ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

諸葛亮の実兄。孫権の姉婿の推薦で孫権に仕える。

矛盾の記載に見え。諸葛瑾伝は「ハンサムであるし、風格がある。」諸葛恪伝は「ちなみに面長でロバっぽい顔してるからと」

宴席でロバに「諸葛瑾」と書かれ孫権にからかわれた事もある(息子が上手く「諸葛謹の驢」と書いてフォローし、孫権も感心してロバを諸葛謹に与えたので大事にはならなかったが、それを見てこの子は利発すぎて家を滅ぼしかねない、と危惧、後年その予想は完全に的中することになる)。親子は「藍田生玉」として称賛された

弟がかの孔明とあって、諸葛瑾をよく知らない人間からは賢弟愚兄の代名詞のような扱いを受けるが、弟がチートすぎるというだけで、彼がボンクラというわけではない、人望という点では三国志随一である。
内政官のイメージが強いが、意外と実戦派で主に対魏方面で前線に出て勝利したことも負けたこともある。対蜀方面では主に外交交渉役として登場するが、演義では関羽や劉備に対しての交渉では失敗している場面が目立つ。

孔明の兄」という立場は、その時の蜀呉の関係によって微妙なものとなり、実際、荊州を巡る攻防戦や関羽の死の前後は最悪という状況であり、当然ながら(この時でなくても)諸葛瑾は「蜀(孔明)と内通している」と疑われることになるが、孫権は「諸葛瑾と私は終生の仲を誓った間であり、諸葛瑾が私を裏切らないのは、私が諸葛瑾を裏切らないことと同じである」と全く疑わなかったほどである。

劉備に仕えて以降の孔明とは何度か外交交渉で顔をあわせるが、前述の理由もあってか公の場面で会っても私的には会おうとはしなかったとされる。かといって兄弟仲が悪かったわけではない。

 また、次男・諸葛喬は父・諸葛謹に命じられて叔父・孔明の養子になり、蜀に仕えている。

創作作品において

三國志シリーズでは

弟ほどではないが、高い知力と政治力を持っている優秀な文官。

真・三國無双シリーズでは

所謂モブキャラ。7に至る現在においても脱モブの気配はない・・・と思われたが
真・三國無双ブラストにてついに脱モブ化。容姿は面長で優しげな容貌の壮年男性であり、
雰囲気はどことなく弟の諸葛亮にも通ずるものがあるが、息子の諸葛恪とは性格の違い故かあまり似ていない。
将軍らしく軽装だが武装しており、また右肩には史実を思わせる驢馬の防具をつけている。

補足

前述のロバの逸話からか、蒼天航路に出たときの作画はあんまりといえばあんまりな作画だった

関連記事

親記事

あいまいさかいひをさんしょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「諸葛瑾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 118223

コメント