2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

三国時代、の武将。

曹邵の子。字を子丹。曹操の族子である。子は、曹爽・曹羲・曹訓・曹則・曹彦・曹皚がいる。曹邵はもとは秦姓だったが曹操の身代わりに殺されたため、それを憐れんだ曹操が子の秦真を自らの族子として曹姓を与え育てた。

【演義】

曹丕が呉を討伐した時、夏侯尚と共に南郡を攻撃した。曹丕の臨終の際は、陳羣、司馬懿と共に後事を託される。蜀の諸葛亮が北伐を開始し、夏侯楙が迎撃に失敗すると、大都督となり防衛に当たった。蜀軍の長安への侵攻は阻止したが、諸葛亮や司馬懿の才には及ばず、心労から病を得、諸葛亮に書状で挑発されて憤死した。

【正史】

曹邵が曹操の身代わりとなって死んだため、曹操に引き取られ、曹丕曹休曹洪の甥)らと兄弟同然に育てられた。演義ではとことん諸葛亮司馬懿の引き立て役にされてしまっているが、実際は若年から曹操の精鋭部隊虎豹騎の隊長に任命され、その後も軍事で辣腕を発揮した。
曹丕の代になると軍の中枢として働き、呉を攻めたが朱然に退けられた。一方、国防においては幾度も諸葛亮の侵攻を食い止めた。蜀への遠征計画を進めたが、洛陽に戻った頃に病死した。
後を継いだ息子たちは曹真とは比べ物にならない凡人で、後に軒並み司馬懿に粛清されてしまった。

人物

史実と演義で大きく印象が異なる人物である。演義では物語の必要性からか、大きく貶められているが、史実ではかなり優秀な将帥で、戦略眼にも優れ彼の存命中には呉蜀は局所的な勝利は得ても、大戦果を挙げる事は出来ず付け入る隙を許さなかった。
呉蜀への侵攻失敗も、共に事前の情報漏れや長雨等の不運が重なっていたのも大きい。

曹真はかなり肥満しており、曹洪らに揶揄されたこともあるらしい。
寛大で慈悲深く、幼くして親を亡くした者に自分の封地を分け与えたり、恩賞が足りない者に自らの財産を与えた。そのため将兵からの人望はたいへん厚かった。

関連記事

親記事

虎豹騎 こひょうき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8015

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました