区別をつける為に「(孫)パパ」と呼ばれる事も。
目次[非表示]

史実における孫堅

孫武の子孫と伝えられているが、どのような家柄かは不明。
孫堅が17歳の時に海賊が略奪しているのを発見し、それを見かねた孫堅が一計を案じ海賊を追い払ったことで孫堅の名は有名になる。
以後孫堅は江東一帯の反乱勢力を鎮圧しその功績により幾つかの県の次官を歴任した。
黄巾の乱が起こると孫堅は鎮圧に力を注ぎ、後に長沙の太守となった。
この間に、程普朱治黄蓋といった後の歴戦の将が孫堅の元に入っている。
暴挙を繰り返す董卓を討伐するために立ち上がった際、自軍の損害を恐れ腰を上げない諸侯に対して孫堅は董卓軍とぶつかり合い、華雄の首を上げるなどの戦果を次々と上げていく。
この際に董卓は孫堅を恐れ墓を暴き財宝を盗んでから洛陽を焼き払い逃げていったが、孫堅はいち早く洛陽に入り、暴かれた墓を修復した。
劉表討伐に向かっていた際、劉表の配下である黄祖の部下に射殺され死亡。享年37歳。

三国志演義における孫堅

史実と同様に海賊討伐や黄巾の乱において名を上げていた。
反董卓連合軍に参加した諸侯の一人として登場する。董卓が洛陽に火を放った際に孫堅は焼け落ちた洛陽の復興作業に着手して墓を修復していた。その時に井戸から伝国の玉璽を発見する。
後日それを知った袁紹に問いただされるも孫堅はそんなものはないと嘘を突き通したが通しきれずに不信感を煽られてしまい、孫堅は洛陽からいち早く引き上げてしまった。
それをきっかけに、反董卓連合軍は解散してしまう。
袁術の命で黄祖の守る襄陽城を攻めるが、伏兵の罠にかかり、矢を射かけられ、落石に押し潰され死亡。

人物評

正史においては「勇敢にして剛毅」「忠義と勇壮さを備えた烈士である」と評される一方で、「行動が軽はずみで、結果を出す事を急ぐあまりに性急であった」とも評されている。
また孫堅は人柄が良かったのか、江東一帯を鎮圧していた際に色々な県の次官を勤めたが、どこでも評判は良く、役人も民衆も孫堅になついたそうだ。

演義においては、『広い額、大きな顔、虎のごとき体、熊のごとき腰』と描写され、『江東の虎』の二つ名を持つ。孫堅のビジュアルで特徴的な赤頭巾古錠刀も、演義から来ている。

真・三國無双における孫堅

猛虎参る。


孫堅(真・三國無双)を参照

関連タグ


三国志
蒼天航路
真・三國無双 無双OROCHI
三国志大戦 三国伝

pixivに投稿された作品 pixivで「孫堅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 813561

コメント