ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「士別三日,刮目相看」
(「士別れて三日、即ち更に刮目して相待すべし」)

概要

孫策孫権に仕えた名将。

周瑜魯粛の後を継いで軍司令官となり、長年の懸案であった荊州問題で、蜀の関羽を破り、呉の領土と化している。関羽を征伐したのち、ほどなく病死する。

生涯

孫策の配下である鄧当が死去すると、その義弟である呂蒙が軍を引き継ぎ将軍となった。

建安5年(200年)、孫策が死去すると、その弟である孫権に仕えた。

建安13年(208年)、赤壁の戦い周瑜程普とともに戦って、曹操を破る功績を挙げた。さらに進軍して夷陵を攻め、曹仁を大敗させた。

建安17年(212年)以降、曹操は再び南に野心を抱き、幾度も呉領を攻めてきたが、そのたびに呂蒙が防衛司令官として事に当たり、巣湖水域に防壁を築いたり大規模な弓兵を用意したりして曹操軍を退けた。

建安20年(215年)、関羽と孫権が荊州を巡って不仲になると、魯粛の命を受けた呂蒙は軍を率いて長沙・桂陽を占領した。

魯粛が死去すると呂蒙がその後任となった。

建安24年(219年)、孫権は荊州に駐屯する関羽に不満を募らせていた。呂蒙は的確に情勢や勢力図を分析した上で「曹操より関羽を叩くほうが先決」と進言した。
この頃、関羽は孫権やその部下に傲慢な態度を取るようになり、それに対して孫権や呂蒙は表面上は友好的な態度を示しつつも、裏で関羽を討伐する策を練るようになる。

関羽が呉軍に対して油断し、樊城の曹仁との戦いに集中しているところを狙い、呂蒙は陸遜虞翻を率いて荊州を攻め込んだ。その際、呂蒙らは商人に偽装し、見張り役から捉えたので関羽勢は呂蒙の攻撃に気づくことができなかった。さらに、呂蒙は関羽軍の兵士の家族を保護し、善政を敷いたので呉軍に降伏する者が相次ぎ、関羽は孤立した。
この後、孫権は朱然潘璋に命じて関羽を捕らえ、これを処刑した。

まもなく呂蒙は病床のつくようになり、孫権は手厚く呂蒙を見舞ったが、219年末に死去した。享年42。孫権からの贈り物はすべて返還し、葬儀もまた簡素にするよう遺言したという。

人物

若い頃は猪武者であり、気性が荒かった。しかし主君の孫権に諭され一念発起し、知性を兼ね備えた将に成長した。魯粛から「呉下の阿蒙に非ず」(もはや呉の蒙ちゃんとバカにできないな)と感嘆された。

武将として強かっただけでなく、占領軍の指揮官としても公明正大であったとされ、荊州を占領した際は微罪であっても罪を犯した自軍兵士を処刑したほどである(ここは三国志演義ですら記述があるほど大事)。

甘寧凌統の不仲を仲裁したり、横暴な甘寧の行動を諫めたり、孫権から嫌われていた虞翻の面倒を見たりと、人間関係に善処できる人物であったことが窺える。

『三国志』の著者である陳寿は評の中で「呂蒙は勇敢であり、謀をよく巡らして決断力があった。軍略の何たるかをはっきり理解していたのである。郝普を欺いて関羽を捕らえた事は、その最も妙なるものである」と称えている。

孫権は陸遜との会話の中で「若い頃の子明(呂蒙)は、苦難を厭わぬ、果敢で胆の据わった人物であるが、それ以外に評価する部分は無いと思っていた。だが、成長するに及んで学問を身に付け、その計略は奇抜となるに至った。言論の渙発さでは公瑾(周瑜)に及ばずとも、これに次ぐ者といえよう。関羽を捕らえた事においては子敬(魯粛)に勝る」と評している。

呂蒙は後世、名将として語り継がれており、現代の中国でも、知勇兼備の名将として呂蒙の名が挙がることが多い。

三国志演義

呂蒙の死については「演義」ではこれを関羽の呪いとし、祝宴の最中に立ち上がった呂蒙は、孫権を口汚く罵ったのち「我は関羽!」と叫び、体中の穴と言う穴から血を噴出して死んだとしている。

蜀びいきの横山三国志ですら頁を割いて、呂蒙が兵士が同郷の者であったことを思い出すセリフを描き、同郷同姓の者はなるべく殺さないという誓いも語らせたうえであえて断罪するシーン、さらにそのもたらした効果の大きさを描写している。また死についても吐血シーンが1コマ描かれたのみで、前述した演義の狂った描写はなく、周囲が関羽の死の直後だったため「関羽の呪いではないか?」と噂する程度にとどめている。

登場作品における呂蒙

真・三國無双シリーズ

真三國無双6:呂蒙


呂蒙(真・三國無双)を参照

蒼天航路

ごかあも


呉の将たちが呂蒙を弁護するシーンがあり、武術は拙く荒っぽい、三つ以上のことを同時に考えると鼻血を吹く、など若さが語られている。しかしそれでも一緒に戦うとも言われており、士心を得ていることが描写されている。

三国志大戦

呂蒙


呉絡みだけでも孫堅旗揚げから晋との争い・滅亡まで幅広く扱っていること、そして本人が呉の中心メンバーの一角であることから、阿蒙時代から晩年の文武両道の将としてまで幅広くカード化されている。『新版』において不良漫画(『ギャングキング』)コラボカード=阿蒙どころかヤンキー扱いとは言え知力2にされたこともあれば、『3』では周瑜陸遜と並び軍師カード枠でも登場している。
号令(全体強化)を持っていることも多く(特に晩年期がモチーフのカード)、他の著名武将同様デッキを作りやすい。

恋姫†無双シリーズ

超嫁大戦 ◆ 真・恋姫夢想 呂蒙


真名は亞莎。リンク先参照。
ちなみに初登場は二作目の真・恋姫†無双だが、前作のいわゆる無印版でも登場しなかっただけで存在していたようである(亞莎自身ではないだろうが)。

一騎当千

呂蒙


こちらを参照。

SDガンダム三国伝

呂蒙ディジェ


孤高の智将・呂蒙ディジェこちらを参照。
呉下の阿蒙のエピソードが描写されている三国志演義作品は多いが、呉下ですらない阿蒙が出てくるのは三国伝アニメ版くらいであろう。

関連タグ

三国志 孫呉
三国無双 三國無双 真・三国無双 真・三國無双 無双 無双OROCHI
三国志大戦 鋼鉄三国志

余談

『人形劇三国志』における呂蒙と呼ばれる何か


ていうか人形劇三国志に呂蒙は登場しない

と言いたくもなるような改悪ぶりである。敵軍に対しても公正明大な指揮官であったことは先に記述した所であるが、この作品における「呂蒙と呼ばれる何か」のような存在の武将は、甲冑こそ美麗であるものの本人はヒヒ爺であるうえ関羽を捕らえるために荊州の民衆を捕らえて関羽の前で虐殺し、関羽を騙し打ちにして嬲り殺す、しかも赤兎馬を自分のものにしようという欲得丸出しの行為を行って赤兎馬に道連れ地獄をしかけられ滝に落ちて死んでしまうという、重ねてかけばこれは「呂蒙と呼ばれる何か」と呼ばれる存在によって行われた公共放送による捏造である。

元々演義はストーリーの都合上、史実に比べて扱いが悪くなる名将は多く(曹真とか徐栄とか)蜀びいきで、呉将は引き立て役にされることは多かったが、史実どころか演義で扱いの良い将でこれは特に酷い例で、名作と呼ばれファンが多い『人形劇三国志』ではあるが、この一点に関してだけ言えば擁護のしようはなく、かえすがえす残念な作品となり果てている。

関連記事

親記事

孫呉 そんご

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「呂蒙」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「呂蒙」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3250882

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました