ピクシブ百科事典

程普

ていふ

程普とは、中国の三国時代の呉の武将。字は徳謀。幽州北平郡出身。
目次[非表示]

概要

当初は州郡の役人を務め、容貌と計略に優れており、人物の応対がよかった。後に孫堅の配下になり、黄巾賊討伐、董卓討伐に参加し、多くの傷を負いながらも活躍する。

孫堅亡き後も孫策孫権に従い、多くの武勲を立てての礎を築く働きをする。また、孫堅の代からの古参の武将であり、最年長者であるため、他の武将から「程公」と呼ばれて敬れていた。

三国志演義

演義でも黄巾賊討伐から登場している。得物に「鉄脊蛇矛」を用いている。董卓討伐では汜水関の戦いで関門から打って出てきた華雄の副将胡軫を討ち取っている。そして、打ち捨てられた洛陽で孫堅が井戸から拾ったものが玉璽であることを教えている。
横山光輝の「三国志」では、胡軫を槍を投げて討ち取った時と、玉璽を発見した時の顔が大きく変わっている。漫画では後者の顔を、アニメでは前者の顔で描かれている。

その他創作

真・三國無双シリーズ

新衣


程普(真・三國無双)を参照


関連タグ

 孫堅 孫策 孫権

pixivに投稿された作品 pixivで「程普」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15212

コメント